日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-03 lfj1

2014-05-03 lfj2


ご無沙汰しています、管理人のろめいんです。あまりに放置が長くて、自分ちの敷居高くなっているというヘタレ具合ですが、取り敢えず生存確認を兼ねてやってきました。いらっしゃるお客様も少ないだろうと思いつつ、ぶらりと足を運んで下さった皆様に感謝したいと思います。

まずは近況ですが、要領が悪くて公私とも余裕はないのですが、おかげさまで元気です。先の予定が立たないので前売りは買えず、日々バタバタしており当日券にチャレンジする気力が湧かないなど、コンサートには相変わらず縁がありません。音楽はストリーミングで聞けるウェブラジオで聴くか、気に入った音源をスマホに入れて聴く事が多く、生演奏に飢えている状態です。

年末に第九すら聞きに行けない管理人が、唯一予定を確保できるのがゴールデンウィークのラ・フォル・ジュルネ。第一回からほとんど毎年通っているこの音楽祭は今年で10周年!ということで、祝祭感が盛り上がる新緑の東京国際フォーラムに行ってきました。

久し振りの素人的感想の上一週間遅れですが、宜しければ続きからどうぞ。
[10周年!ラ・フォル・ジュルネ2014]の続きを読む
スポンサーサイト
こんにちは!GWは肌寒いと思ったら、夏日が到来して、毎日着るモノに困っている管理人です。

ここ数年、体調を崩したり回復したりしている間に体質が変わったこともあり、季節の変わり目は着てゆく服に困ります。少し前は極端な冷え性だったせいで、出かけるときはつい厚着してしまうので、ラフォルジュルネでは荷物を減らそうと意識して薄着で行ったら、風が冷たくて参りました。

そんな感じで行き当たりばったりの、コンサートレビューですが宜しければ続きからどうぞ。

IMG_5683.jpg
ご無沙汰しています。というか、生きております。(^^; 管理人のろめいんです。

放置が長らくつづき、ブログのことを思い出す度に中途半端に残すくらいなら閉鎖したほうがよいのではないかという思いも浮かんでいたこの一年。プライベートと仕事の都合で、予定が立たずコンサートにも全く行けない状態が続いていました。とは言え、ラ・フォル・ジュルネだけは今年も行きたいと願っており、幸運にも参加できたら久し振りに更新したいと思っていたので、浮上して参りました。「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2013 パリ、至福の時」では久し振りに音楽に浸り、しばしの間、浮き世の義理やらなんやらを忘れることができました。

そんな訳で、久し振りのクラシックコンサートに舞い上がった状態ではありますが、どうせ万年初心者なので開き直ってレポートしたいと思います。

ラ・フォル・ジュルネ2013の素人的感想を読んでやっても良いよというお優しい方のみ、続きからどうぞ。
IMG_5668.jpg
祝♪東京スカイツリーの開業!と、いうことで管理人よりちょっとだけフライイングでのご紹介です。

実は縁があって、スカイツリーの5F,6Fにある開業前のすみだ水族館に入園させて頂きました。
開業からまだ一週間以上あったので、展示されている魚の表示などは間に合っていなかったのですが、コンパクトにまとまった展示を楽しんできました。

東京の東側に居るのでスカイツリーは見慣れているつもりでしたが、足下から見上げると迫力が違います。特に、白地に藍色がかったテーマカラーは、間近に見て初めて空に馴染む色だと言う事を実感出来ました。

一番下はお土産に買った大福と練り切りです。クレイアーチストが作った、食べるのがもったいないほどの可愛さだというのに、1個200円というリーズナブルプライス。^^限定だそうなので、お立ち寄りの際はお早めに!





デジカメのオート機能に任せっきりの写真ですが、宜しければ続きからどうぞ。

今更ですが、ラ・フォル・ジュルネ2012の最終日レポート第二弾です。

間が開いてしまった間に、公演の前後にちょこっと書いていたメモを紛失してしまいました。(><)よほどスルーしようかと思ったのですが、そんなことをするとまた放置が長くなりそうですし、せっかく楽しんだ音楽祭なので、脳内フラッシュメモリに僅かに残った記憶だけでも残しておこうと気を取り直しました。

5日は天気も良く、地上広場のキヨスクコンサートでは陽気な歌声が流れ、展示ホールはバレエ音楽で盛り上がり、丸の内周辺でのコンサートも楽しみながら素敵な一日を過ごしました。写真は展示ホールにあったフランスのフローリスト、マルク・バルボーさんの作品、ペトリューシュカ・火の鳥・春の祭典だそうです。生け花というよりは、生花でつくった豪華なオブジェという感じですね。

最終日の午後だったので、いろいろなショップでプレゼントとして提供していたドロップ入りマトリョーシカポシェットが手に入らなかったことだけが心残りでしたが、冷静になって考えると付けて歩くわけにも行かないので、まぁ良いかと。←負け惜しみ

そんな訳で、薄い記憶に頼った、いつもより更に薄い感想ですが、ご興味のある方は続きからどうぞ。

2012-05-05 15.06.58

2012-05-05 15.06.44

2012-05-05 15.06.31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。