日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレファンの皆様、こんばんは~。

続編が楽しみで発売日を指折り数えていた管理人です。発売日周りは超ハードスケジュールで、夜まで予定がぎっしりだったのですが、本誌だけは発売日朝一にゲットできました。会社では読む間もないので、同僚に見つからないように通勤電車の中でこっそり開いたのですが、機嫌良く読み始めたのもつかの間、衝撃の展開に頭が真っ白に。。

予想外でも、嫌でもなかったのですが、感想を書く気力が湧いて来なかったというべきでしょうか。でも、ここでやられるとは。。さすがに所長は毎度斜め上を行きますね。はぁ~。

例の凱旋帰国にすっかりやられた管理人ですが、ようやく気が落ち着いたので感想行ってみます。
毎度のことながら、激しく偏っており、妄想たっぷりです。細かいあらすじをお探しの方には、申し訳ございませんが、期待に応えられません。(^^;

それでも宜しい方のみ、つづきからどうぞ。
[や…られました!のだめアンコールオペラ編AKT:1]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss, オーボエ,

今週は本誌連載、コミックスの20巻、ついでにホワイトデーと、ちょっと楽しい事が目白押しのはずなのに。。週末からPCから変な音が出始めていて、いやーな予感がしています。早く外付けハードディスクを買ってバックアップを取らなくちゃですね。そんな訳で、もしこの後更新が止まったら、「あーあ、やっちゃった」と思ってください。(^^;

ところで今回の見どころは千秋とRuiの協演、そしてのだめの音楽的自立の行方の二つ!もちろん我らが黒木くんもそろそろ出てくるかも、と。通勤電車でこっそりKissをチェックしていた管理人です。(笑)

大きなショックや追加要素はなく、加速を増しながらも今後の物語が少し見えつつある今回、いろんな意味で二ノ宮マジックに改めて感心しました。
ネタバレ大ありですが、詳細にプロットを追ってはいませんので、立ち読み代りには使えません。その上妄想で20%増量していますので、本誌を読んだ後に覗くことをお勧めします。そんな偏った感想ですが、ご興味があるかたは続きからどうぞ。^^

思えば前回の連載発売はクリスマスでしたね。すとんと素直になったターニャの態度と、それを自然体で受ける黒木を見て過剰反応してしまい、感想を書く気が起こらずに失礼しました。(^^; あれからホリデーシーズンも過ぎて気分も落ち着いたのと、今回は黒木くんが一瞬しか出なかったので、冷静さを失わずに感想を書けるんじゃないかと思ってます。(笑)

とは言え、前回は主役の二人についての感想を飛ばしてしまったので、音楽面ではLesson118から始めたいと思います。相変わらずオタク風味、思いこみ満載、斜め読みでラブには関心が薄い感想ですが、宜しければ続きからどうぞ。

皆さまクリスマスはいかがでしたか?プレゼントは上げる方?もらう方?

管理人はお取り寄せで手抜きのホームパーティーを主催しつつ、合間のバレエ鑑賞が自分へのプレゼント。今年は公私ともにプレゼント配り係で、会社では前の職場にサプライズでケーキを届けて、ティータイムを楽しみました。

サンタの手伝いついでに今日は職場で「サンタの現在位置確認」でNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)のサンタ追跡調査を紹介しました。50年以上も続いている子供向けの大真面目な企画で、グーグルアースやyoutubeも連動しているので大人が見ても楽しめます。昨年から日本に出没したサンタの相対スピードは新幹線の100倍と計算されたそうで、「富士」を調査するとその様子が見られます。

せっかくならクリスマス前にご紹介すれば良かったのですが、宜しければ来年の参考にどうぞ。日本語のページも充実してますよ。^^
http://www.noradsanta.org/jp/home.htm

ところでもう一つの自分へのプレゼントはのだめカンタービレKiss本誌でしたが、ちょっと困惑中。Lesson118の感想は飛ばそうかと迷った挙句、今までになく中途半端になってしまいました。いつもの様な感想はもしかしたら後日アップするかもしれませんが、確約できません。

言い訳は続きからどうぞ。
おおぅ、やっと来ました!のだめの新展開など先へつながるきっかけ満載のLesson116。久しぶりにのだめと千秋がペアを組んだ感じがあります。桃が丘では常にセンパイとして先を歩み、一足先を歩いていた千秋も、のだめのこの先は未知の領域かもしれません。

のだめの行く先はまだ見えませんが、久しぶりに主人公の進歩に手ごたえを感じた今回、感想書いている場合じゃないのに、やっぱり書きなぐってしまいました。黒木くんが絡まないとより客観的で、それほど長くならないんだという事が良く分かりました。(笑)

毎度のことですが、コミックス派、Kiss未読の方にはお勧めしません。細かいネタばれはありませんので、立ち読み風にも使えませんし、本編から触発された妄想のような偏った感想です。(^^;

それでもいいよ、という方のみ続きからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。