日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100回目はなんの記念?

連載開始から5年、知る人ぞ知る漫画からドラマ・アニメ・コンサート・CD発売と発展しつつある、のだめ・カンタービレ。ドラマも盛り上がった時期での連載100回目に期待が高まります。リード文は、2回目は「おなら体操」、48回目でコンクール負退、53回目でホームシック、86回目で初リサイタル。そして100回目は…。

おなら体操って、、突っ込みどころ満載ではありますが、全てのだめの成長の節目なんですよね。この物語の主役はやはりのだめなんだと改めて思いつつ、今回の「これ」がのだめの成長にどう関るのでしょう。

表紙と扉で、甘さ抑え目ながら二人の関係を匂わすような絵が続くと、ストーリーはしょっぱいのかとやや身構えてしまいます。読み進めると、そのくらいの覚悟で丁度良い感じでした。大抵のことには驚かないと思ったのですが、所長には最後にまたやられました。いつか来るとは思いましたが、こう来るか!?
[のだめカンタービレ 祝!Lesson 100 感想]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。