日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好きなものを周りに言って置くと良いことがあるようです。自己紹介の機会にクラシックが好きで、最近は室内楽をよく聴きます、なんて言ったら次の週に室内楽のチケットを頂きました。素敵なコンサートが聴けた私もラッキーですが、下さった方もドタキャンで席が空かずに良かったと喜んでくれました。(^^)v

会社を飛び出し、荷物を抱えて紀尾井ホールに向かって坂を上ると軽く息が上がるのは運動不足の証拠です。年配の方でごった返すロビーに、やはり紀尾井町ホールは独特な雰囲気があるなと納得。コートとかばんをクロークに、混んだ電車で潰されないように抱えていた花束を受付に預けたら、丁度連れのおじ様が到着したところでした。

ところで、室内楽を聴くと言っても頻繁でもなく、ましてや大した知識ももありません。デュオ、カルテット、五重奏、六重奏、八重奏と聴きましたが三重奏は始めてです。その上演目も全て始めて聴く曲ばかり。名前も聞いたことがない作曲家の曲もあり、寝てしまわないか少し不安になります。(^^;

ピアノの濱倫子さんとチェロのグレゴリー・アルミャンは5年前にスウェーデンの国際デュオコンクールで優勝しているデュオ。それにアルミャンが首席チェリストを務めるベートーベン・オーケストラ・ボンの第一コンサートマスターであるミハイル・オブリツキが加わって結成したばかりのトリオです。モスクワ出身の二人と東京出身の濱さんがドイツで出会って生まれた新進音楽家のアンサンブルはどんな音を響かせてくれるのでしょうか?
[素人的コンサート感想: ベートーベン・トリオ・ボン]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : コンサート,

買ってきましたKiss本誌。さてと、Lesson 104と思って表紙を見るとLesson 103って書いてありマスよ?連番ミスですよね?余裕のない編集の現場が伺えます。(笑)

今回はいよいよのだめのサロンコンサートか、千秋の鬼リハか、それともやっぱり。。
コミックス派の方はご注意ください。相変わらず無駄に長い感想ですが、本誌派の方はよろしければ続きをどうぞ。
のだめファンの皆様、DSのゲームソフトの予約特典は鍵盤型ポーチだそうですね。サイズは未定とのことですが、DSが入る大きさだと思われます。DSには興味は無いけど、ポーチは欲しい管理人です。^^

のだめアニメ、見たまんまの感想ですが宜しかったらどうぞ。
Kiss本誌で散々読んだつもりの17巻でしたが、コミックスで読み通すとまた印象がちがいますね。Lesson95では突然の雅之氏登場に、ひどい奴だと世間では非難ごうごうでした。管理人としてはあれだけ屈折した千秋を育てた原因なのだからと、それほど意外ではなく、父の登場の緊張感と新しい展開になりわくわくでした。(ひどいのは私^^;)Lesson96ではやる気を見せたのだめに、オクレール先生がコンクールはダメ出し。今後の育成方針は明かされないままです。そして千秋は初コンサートが成功しても次に目を向け、何も言わずにアパルトマンからニナの家に合宿レッスンへ。

Lesson97以降の詳細感想はカテゴリの本誌感想からどうぞ。^^
改めて読み通した後の管理人の偏った感想ですが、宜しかったら続きはこちらから。
16日の金曜日にオペラシティに木管のスター達の協演、レ・ヴァン・フランセを聴きに行きました。急に飛び込んだ職場の会を断り、ちょうど私用もあったので午後は休みをとってこの演奏会に備えたのでした。本当はいつもお勧めのコンサートを教えてくれるクラシックの師匠、Hくんと一緒に聴きに行く予定だったのですが、残念ながら大阪へ転勤になった為あえなくキャンセル。せっかくだから二人分楽しまなくてはと気合が入ります!^^

そんな訳で、ぎりぎりに飛び込んでは意味がないとやや余裕をもって出発したのですが、なんと千歳烏山の人身事故で電車が止まっているではありませんか。しばらくして電車が動き始め、ホールには無事到着しましたが、いつものように会社をぎりぎりの時間に飛び出していたたら確実に遅刻です。(^^;オペラシティには京王線が便利ですからダイヤの乱れに影響を受けている人が多いでしょうね。案の定15分前になってもエントランスに駆け込む人が多く、雑然とした雰囲気のままでした。結局10分遅れて開演してからはそれまでの慌てた気分は全て忘れ、しばしフランスの風に身を任せました。相変わらず長い素人感想ですが、宜しければ続きをどうぞ。
みな様、のだめの17巻はゲットしましたか?私は発売日にビジネス街の本屋でラスト1点、展示品を入手しました。ビジネス街でも当日に売れきれるとは恐るべし、のだめ。(笑)

そうそう、千秋ファンの皆さん、2月17日は千秋のバースデーですよ!脳内チョコを忘れた方は脳内プレゼントをご用意してはいかがですか?そういう私は千秋萌えじゃないので、特に何にもしません。(笑)

ところで、リアルタイムでアニメ見ましたが、そうとう眠いです。(^^;
このまま寝てしまうと感想を忘れてしまいそうなので、思い切って勢いで行ってしまいます!

個人的な趣味と毒満載なので、アニメの千秋ラブな方はご注意ください。
Happy Valentine!ってもう過ぎちゃいましたが、皆さんのバレンタインは甘口でしたか?

いつもお世話になっているかもかも画伯が、素敵なバレンタインイラストを描いてくれました。^^管理人のろめいんが一年前のバレンタインにかもかも画伯に押し付けた、小話と言うほどのストーリーもない萌えシチュを、パリのエスプリあふれる絵にしてもらい大感激です!

宜しかったら、皆さんも黒木くんのバレンタインを覗きに、かもかもさんのサイトに遊びに行ってみてください。「青緑生活」のリンクから「Pictures」の中に「バレンタイン記念」がアップされています。

ところで、日本では女性が男性にチョコレートを贈るバレンタインですが、もともとは男女共に花やプレゼントを贈り合うという事はご存知ですよね。欧米では女性が貰うほうが多いのに、日本ではあげるばかりでちょっとだけ寂しいです。

そこで今日はみんなで楽しむバレンタインをテーマに、家族みんなでチョコ三昧を決行することにしました!エーベルバッハ少佐がはだしで逃げ出す、スイートバレンタインはこちら。(笑)
賢いバレンタイン調査継続中の管理人です。(笑)こんなにチョコレートを食べて大丈夫かと心配になりますが、一度に食べる量が少ないせいか、高カカオでヘルシーなものを選んでいるせいか、いまのところ太ってはいないようです。^^

イベント好きでミーハーな身としては、百貨店のバレンタインフェアは気になり、週末に覗きに行ってきました。この季節は日本にいながらにして世界中のグルメ・チョコから選り取りみ取りですね。(笑)

バレンタインフェアの会場ではありませんが、伊勢丹新宿店のBPQCで全米一おいしいという評判のオーガニックチョコレートを見つけました。

dagoba.jpg

長かった休載がようやく終わり、今日は久々の本誌発売日です!会いたかったよ、のだめ!(泣)

Kissの表紙はまん丸お目目ののだめ@ヴァイオリン。何度目かのヴァイオリンですが、弾く姿もどんどんサマになってきていますね。

相変わらずストーリーを追わないネタバレ感想ですが、宜しければどうぞ。
いやー、you tubeって便利ですね!(笑)

木曜日夜はブログの記事を書いてすっかりアニメのことを忘れてしまいました。
久しぶりの映画とそのレビューを書いた後だったので思い出していてもスルーして寝ていた可能性大です。(笑)  TVを見慣れていないせいか、アニメはそれほど楽しみにしていないからか、やっぱりボケてるせいなのか。。

と、いう訳でyou tubeで見せていただきました。(笑)CMも無いし、結構快適に見られますね。独断と偏見たっぷりの感想を勢いで書いてみました。

今日発売の本誌の感想はまた後で。。
「分かってるよ、そんな事!」子供の時、親の小言には口答えばかりしていました。「やってなかったら、分かってないのと同じでしょ!」それに対する親の反応もいつも同じ。明日の用意は前の晩にやっておけば楽なのに、ぎりぎりになって始めるから焦って忘れ物をする。頭では分かっているつもりでも、行動に移せなかったら意味ないですよね。(^^;

そんな子供の頃のやりとりを思い出したのは話題の映画、「不都合な真実」(原題: An Inconvenient Truth)を見た後のこと。

このドキュメンタリーはアメリカ合衆国元副大統領、アル・ゴアの地球温暖化についての活動を追った映画です。先週末にゴアがTV番組で映画と同じように温暖化について教えたせいか、話題になっているようです。ファッション雑誌、マリ・クレールはオリジナルな内容を加味して大特集を組んでいます。環境についての映画がこれほど注目を集めるとは世の中も変わりましたね。(笑)

六本木ヒルズのシアターに」はおしゃれな人から地味な方まで、幅広い観客が集まっていました。

20070209002707.jpg

昼間の日差しはぽかぽかして春のようですね。最近ランチから一時間位すると意識が遠くなってしまい、黙って座っていると眠気が襲います。(^^;先週の研修では重いまぶたを無理やり開けようとして白目をむいてしまいました。講師の先生ごめんなさい。(爆)

先日海外在住の親戚が仕事で日本に立ち寄った際、そろそろ桜の季節なの?と聞かれました。暖かい日に近所の梅を見て桜と勘違いしたようです。

久しぶりの日本訪問なので、簡単ながら日本らしい食事でおもてなしをしました。海外でも日本の食べ物は気軽に手に入るのですが、デザート担当の管理人としては日本ならではものをセレクトしたいもの。

京都の宇治抹茶スイーツも良いのですが、今回は東京の抹茶スイーツを紹介することにしました。お茶やさんの抹茶を使って洋菓子職人さんが作った香り高いお菓子はこちらで続きをどうぞ。

ume.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。