日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「分かってるよ、そんな事!」子供の時、親の小言には口答えばかりしていました。「やってなかったら、分かってないのと同じでしょ!」それに対する親の反応もいつも同じ。明日の用意は前の晩にやっておけば楽なのに、ぎりぎりになって始めるから焦って忘れ物をする。頭では分かっているつもりでも、行動に移せなかったら意味ないですよね。(^^;

そんな子供の頃のやりとりを思い出したのは話題の映画、「不都合な真実」(原題: An Inconvenient Truth)を見た後のこと。

このドキュメンタリーはアメリカ合衆国元副大統領、アル・ゴアの地球温暖化についての活動を追った映画です。先週末にゴアがTV番組で映画と同じように温暖化について教えたせいか、話題になっているようです。ファッション雑誌、マリ・クレールはオリジナルな内容を加味して大特集を組んでいます。環境についての映画がこれほど注目を集めるとは世の中も変わりましたね。(笑)

六本木ヒルズのシアターに」はおしゃれな人から地味な方まで、幅広い観客が集まっていました。

20070209002707.jpg

[映画を見た後が大事です:アル・ゴアの「不都合な真実」]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : 不都合な真実,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。