日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日3月31日で世界的なオーボエ奏者宮本文昭が引退します。トッパンホールの室内楽で最後を迎える宮本さんは最後の日を、なんとマチネと夜のダブルヘッダーをこなすそうです。(^^;そして翌日はレギュラーを務めるミュージックラジオの新番組で2時間生放送に臨むとか。

一流のオーボエ奏者から、もっと広い意味で音楽を創る立場へ変身する宮本さんの男の花道を満開の桜が飾ったのは偶然ではないのかもしれません。野球で言えば新庄のような引退劇を自ら演出した彼は、イチローのような職人的努力家でもあります。先日さわりを書いた、引退コンサートの3月29日版の感想の続きを宜しかったらどうぞ。cool.jpg

[宮本文昭ファイナルコンサート2:記憶に留めたい音楽があった]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : オーボエ, 宮本,

行ってきました!宮本さんの引退日(3/31)目前の追加公演。東京文化会館は2300人収容とのことですが連日満員御礼だそうです。コンサートと言うより花見の帰りの音楽イベントという雰囲気が漂う上野公園でした。(^^;土地柄か、宮本さんの人柄か、(笑)サントリーホールなどと比べると下町のおばちゃん率と普通のサラリーマン率が高かったです。

入り口ではパンフレットと一緒に大入りシールまで配られ、最後だから好きにやらせてもらうぞという意欲が満々に伝わります。MCで「本当に最後だから吹きまくる」という宣言の通り、曲の合間もMCで盛り上げ、息つく間もないコンサートでした。前の日は3時間半かかったと聞きましたが、今回はなんと4時間!全く手を抜かずに吹ききった宮本さんはさすがでしたが、聴いた方も疲れたので今夜はさわりだけ。。
ってか、プログラムだけでも長いんですが。(笑)


sticker.jpg

今回のKiss本誌はのだめゲームソフト祭りDS対PS2って感じでしたね。講談社も各ソフト200名、合計400名様にプレゼントしてくれるそうだし、のだめ企画ページはカラーになってるし、ついでにDSの広告も見開きカラーだし。。ゲームに全く興味のない管理人まで比較してしまいました。^^

それにしても本誌発売日はアクセス数が多いですね。のだめの感想を探している方がそれほど多いと言うことなんでしょうが、ちょっと驚きました。(^^;遅くなった上、偏った感想なので申し訳ないんですけど。。

なにはともあれ、注目の2回休載前の展開はいかに?久々の演奏中心の展開にアーカイブや試聴も駆使してざっと演奏曲を聴いてみました。例によって長くて勝手な解釈満載ですが、本誌ネタバレOK な方のみ続きをどうぞ。(3月26日誤字など微妙に修正)
プレゼントはあげるのも貰うのも好きな管理人ですが、選んだ人らしさが現れているチョイスは特に嬉しいものです。出張で留守にしていたホワイトデー、ちょっと遅れて開けてみるのも楽しいものでした。

頂いた素敵なものから逢えてベストスリーを選ぶとなると。。(たらららら。。。。)

今年の栄えあるナンバー1は黒木泰則くんからのメッセージでした!
きゃーきゃー!! *^v^* (←完全に舞い上がり中)

どうせおばかな話だろうが続きを読んでやってもいいよ、という奇特な方はつづきをどうぞ。

godiva.jpg

赤道近辺の出張を無事終了して帰国しました。^^
帰ってきたら桜が咲いてるかしら?なんて思っていたら。東京は初雪が降ったそうですね。。暖冬だから3月中旬に雪が降るんじゃないと無責任に言ってましたが、本当になってしまいました。(^^;

任務完了、エスニック料理も満喫して大満足でしたが、帰国したとたん30度の気温差、胃腸の疲れ、寝不足等でぐったりしてしまいました。今日は家に引きこもりおかゆを食べて調整中。と、言うか南国体質なので、単純に寒いのが苦手なんです。(笑)

今回は3カ国にそれぞれ約一日半滞在という日程な上、危ないからとほぼ軟禁状態。。海外では街歩きするのが一番の楽しみなだったので、代わりに車に乗っては見える景色をヒントに周りの人を質問攻めに合わせ、呆れられたみたいです。その上ご飯だけはほぼ完食。まるで子供ですね。(笑)そんな出張でしたが、宜しければ続きをどうぞ。


bankok.jpg

のだめカンタービレKiss Lesson105 感想

出張用意の途中にゲットしてきたKiss本誌。今度こそサロンコンサートですね!
扉の真一君はカフリンクスをつけておめかし中?

本当はもう少し細かく分析したいところですが、準備に戻らなきゃならないのでさらりと行って見ます。ページ数が少ない割に盛り沢山だった今回。コミックス派ではない方、宜しければどうぞ。
かなりきついスケジュールでしたが、行ってきましたよ!
出張準備をかばんに押し込め、部署内での移動用ダンボールに荷物を詰め込み、道を間違えたタクシーの運ちゃんを上品に注意しつつ、(笑)文字通り滑り込んだのは紀尾井町ホール。揺らめくシャンデリアの間から匂い立つようなヴァイオリンにうっとりとしたひと時でした。

H師匠、いつも良席を確保頂きありがとうございます!2階席真ん中で大進くんを独り占めした気分でしたよ。^^

樫本大進初の無伴奏のヴァオリンリサイタルですが、ステージに向かう彼の横顔には自信が満ちており、静けさの中で期待が高まります。

書きなぐりの感想ですが宜しければ続きをどうぞ。
管理人が忙しさにかまけて放置気味にも関らず、いつも数多く訪問頂きありがとうございます。
m(_ _)m

来週から1週間ほど仕事で留守をするので、この状態がしばらく続くと思いますがお許しください。
書きたい記事もいろいろあるのですが、夜も仕事が詰まっている上に出張準備が全くできておらず、かなりピンチです。自業自得ですが。。

留守にする前にKiss本誌ののだめカンタービレLesson 105?の感想ぐらいはアップしたいのですが、できるかな?(^^;そしてそろそろ黒木くんは登場してくれるかな?(そこかい)

それから無謀にも間際に予定を入れてしまったコンサートは、無事聴きに行けるだろうか??たまには家にいなさいと家族に白い目で見られていますが、頑張ります!

。。と、いう訳で次の週末頃には復活する予定ですので、御用の説はまったりお待ちください。

関連タグ : Kiss, のだめ,

皆さんはアカデミー賞の結果、チェックされました?管理人にとってアカデミー賞とは単なる季節の話題の一つだったのですが、たまたま最近見た映画がふたつとも候補作に上がっていたので、今年は結果が気になりました。

以前紹介した「不都合な真実」は順当に長編ドキュメンタリー賞を受賞。二つ目の賞って、なんだろう?主演男優賞がゴアさんだったりして(笑)と見てみると、なんとオリジナル歌曲賞?!ニュースを見て声を上げそうになりました。”I need to wake up”は可愛くて楽しくてメッセージが伝わる曲だけど、ミュージカルのドリームガールズから3曲もノミネートされたのに、ドキュメンタリーに賞を奪われるとは意外でした。そのドリームガールズは最多の8部門ノミネートでしたが、受賞したのは2つなので前宣伝は当てなりませんね。新人のジェニファー・ハドソンの助演女優賞と、音響賞だったのはなんとなく納得できました。

ドリームガールズは60-70年代の音楽シーンを舞台のちょっとほろ苦いアメリカンドリームとショービズの物語でした。元になったミュージカルは25年も前に開幕したのですね。その頃すでにシュープリームスは伝説になっていたという事なのでしょうか?ネタバレ感想ですが宜しかったらどうぞ。

DG2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。