日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日3月31日で世界的なオーボエ奏者宮本文昭が引退します。トッパンホールの室内楽で最後を迎える宮本さんは最後の日を、なんとマチネと夜のダブルヘッダーをこなすそうです。(^^;そして翌日はレギュラーを務めるミュージックラジオの新番組で2時間生放送に臨むとか。

一流のオーボエ奏者から、もっと広い意味で音楽を創る立場へ変身する宮本さんの男の花道を満開の桜が飾ったのは偶然ではないのかもしれません。野球で言えば新庄のような引退劇を自ら演出した彼は、イチローのような職人的努力家でもあります。先日さわりを書いた、引退コンサートの3月29日版の感想の続きを宜しかったらどうぞ。cool.jpg

[宮本文昭ファイナルコンサート2:記憶に留めたい音楽があった]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : オーボエ, 宮本,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。