日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで散々、オケが動かないだの、千秋が男前じゃないなど文句ばっかり言っていました管理人ですが、なんやかんや言って半年間のだめアニメを見続けていたんですね。(^^;役者さんが新しいエネルギーを注いでくれたドラマとは違って、良い意味でも悪い意味でも本編に近く、漫画が動いた!という印象のアニメKiss本編を改めて体験した、という感じの感想が多かった気がしますが、とうとう今日が最終回!

職場の引越しなどでお疲れ溜まりまくりなのですが、最後とあらば頑張って見ました。。本編で言うと、ベートーベンの第7、大川での再会、留学決定、卒業式と続くわけですが、30分にどこまで詰め込めるか?卒業式はさすがに無理と思ったら、頑張りました。(笑)

最終回視聴直後、(というか見ながら書いた)見たまんま感想ですが、宜しければ続きからどうぞ。

[のだめカンタービレ:アニメ感想 Lesson 23]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : のだめ, 黒木, オーボエ, アニメ, ドラマ, Kiss,

本誌連載Lesson109から、コミックス18巻、と間をおかずにLesson110が出て、その上アニメも佳境ということで、のだめ界も、盛り上がっていますね。ついでに言うとコンサートもゲームも出るようですし、話題は盛りだくさん。

ところでKiss本誌でも本編直前にゲームの宣伝企画がカラーで見開き、直後にモノクロ1ページでアニメ、DVD、イベントなどのマルチメディア戦略の宣伝が。これから2回休みで、連載が次は8月10日なので、これらでしのげという出版社の親心なのでしょうか。。

しのげないけど、今回もあんな黒木やこんな黒木が見られて幸せな管理人です。^^
いつもは当たらない予想もちょっとかすりましたし、怪しい笑顔でKissを読みふけっております。例によって黒木愛が爆走して無駄に長いのだめ感想ですが、懲りない方は続きをどうぞ。

ところで、今回くろきんのお買い物はこれかな?

IMGP1976.jpg

今週末は夏至、ということでキャンドル・ナイトだったのですが、ご存知でしたか?イルミネーションや家の電気を消して温暖化に貢献するというより、電気にそれほど頼らなくて良いことを気づこう、という運動です。コンビニも参加すれば良いのに!とも思いますが、まずは自分でできることを考えなければ。。
金曜は職場の引越しだったので、職場の電気は早めに消すことができましたが、家では残念ながらろうそくで暮らすことができませんでした。せめて使わない部屋の電気をマメに消しながら、別に夏至でなくてもいつもやればいいことと改めて気づきました。
環境のため!とか肩肘張らずに、出来る時に、出来る事をやって行きたいものです。
http://www.candle-night.org/

最近はブログを読んでくださる方が増え、どうしよう!と焦ってみたり、のだめ関係を追いかけるのに精一杯だったりしています。(^^;のだめとクラシック以外は興味ないかな?と他の話題がなかなか書けなかったのですが、あまり気にせず、マイペースで行こうと思います。

実は仕事は6月がピークのはずが、7月まで続くことなりお疲れもピーク。そんな中で、妄想だけ広がっている管理人です。週末になると微熱が出る、というのはあまり良い状況ではありませんよね。(^^;

気分転換に是非行きたいところ、聞きたいものをリストアップしてみました。メジャーとマイナーの混ざり具合が自分らしいと妙に納得してしまったセレクションは続きからどうぞ。
木曜はイベント目白押しの一日で早く寝ようと思っていたのに、やはり見てしまいました、のだめアニメ。(笑)ぺトリューシュカの後の千秋とのだめの対峙は始めて二人が正面から向き合った大事な場面。みたかったんですよ。それから、R☆Sの最後の公演で黒木くんがチラッと出るのは間違いないし。。やっぱり多少無理しても見てしまいます。

パリ編へと繋がる大事な今回、本編でなんども読み返した部分なのに、アニメで見ると又違う印象を持ったりします。
長々としていますが、宜しければ続きからどうぞ。
今日出かけてきたのは、今月の自分へのご褒美、音楽とダンスの競演、Rhapspody in Blue@オーチャードホール。指揮は金聖響、演出・振り付け・出演が服部有吉、ジャズピアノが松永貴志、ゲストダンサーは、ラスタ・トーマスですよ、奥様!(笑)大サービスてんこ盛り、お替りもどうぞって感じですよね。(ホントか?)

もともとは聖響さんのチケットを探していたら、今シーズンはいろんなアーチストとラプソディ・イン・ブルーをやっていて、そのうち一つとしてこれを見つけたのです。コンサートにもれなくダンスが付いてくるなんて、お得やーん!という気持ちで前売りをゲット。良く考えると、服部有吉はハンブルグバレエ団のスターだし、ラスタ・トーマスもすごいテクニックだし、松永貴志は知らなかったけどジャズでは有名な人らしい。。先週たまたま見ていたトップランナーに服部有吉が出ていて、今回の公演の抜粋版ダンスも見られ、期待もどんどん高まります。

久し振りのナマ聖響さんとナマのダンスパフォーマンス。音楽もクラシックとジャズなら、ダンスもクラシックとコンテンポラリーのコラボでした。音楽の感想よりダンスの感想が多い気もしますが、宜しければ続きからどうぞ。
18巻の表紙で印象的だったのはトライアングルより、じめじめした季節を吹っ飛ばすような爽やかなライトブルー。こうやって並べるとおまけ・プリリンのワンピースの色に合わせてあるんですね。^^

ところで内容は濃いけどページは薄い18巻、思わず17巻とページ数を確認してしまいました。値段は同じだけど10ページほど盛が少なかったです。(^^;ってかおまけつきを買っているので比べられませんが。

18巻に出てくる各話の感想は、のだめカンタービレ:Kiss本誌感想(Lesson 101-106)ですでに書いているので、(カテゴリから飛べます)読み返して改めて思ったことを書いてみます。

毎度ながら新しい発見もあり、つい長く語ってしまいました。どうせ理屈と黒木ばかりだろうけど読んでやるか、という方は続きからどうぞ。

20070616171508.jpg

Lesson 20は見れないまま21に突入してしまいました。

一回飛んだせいか?のだめと千秋の顔が違うような気がしました。テンションが違うからなのかな?キャラの皆さんのヘアも以前と違うような気も。。アートディレクターさんが違うからなのか?ま、自分的には繰り返して見ている回をデファクトと思っていて、眠気と戦いながら見ている回は記憶に薄いので、どれが基準なのかいい加減ですけどね。(^^;

視聴直後の成り行き感想はほぼ原作やドラマとのいい加減な対比ですが、宜しければ続きからどうぞ。
18巻の発売日は知っていたのに、Kissの発売日が今日とは全く気づいていなかったおばかな管理人です。(^^; お昼に出遅れたので、コンビニにサンドイッチかおにぎりを探しに入ったとたんにKissを見つけたのは、きっと運命だと思います!(オーバーです;)それで一人でリッチなお蕎麦屋に入って早速Kissを読むことに。どうせ黒木は出てないから家に帰ってから読んだら良いのに、と思っていたら!そしたら、ななな、なんと、黒木くんが多く出演中!お陰で、これ以上の至福はないというランチタイムになりました。はぅん。(怪)

と、いう訳で先週に続いて「黒木、誰?」とか「千秋以外興味なし」な人には向かない感想です。その上興味の範囲が偏っているので、詳細なネタバレをお探しの方にも向きません。

言い訳たっぷりですが、黒木愛が炸裂して長くなってしまいました。ディープな黒木好きの方、カモーン!ということで続きをどうぞ。(笑)
5万打記念にお願いしたアンケート、結果を集計している間にもうすぐ6万打になってしまいました。ありがたいことです。^^

間違って途中で消してしまったハプニングはありましたが、投票頂きありがとうございます。
また、コメントをお寄せ頂いた皆様、嬉しかったです!(*^^*)今後の参考にさせていただきます。

中間報告させて頂いた通り、圧倒的にKiss感想がお好きな方が多かったようです。全て楽しみに読んでいます、との非常にありがたいご意見もありましたが、投票だけ数えると8割がKiss感想という結果でした。

20070603001224.jpg

いつもながら気まぐれな管理人は記事を直している途中でブログの模様替えを始めてしまいました。(^^;記事の後半は続きからどうぞ。^^
皆さんこんばんは!
眠くて目がかすんでいるのについ、アニメを見てしまった管理人です。先週の今頃はシンガポールのチャンギ空港で一夜を過ごしていたというのに、一週間が過ぎるのは早いですね。

アニメLesson18の感想ではあまりにはしゃぎすぎてしまい、失礼しました。改めて読んでみて、我ながら普通のファンは引くよな~って思います。(笑)ま、黒木偏向については精一杯のウォーニングを出していたのでお許し下さい。^^

先週ほど気合が入っておらず、起きているのがやっとの状態でしたので、受信感度はLesson 18の半分位です。(^^;

そんな記事だけど読んでやっても良いよ!という心の広い方、続きからどうぞ。
--6/2午前中打ち間違いを若干訂正--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。