日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜が休日だったせいか、妙に気分が忙しかった今週。やり残した仕事を頭の端っこに片付けて、金曜の夕方に急いだ先はオペラシティのコンサートホールです。今回は久しぶりに後輩と待ち合わせをしていたのに、いつも一人で行く癖でぎりぎりに会社を出てしまうのは悲しい習性ですね。(^^;おしゃべりに花が咲き、危うく乗り換えを忘れそうになりながら、満員御礼のオペラシティに連れ立って駆け込みました。

今日はバロックアンサンブルとして世界的に活躍しているベルリン・バロック・ゾリステンとフルートのスーパースター、エマニュエル・パユの協演に、開演前のロビーは期待感で溢れかえります。開演前にあれだけCD売り場が混んでいるのは初めて見ましたが、終演後も同じようにごった返している始末。凄い人気はさすがパユ様です。

パユはベルリン・フィルの首席奏者に23歳という最年少で就任、フランス語圏のスイス出身の史上最高と言われるフルート奏者です。ベルリン・バロック・ゾリステンはユニークなアプローチで古楽を輝かせるアンサンブル。パユはレ・ヴァン・フランセ(2月の記事に感想あり)でエスプリ溢れる演奏を聴いており、ベルリン・バロック・ゾリステンはCDでアルブレヒト・マイヤー(オーボエ)やトーマス・クヴァストホフ(テノール)との協演を聴いています。(11月の記事にCD感想あり)その上、演目はオールヴィヴァルディの協奏曲。この組み合わせなら外すことはまずありません。^^

自分的には今シーズンの目玉だったコンサートの、長すぎる感想はつづきからどうぞ♪
[現代に輝くバロック音楽: ベルリン・バロック・ゾリステンwithエマニュエル・パユ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。