日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつの間にか今年ももうすぐ終わりですね。
昨年12月に仕事が大きく変わって以来、この一年は公私ともに忙しかったです。(^^;

新しい仕事ではPCで文章ばかり書いている割に、未だに書くことは大の苦手です。そんな私がブログを続けいられるのは遊びに来てくれる皆様のおかげだとしみじみ思います。ありがとうございます!^^

年賀状はおろか、まだクリスマスカードもまだ書いていないという有様なので(苦笑)、明日からの旅行の用意はもちろんこれから。今年の記事の更新はこれが最後になりそうです。携帯から書き込みにトライしますが、レスが遅れる事もありますのでお許し下さい。

年末の準備はできなくとも、美味しいものは準備万端。仕事納めの今日は人形町・梅田のウナギパワーで一年をしめてみました。

知ってるという方も、そうでない方も宜しかったら続きからどうぞ。

うめだ


[鰻で年越しもおつなもの:人形町・梅田]の続きを読む
スポンサーサイト
各所で夜更かしばかりして大丈夫?と言われる今日この頃。
寒い夜に寝不足なのは危険ですよね。一週間に1回位はちゃんと寝ないといけません。
年末の疲れを取るのは生演奏が一番!?との一念で行ってまいりました。

別に今年の年末はチャイコフスキーで決まりと思った訳でも、レニングラードに思い入れがある訳でもませんが、24と26日は同じオケでした。チケットを押さえたのは今日の演目が先、バレエの方は楽団までは気にしておらずで、同じオケとは当日まで気がつきませんでした。

ところで、この公演のチラシのキャッチコピーは:
      聴け!怒涛のロシア音楽!!
解説文の見出しは:
      炸裂する激情と迫りくる情感、尽きることのない哀切。
      今、チャイコフスキーの「神髄」を聞け

なにやらベタで怖いですが、選んだ理由は単純に、メインの「悲愴」が好きなのとゲスト・チェリストの古川展生さんです。神髄が聴けたかどうかは定かではありませんが、チャイコフスキー・プログラムの感想は続きからどうぞ。
皆さまクリスマスはいかがでしたか?プレゼントは上げる方?もらう方?

管理人はお取り寄せで手抜きのホームパーティーを主催しつつ、合間のバレエ鑑賞が自分へのプレゼント。今年は公私ともにプレゼント配り係で、会社では前の職場にサプライズでケーキを届けて、ティータイムを楽しみました。

サンタの手伝いついでに今日は職場で「サンタの現在位置確認」でNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)のサンタ追跡調査を紹介しました。50年以上も続いている子供向けの大真面目な企画で、グーグルアースやyoutubeも連動しているので大人が見ても楽しめます。昨年から日本に出没したサンタの相対スピードは新幹線の100倍と計算されたそうで、「富士」を調査するとその様子が見られます。

せっかくならクリスマス前にご紹介すれば良かったのですが、宜しければ来年の参考にどうぞ。日本語のページも充実してますよ。^^
http://www.noradsanta.org/jp/home.htm

ところでもう一つの自分へのプレゼントはのだめカンタービレKiss本誌でしたが、ちょっと困惑中。Lesson118の感想は飛ばそうかと迷った挙句、今までになく中途半端になってしまいました。いつもの様な感想はもしかしたら後日アップするかもしれませんが、確約できません。

言い訳は続きからどうぞ。
今日こそは自分へのプレゼント!気合いを入れてクリスマスの買い物に向かう人で溢れかえる銀座から、丸の内方面に向かった先は東京国際フォーラムです。

年末のコンサートの定番は第九ですが、バレエではクリスマスが舞台となる「くるみ割り人形」です。24日にはこの会場だけでなんと3回も公演があります。私が見たのはホールAでのレニングラード国立バレエ-ムソルグスキー記念・ミハイロフスキー劇場-ですが、ホールCでもスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエが二回公演を行っていました。それにしてもロシアのカンパニー名はなんでこんなに長いのでしょうか。(^^;

このシーズンは、コンサートから縁遠かったのですが、生演奏を聴かないで年を越せないと最後になんとか時間のやりくりがつきました。今日は本命のメサイヤに振られたので、当日券が取れそうな「くるみ」「第九」「クリスマスコンサート」の中で一瞬だけ悩んでこれに決めました。理由は簡単。どうせ季節を味わうなら生演奏+バレエと眼と耳の両方で楽しもうと思った訳です。

バレエ・くるみ割り人形の素人的感想については続きからどうぞ。

xmastree.jpg
夜PCの前にいると手がかじかんでくるこの頃、年末が近づき寒むさも本格的になってきたことを実感します。ふと考えると、最近ずっと忙しくて、生の演奏をずっと聴いていません。昨年はばたばたしながらも、ロビーコンサートなどで充電をしていましたが、今年はそれすらできません。たまに仕事が終わりそうな日があっても、行きたい公演と日程が合わないのがとても寂しいです。

疲れた神経をほっと安らがせてくれるのはお気に入りの音楽とお茶の時間。仕事の合間にコンサートには行けませんでしたが、見つけた美味しい茶菓子をご紹介します。

イデミスギノ店
今日は資料作りで早朝から夜遅くまでPCに向かいっぱなし。昼休みも忙しくてKissを買って読む時間もないはずなのですが、なんとか本誌をゲットし、読破してしまいました。今夜も感想は後回しにして睡眠時間を確保しないと明日が大変。。なはずなのですが、山場へと向かう物語に弾みがついた今回、スルーするわけにはいきませんでした。

画像は今回のBGM、ショパンピアノソナタ第3番ロ短調の最初の部分の楽譜です。パブリックドメインなのでどんな用途でも使用OKとのことでお借りしています。CDは持っていないのでいつものアーカイブで曲の流れを聴きながら曲の解説を読み、ナクソスの美麗な音で確認しましたが、綺麗で難しい曲ですね。(^^;

それにしても今回ののだめは違います。焦らず、着実に音楽に向かって自分の足で歩いて行く様に、待ってましたと応援したくなりました。千秋も今回は鬼コーチではなく、世話焼きマネージャーとしてのだめをサポート。いろんな意味でR☆S初期の頃を思いだした今回、読み手としても初心に帰りました。

いつもながら長いだけの感想の割に立ち読み代りには役に立ちません。コミックス派は回避推奨ですが、気にせず来いの方は宜しかったら続きからどうぞ。

Sonata_3_Chopin.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。