日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月の記事にてご紹介したこの舞台、原作の大ファンで昔は宝塚をよく観に行っていた身としては是非観ねばと、久しぶりに東京宝塚劇場に向かいました。管理人・ろめいんは青池保子の描いた 「エル・アルコン―鷹―」と冷たい眼の主人公、ティリアン・パーシモンを長年ひいきにしていまして。そのティリアンを舞台で見られるのを制作発表からとても楽しみにしていました。

この作品の個人的な見どころは、ティリアンの悪の魅力を宝塚がどう料理し、表現するかでした。この題材は歴史的な大作という意味では宝塚らしい題材ではありますが、清く正しく美しい世界感では描ききれないところに難しさがあります。浪漫はあってもロマンチックではなく、純愛がないのが最大の課題。原作ではルミナスとティリアンの正義対悪の戦いが中心でしたが、舞台では野望に生きるティリアンと女海賊のロマンスを主軸に据えたのは理解できます。原作の中では野望、陰謀、誘惑、裏切り、破滅の流れの中で悪役の魅力が輝きますが、宝塚の世界観の中でどう表現されるかが、とても楽しみです。

今回は久しぶりに観る宝塚の感想というよりは、原作の舞台化についての感想だと思ってください。最近の宝塚の生徒さんのことや星組のことは全然分かっていないので、間違った認識があるかもしれませんが、お許しを。

原作未読の方には理解不能と思われるディープな感想で、ネタバレ大ありですが、これから舞台を見る方は予習がわりになるかもしれません。(笑)ご興味のある方は続きからどうぞ。

ElHalcon.jpg
[行ってきました宝塚:星組公演 「エル・アルコン―鷹―」]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。