日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレの連載もいつのまにかLesson120ですね。連載100回目の時もめでたいと思いましたが、120回目というのも節目のような気がします。コミックスで調べてみると連載開始が2001年のKiss 14号って事は7月10日発売ですから7年も前のことなんですね。19歳の時に千秋に出会ったのだめが今は24歳ですから、物語の中の時間は5年位というところでしょうか。今までクラシックを聴いたことがない人にクラシック音楽の魅力を伝えてくれたこの漫画も終盤に差し掛かっていますが、落ち着きどころは最後まではっきりしないようです。

Kissの連載が出たとたんに、演奏された音楽を聴き、背景を調べるのが習慣になってしまった管理人。おかげで付け焼刃で偏っていながらも、音楽の知識は広がりつつあります。詳しい人から見たらかなり表層的だと思いますが、今回はクラシックだけではなくジャズも少しお勉強してみました。曲が聴けるサイトも紹介していますので、ぜひ聴きながらKissを読み返してみてください。

今回の注目はRui、千秋、のだめが、それぞれの内面と音楽の折り合いをどうつけるかだと思っています。毎度のことながら、底の浅い音楽うんちくをちりばめた感想ですが、よろしかったら続きからどうぞ。
[のだめカンタービレKiss感想:Lesson120]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。