日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さい時から何度かチャレンジしては挫折したピアノ。大人になってから再開する人も多いようですが、管理人も時々夢見がてらに検討します。実際は腱鞘炎がひどくてPCのキーボードを打つだけでつらいので、仕事とブログを両方辞めないと無理なんですが、それを棚に上げてピアノを一から復習するとしたら、練習曲には迷わず平均律クラヴィーアを選ぶと思います。とりあえず1巻の1を片手づつ練習して、いつかは両手で弾きたいというのが今のささやかな夢。1巻の中でもフーガは難しいだろうから、1の1で終わりそうですが。(笑)

そんな想像をしてしまうほど、シンプルでありながら奥が深いバッハの平均律クラヴィーア。30年前にボイジャーに乗せられて太陽系の端まで運ばれているグレン・グールドの録音も好きですが、私の一番のお気に入りはアンジェラ・ヒューイットのアルバム。昨年見つけて以来、ずっと聴いています。

先週末はその彼女が弾く平均律のリサイタルに行ってきました。
今シーズンの彼女のメインプログラムは、なんと平均律の第1巻と2巻全曲を二晩で演奏する48曲連続演奏会。初日は都合が合わずにやむなく2日目のみ行ってきましたが、全く飽きることはありませんでした。平均律全曲を順番通りに弾くという、オタッキーなプログラムを楽しんだ夜については続きからどうぞ。

angelah.jpg
[素人的リサイタル感想:アンジェラ・ヒューイットの平均律クラヴィーア第二夜]の続きを読む
スポンサーサイト
昔からよくある質問で、「無人島に1冊だけ持ってゆく本」というのがありますが、典型的な答えは「聖書」ですよね。(宗教によって違うでしょうけど。。)そして「無人島で1枚だけCDを持って行けるとしたら」のポピュラーなチョイスはマタイ受難曲。両方持って行けるなら、無人島生活はぐんと楽しくなりそうですよね。持ってゆく聖書を対訳つきにして、こっそりマタイの楽譜も、やっぱり辞書は独英?。。などと無人島行きのトランクの中身を増やしつつ、行く前にドイツ語勉強しておかなくちゃと思ってしまう管理人はやはり妄想が広がりすぎ。

そんな私が、NHKのテレビドイツ語講座を見てみたのは、無人島に向けての準備を本格的に開始した訳ではありません。(笑)ゲスト目当てに覗いた講座でしたが、思いのほか楽しんで見ることが出来ました。これを機に本当にドイツ語を始めてみようか知らん?と思ったお試し体験については続きからどうぞ。
皆様、しばらくご無沙汰しています。
のだめカンタービレは休載でも、Kiss発売日には出てきてしまう自分に呆れている管理人、ろめいんです。(笑)
この数週間は不在にしていた訳でもなく、ぼーっとしておりました。インプットは出来てもアウトプットしにくい状態というか、ローな気分で大事な所だけファイトを出してはあとは休みという状態。。暗いというよりは常に水間に漂っているようなニュートラルな感じ。

体調的には花粉症の薬が効いて鼻は大丈夫だけど、声が出ず、しゃべりの私としては大変つらい。妙にセンチな雰囲気に花粉じゃなくて黄砂?それとも失恋?(爆)と、小康状態に自ら突っ込み中。

この2,3日は雨で花粉も砂も飛んでいないようで、少し回復。おかげで今日は数週間やる気の出なかった懸案事項をまとめてやっつけて、気分もすっきりしてきました。その勢いでちょっと前のお花見ウォークやGWの音楽の楽しみについて書いてみましたので、よろしれば続きからどうぞ。

sakura2.jpg


edit2703.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。