日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しかったラ・フォル・ジュルネも今日が最終日。
今日は久しぶりに一日中晴れやかな天気でした。皇居の緑が爽やかに初夏を謳っていますが、丸の内も負けていません。通りにはハンギングの寄せ植えが飾られ、工事中のビルにも壁面緑化が施され、平日通る時とは全く印象の違う、気持ちの良い散歩道の様です。

丸の内からフォーラムに向かう途中で通りがかった新東京ビルでは、音楽祭で聴き逃した即興曲の演奏をしていてラッキーでした。ラ・フォル・ジュルネの期間中は周辺のイベントも要チェックですね。^^

masu08.jpg


国際フォーラムの中広場では、建物にぶつかるほど高く育った欅の新緑が爽やかな緑のドームを作り、都会のど真ん中だというのに緑に囲まれています。こんな環境で生演奏を好きなだけ聴けるのは至福だと改めて思います。ラ・フォル・ジュルネを東京に持ってきてくれた方々に感謝!です。^^

ところで写真は公式イラストレーター、イジー・ボトルバさんがミュージアムショップのウィンドーに描いたイラスト。4日に立ち寄った時に本人が描いているところを見ていたのですが、あまりの人ごみに写真を撮るのを断念。今日は念願かなって撮ることができました。

3公演+無料公演で生演奏を満タンに充電した午後については続きからどうぞ。

[ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008: 5月6日 ミサ曲X2とベートーベン]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。