日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事出張より帰ってきました!お土産話をたくさん抱えて成田に降り立ったとたん、本屋に直行してKissをゲットした管理人。会社に電話を入れる前にマンガなんか買うなんて、(^^;と自らつっこみを入れつつリムジンバスで読みふける自分に隣の席の外国人女性が「OH!やっぱりジャパンはアニメとマンガの国なのね!」と納得していたような気がします。(笑)

本誌を読み込んだ後に感想は週末にでもアップしよう、と思っていたのはどこへやら。出張報告も本場のコンサート感想も後回しで、今回の怒涛の展開読んだとたん、勢いに乗って感想を書き散らかしてしまいました。

ヨーロッパの空気と音楽散歩については、忘れないうちに追々アップしてゆきますね。^^

さて、今までは日常生活では千秋に頼りつつも、大きなカベは自力で乗り超えていたのだめですが、今回もそうなのか、それともミルヒーがカギを握るのか?千秋との気持ちのすれ違いは拡がって行くのか?オクレール先生の期待は伝わらないのか?物語は大きな転換期を迎えていますが、二宮先生にはまたもや斜め上から攫って行かれました。

毎度ながら細かいストーリー解説はしませんが、ネタバレ大ありなので、どんと来いの方のみ続きからどうぞ。
[のだめカンタービレKiss本誌感想: こんどこそ!Lesson124]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。