日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーのユーロ2008も、もうすぐ閉幕ですね!せっかく現場の雰囲気を味わってきたのにいまさらのレポですみません。ウィーンのユーロ2008熱は、古い建築が保存されている中心街に彩りを添えて、気分だけでも楽しいものでした。

ウィーン空港ではオーストリア・エアラインのスタッフは皆赤い公式のスカーフをしてユーロ2008のホスト国としての歓迎をアピールしていました。今回開催国のオーストリアはスイスと並んで、試合での活躍は期待できない分?外国のお客さんを集め、ホスト国としての盛り上げ注力しているようです。

チェコのゴールキーパー PetrCechが有名なプラターの観覧車になっていた写真はニュースでご覧になった方もいるでしょうね。千手観音みたいで面白いですよね。^^他にも、空港や美術館などでは建物と一体となった巨大ビルボード、ケーキ屋さんにはサッカーボール・シューズ・グランドなどの形のケーキ、衣料品店はディスプレイにサポーターグッズをセンスよく使い、街中がお祭り気分です。日韓共同開催のワールドカップを思い出してしまいますね。^^ラップバスのヴィジュアルは前輪のホイールキャップがポイントです。シンプルなデザインがこの街に似合うと思いました。

街並みそのものが歴史的な建築物のようなウィーンでは、至る所から音楽が薫り、中世から近代の美術もふんだんにある。いるだけで旅になるウィーンで、脳はさらに妄想に旅してしまいました。二重に旅したようなウィーンでの休日については続きからどうぞ


vsocbus.jpg


PetrCech.jpg

[ヨーロッパ遠征報告その3:ウィーンで味わうユーロ2008]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。