日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月も下旬からは涼しくなりましたが、最後の日の今日はまた暑かったですね。
今年の夏は温度変化が大きくて、いつでも飲み物を持ち歩いていた印象があります。

ペットボトルを使い捨てにするのも、フードマイレージを考えて遠くから石油を使って水を運ぶのは良くないと、最近はなるべくドリンクボトルで麦茶や中国茶を持ち歩いています。強化プラスチックのボトルは軽いし、蓋の大きく開くタイプは氷も入れられて便利ですよ。

そんなわけでペットボトルを買う回数はめっきり減りましたが、出張中や旅行中はどうしてもコンビニなどで買うことに。お茶を買うこともありますが、一番多いのはミネラルウォーター。コーラや普通のサイダーは炭酸がきつく好まない管理人ですが、水はスパークリングが好きとは変かもしれませんね。

炭酸水は消化を助けることもあり、ヨーロッパにいる時は食事中も移動中もほぼ必ずスパークリングのミネラルウォーター。そのせいか、もともと胃腸が強いせいか、どこを旅しても消化不良で苦しんだ事はありません。日本でもフランス料理やイタリアンでは炭酸水を頼みます。お酒が飲めない体質なので、その代りなのかもしれません。宴会でもコーラを飲むくらいならクラブソーダにレモンと水を入れるのが好きです。色が濃くてうそくさいウーロン茶よりも断然美味しい。。(笑)

余談ですが、アメリカで大人がコーラやソーダを飲むようになったのは禁酒法の影響だとか。。昔はフランス人がアメリカ観光客のことを食事と一緒に(ワインではなく)水やコーラを飲むなんてカエルみたいだと笑い物にしていましたが、健康志向とアメリカンライフスタイルの台頭なのか、今ではフランスでも水やコーラを頼む人が増えてきましたね。

と、言う訳で今回は個人的に好きなお水についてです。スパークリング・ミネラルウォーターというニッチな話題ですが、ご興味があれば続きからどうぞ。

goccia blu
[夏の終わりと美味しい水]の続きを読む
スポンサーサイト
先日, 書店の雑誌コーナーで、「ガラスの仮面」の掲載紙を見かけました。雑誌への連載を見るのはあまりに久し振りで、ぱらりと覗いてみると、時が止まったような展開にいろんな意味で感心してしまいました。ここまで来たら、今では珍しくなった少女漫画の王道をキープして欲しいものですが、いったい完結する日はくるのだろうか。。そう言えば、蜷川さん演出の舞台話題になっていますよね。夏木マリさんの月影先生って、ぴったり!^^

主役のマヤと言えば、一見ぶきっちょで平凡なのに動物的なカンでどんな役にでもなりきる天然系の天才。一方、ライバル役の姫川亜弓は環境に恵まれた、努力家で美貌の天才。お互いコンプレックスを猛烈に刺激しあいつつ、切磋琢磨しながら紅天女という高みを目指している訳ですよね。

のだめとRuiの関係はそれほど因縁の物ではないし、正反対というよりは似たもの同士ですが、お互い最も意識する相手ではありますよね。Ruiがのだめとの出会いで、ステージをひとつ登りきったように、のだめももう一段成長するのでしょうか。連載の時に誤植が続いた連番が整理されたせいか(爆)、通して読み直すと登場人物の思惑や成長具合がよりはっきり伝わってきました。細かい感想は以前の連載感想で書いたので、今回はコミックスを通じて大小の流れをそれぞれ追ってみたいと思います。

毎度ながら主人公の恋愛はスルー気味で超・長文、登場人物の音楽家としての成長物語と登場回数の少ない某日本男子の話題に偏った感想ですが、宜しければ続きからどうぞ。
猛暑お見舞い申し上げます!

毎年この季節になると夏バテと冷房病に、交互に闘って無駄に体力を消耗している管理人です。原因は温暖化でも気候循環でもいいから、日本は亜熱帯地域と分類すべき!と個人的に主張しています。(笑)

寝苦しい夜はついネット徘徊で過ごしてしまい、目がドライアイでしょぼしょぼです。(^^;ウェブコミック一気読みが悪かったのか?それとも最近はまっている動画か?どちらにしてもだめですね。

ところでgooのサービスでブログの通信簿というのがあったので、やってみました。毎日結果が違うらしいので、念のため2週間の間に5回ほど測定してみましたが、成績は大体同じ。特に主張度が5と高いのは実生活と同じで納得♪気になる性別は毎回男性(!?)年齢は22~30才、平均26才というところ。係は体育祭委員、時々文化祭もやってるらしい。コメントと職業はほぼ同じで、目指すべきは詩人ってアナタ。。(^^;客観的にはこう見えるのね~と参考にしたいと思います。

tushinbo0809_img.png

と、言う訳で(どういう訳?)で今日はKissの発売日。旅行の出発日がずれたので久しぶりに無理なくゲトできました。今回は想像通り、のだめデビュー序章でしたから新しい要素もなく、一点に向かってすっと流れて行くような進行でした。伏線も発展もない今回、感想にもひねりもありませんが、ご興味のある方は続きからどうぞ。
帰国してからあまりに時間がたってしまったので、ついでにノーベル賞についておさらいしてみました。でも、いい加減に出発前に予習しろよ、自分。(笑)

まずどんな賞があるかというと:物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、そして平和賞。経済学賞もあるのでは?と気がついたアナタはエライ!けど、惜しい。(^^;
経済賞はスウェーデン銀行が設けた賞なので、正式名称はアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞と言い、厳密にはノーベル賞に含まれないのだそうです。

オスロレポートでさらりと触れましたが、平和賞はオスロで、それ以外はストックホルムで授与されます。平和賞をノルウェーで授与するというのはノーベルの遺言だったそうです。物理学賞、化学賞、経済学賞の3部門はスウェーデン科学アカデミーが、生理学・医学賞はカロリンスカ研究所が、平和賞はノルウェー国会が、文学賞はスウェーデン・アカデミーがそれぞれ選考しているそうです。賞によって、授与までのプロセスが全くちがうんですね。^^

ノーベル賞受賞者には頑張ってなれるもではありませんが、授賞式の気分を味わうことならだれでも可能。今回は受賞式の会場である市庁舎の探検して、ノーベル受賞者と同じ釜のディナーを頂いてきました。よろしければ、続きからどうぞ。

swch.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。