日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Happy Halloween!(笑)
仮装してTrick or Treatに行ったのは遠い昔ですが、ハロウィーンの季節になるとこれから年末にかけてのイベント目白押しシーズンの幕開けで気分がうきうきします。カタい職場なので仮装は出来ないのが残念。(って普通そうだろう!)

今日は危うく寝過ごしそうでした。。って朝のことじゃなくて、つい先ほどのこと。ノイタミナの時間の前にちょっと寝ようと思ったのが間違いでした。

実は盛りだくさんの一日の締めくくりとして、久しぶりに室内楽を聴いて来たので。。安らかに気持になったので、始まる前に一休み。。と思ったら始まる15分前までぐっすり寝てしまいました。(笑)これで寝過ごしたら笑えないところでした

ところで「のだめカンタービレ 巴里編」の初回は深夜では異例の高視聴率だったそうですね。4.9%と言われても、ピンとこないけど。。(^^; 
このあと、同じ枠で大和和紀さんの名作、「あさきゆめみし」だそうです。うーんなつかし!そっちも見たい!

いつもながら適当なタイトルをつけた巴里編の、適当な感想については続きからどうぞ。
[のだめアニメ巴里編 Lesson4 Welcome to the 変態の森♪]の続きを読む
スポンサーサイト
最近記事が滞っているうえに、のだめアニメ感想に偏っていましてすみません。。

原因はPCの方の体調です。ブラウザしか開いてないのに急にウィンドウズが落ちたり、ワードが作業中にフリーズしたり、自動的にシャットダウンできないという現象が頻発して落ち着いて記事が書けなかったというのが言い訳です。IEが不安定なのでFirefoxを導入して、設定の変更などをやってみたら少し落ち着きほっとしているところです。

ついでにずっと気になっていたスパムコメント対策を取りました。消すのが大変というより、毎日変なコメントを読まされて気が滅入ってしまいまして。。NGワードを増やしても対処できなかったので、コメント画面に画像認証を加えました。お陰でこの2,3日変なコメントが入っていなくて胸をなで下ろしています。これでダメなら承認制しかなくて、気軽にコメントしてもらうためにもそれは出来るだけ避けたかったので。

ところでもうすぐ黒木くんのバースデー!11月の13日です☆今年はあまり企画に凝れそうもなく、それでも気持ちだけはなにかしたいと思案中。バースデーの気分を盛り上げるというと、まずはこれ!?ということでバースデーのイメージケーキを選んでみました。

なぜかケーキで始まったプレ祝いについては続きからどうぞ。

sachertorte.jpg
いやー、前回は30分でコンクール終了と、テンポが速すぎて、目が回りましたが今回は落ち着いて見られるんでしょうか?
そして、千秋は指揮コンクールを優勝した後は、ミルヒについてパリを離れてしまうわけですが、パリ編の三話目はどこまで進むんでしょう?!

ところで、アニメの公式サイトも段々にぎやかになって来ました。ノイタミナは全国一斉に放映しないので、じわじわ盛り上げる手法なんでしょうね。関係者のメッセージの他に、アイテムがもらえるひげ男爵とのコラボキャンペーンなどもやっているので、ご興味のある方はチャレンジしてみては?管理人としては、リアルタイムで1回見るのがやっとなのに、余計なことに神経を使いたくないので、パスしておきます。(笑)

また、パリ編のCDはすでに発売になったそうですね。2枚組で、千秋バージョンでは指揮コンクールの課題曲からマルレまで。のだめバージョンではコンヴァトの課題曲から、ブノワ城のリサイタル曲まで収録しているそうです。録音はのだめオケ他とのことですが、こう言うCDはコミックスを読みながら聴くには便利ですよね。

でも、リアルタイムで連載を見ては登場曲を図書館でCDを探し、聴きながら読んで感想を膨らまし、その後好きな演奏家のCDを買い直してクラシックにはまって行った自分としては、苦労して曲を探したのも楽しかったなと思います。自分では今更買わないだろうと思いながらも、曲目には興味があるので、一番最後にくっつけておきました。

と、言う訳で本編によると、千秋は拉致監禁されたり、のだめがミルヒに騙されてパリのキャバクラでバイトをするはずなんですが?(どんなストーリーだ)アニメではどう端折ったかを、更に気になるとこだけレポートしましたので、気になる方は続きからどうぞ。
待ちに待った巴里編アニメが始まったと思ったら、もう第2話ですね。
とはいえ、東京以外ではまだの様子。お預け中の皆様、スミマセン。。

これからの展開はのだめがオタク・イベントを満喫している間に、千秋は過酷な指揮コンクールで人間としての器(笑)と音楽性を審査されるという素敵な趣向。毎度のことながら、千秋の人間性によるオケとの軋轢と迫りくる危機、ジャンとカタイラという生涯(?)の友となる若手指揮者達との出会い、こっそりと伺う師匠の影。。千秋カンタービレとしては早速最初の山場を迎える訳です。

・・・と、相変わらず強引なまとめ方で進めてしまう管理人。原作未読の方は、コミックスを記憶するほど読みこんだオタクのたわごとだと思って、あまり気にしないで下さい。そのうえ、アニメの展開につられて、今回の感想ははしょって走って、勢いに任せてお届けしています。^^

いつものことだから、読んででやってもいいよという心の広い方のみ、続きからどうぞ。
すっかり秋ですね!この間八百屋で千秋リンゴを見かけました。
のだめサイトでこれをチアキリンゴとしてネタにするのは季節の風物詩となっていますが、今年もネタになっているのでしょうか?ご存じのとおり、正しい読み方はセンシュウリンゴです。

ところで、しばらく雲がくれしており、すみませんでした。
実は管理人の頭がぼーっとしているのは、秋の花粉症のせいかとおもったら、貧血だったようで、医者にしかられています。そのうえPCまでボケてしまい、インプットはなんとかできてもアウトプットができない状態だったんです。

ボケの方は仕方がないとして、(笑)PCは突然落ちてしまうという状態で、なんど文書が途中で消えたか。。(涙;)それで放置状態の記事が2,3あるわけなんですが、今夜はとにかくアニメ巴里編の感想を書かなくては!ということでむりくり書いています。さっきもワードが途中でハングしてしまい、力づくで続きを書いております。。

と、言う訳でPCの機嫌を取りながら書いた感想は続きからどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。