日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレの魅力はいろいろありますが、演奏者の詳細なエピソードや人間性を二ノ宮さんがいったん消化して、今までにない形で再構築することで、音楽性のリアリティとぶっとんだエンターテイメント性を両立させていることも大きいと思います。

いきなりな前振りは、リアル・千秋と言われる指揮者の金聖響さんが神奈川フィルの常任に決定!とのニュースを聞いたからです。なんてタイムリーなんでしょう!ぜひ一度、リアル・ジャンと言われている新日本フィルのクリスチャン・アルミンクと二人で並んで貰いたいものですね♪

このブログでコンサート感想を読んで頂いている方は、管理人が聖響さんひいきな事も御存じだと思います。イケメンだというだけでなく、トークや文章も論理的でありながら関西弁で本音丸出しだったりしてとても面白いです。オーケストラ・アンサンブル金沢が演奏するベートーベンとブラームスがお勧めなので、縁があったらCDを聴いてみてください。作家・玉木正之氏との共著「ベートーヴェンの交響曲」を読みながらだと、理性と感性が同時に刺激されますよ~。常任の就任公演は2009年4月で、ベートーベンの交響曲三番「英雄」も予定しているそうです。神奈川に住んでたら会員になったのにぃ!

指揮者のリアルな生活が垣間見えるブログはこちら:http://seikyo.eplus2.jp/
聖響さん+神奈川フィルのコンサート感想はこちら:http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/blog-entry-129.html#more

と、つい聖響さんの話題で盛り上がってしまいましたが、今回のLesson6は千秋のマルレ常任指揮の話題でした。「あの」マルレに就任とは気の毒ではありますが、コンクールでは大した試練じゃなかったので、ここで頑張って成長して欲しいと思います。^^

そんなドS目線でありながら、黒木くんにだけ大甘という感想ですが、お付き合いいただける方は続きからどうぞ。
[のだめアニメ巴里編 Lesson6 嬉し恐ろし常任就任?!]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。