日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さえない中年女性にしか見えないSusan BoyleがI dreamed a dreamでその美しい歌声で一躍世界の注目を浴びたエピソードはご存知だと思います。私も動画で見て、審査員や会場と一緒にアヒルが白鳥に変わる様に驚き、Susanのファンになったひとりです。

YouTubeでの再生回数が一億回を超えただとか、やらせではないかとか、アメリカから契約のオファーがあり番組を降りるとか、賛辞と中傷が渦巻いたこの2ヶ月。小さな村で猫と静かに暮らしていた彼女の人生は、すでに大きく変わってしまったようです。

セミファイナルでは、小奇麗になってやや緊張した始まりでしたが、最後には美声を響かせファンをほっとさせたのですが、5月30日の決勝はどうだったのでしょう?

今朝起きてすぐに、イギリス時間の夕べ放映された番組の公式サイトをチェックした管理人の、にわか番組レビューは続きからどうぞ。



[夢はまだ終わらない: Susan Boyle on Britain's Got Talent ]の続きを読む
スポンサーサイト
発売日に早速Kissをゲトしたのは良かったんですが、PC様のご機嫌を取るのに手間取り、レビューをアップするのが遅くなってしまった管理人です。リカバリ・スキャン・ソフトの入れ直しや再設定・クリーンアップ・等々…。疲れてうっかり間違ったボタンを押して、やり直しとか。。単純作業なのに、時間がかかりますよね。はぁ。

…で、今回ののだめカンタービレはさすが休載明けのサービス(?)。またまた予想の左斜め上空を通過という感じです!
今まで、伏線なのか?と気になっていた諸々のポイントが、違う方向で繋がり出しました。物語としてはクライマックスに向かいながらも、何処に向かっているのか、まだ解らない所が嬉しい。幾重にも重なった物語が、それぞれ一本の流れに収斂してゆく感じにわくわくしてしまいます。

今回も締め切り前は大変だったらしいですが、要素の多さに納得!です。大詰めなのに、まだ緊張感を保っているとは、最後まで気が抜けない予感。

ところで次号が出る頃にちょうど出張から戻ります。また成田空港の書店をKissを探しに走ることになりそうですが、首尾良く見つかることを祈ります。

と、いうわけでコミックス派の方には我慢して頂きつつ。。
連載ネタバレOKで、長文どんと来いの方のみ続きからどうぞ♪

しばらく放置しておりすみません。(^^;
以前からグチっていたPCの具合がまた悪くなったようで、再起動がやっと止まったと思ったら、この所ブルースクリーンばかり出ます。気分もどよーんとブルーです。BSOD(blue screen of death)と呼ばれている意味が良く分かる今日この頃。

そんな時に強力なPCウイルスGENO(gumblar、JSRedir-R)が発生しており、感染したサイトを閲覧するだけでパスワード情報などが盗まれるとの、最近通っているジャンルで知りました。症状にメモリを食うとかBSODがでるとあり、ひょっとして最近のPC不具合の理由は感染??と急いで、まとめwikiなどで確認し、弱っているPCをだましだまし対応策も取りました。

現在の所、PCは感染しておらず対応策も取ったので、今のところは大丈夫だと思われます。
リンク先様も大丈夫なようでしたが、騒ぎが収まるまでリンクを切って置きますのでご了承願います。

殆どの方が既にご存じの情報しかありませんが、念のため折りたたみます

肌寒いかと思えば夏日になったりで、気候が安定しないこの頃。
こんな季節は体調を崩しやすいものですが、体調など崩されていませんか?
管理人はさらにビルの空調と外の気候と戦って、今日も喉を腫らしています。(^^;

ゴールデンウィークは暦通りでしたが、明けた7、8日に休みを取っていました。
まだもらっていないけど、定額給付金でどこまで楽しめるかというテーマで遊んできました。
リーズナブルに楽しんだ鬼怒川については、続きからどうぞ

0905kinu1.jpg

あっという間に音楽祭は終わり、来年に想いを馳せるファンも多いのではないでしょうか。
推定来場者は40万人だそうですが、去年は100万人と言われていたので、半分以下。5日が3日に短縮されたので仕方ないですが。。一方で、チケット販売率は94%だし、公式CDも二日目に売り切れたとは、需給バランスとは難しいものです。(^^;;

もうご存じでしょうが、来年のテーマはショパン。最近良く聴くので、もちろん歓迎ではありますが。。やっぱり、ピアノとかピアノとかピアノばかりなのでしょうか。(笑)
時代的にも、フォルテピアノとかチェンバロとかオルガンとかで変化も付けられないでしょうし。。もちろん違う楽器がメインの曲もないわけではないし、協奏曲などもありますが、なにせピアノがメイン。音楽祭ではいろんな楽器や、室内楽などあまり耳にしない作品を聴けるのも魅力の一つだったので、作品数が多くなくてピアノに偏ったショパンではつい??と思ってしまいます。もちろん主催者側がちゃんと考えてはくれると思いますので心配はしてませんが。

無責任な提案として、演奏者の個性を分かりやすく謳ってみてはどうでしょう?「泣けるピアノ協奏曲byタチアナ・ヴィシニョーワ」「葬送も華麗な指揮byジャン・ドナデュウ」「極北のショパンby瀬川悠人」なんてね。(のだめの脇キャラばかりでごめんなさい)

おっと、また妄想が暴走気味の管理人です。(^^;
雨の中の音楽祭最終日については続きからどうぞ。

毎年恒例の音楽祭 La Folle Journee au Japon に行って来ました!
この日は久しぶりに貧血ぽくなり、余り体調が宜しくなくて、家族にも顔色が悪いから見合わせたら?と心配された位だったのですが。。(^^;
調子が悪かったら途中で帰ると約束して、夕方まで休養して国際フォーラムに向かいました。新型インフルではなさそうなので、ご心配なく。

昨年に比べ日数は減ったのは、やはり経済環境のせいなのでしょうか?しかし丸の内エリアを含めた盛り上がりは例年通りで周りを歩くだけでもうきうきしてしまいます。
すっかり元気を充電したバッハの協奏曲と心の平安を取り戻した受難曲については続きからどうぞ。

LFJ0905.jpg

GWは音楽祭!そしてPCを何とかしなくてはならない管理人です。
PCの電源がバシバシ落ち、エラーメッセージがどんどん深刻な内容になるので、買い換え機種の目星もつけました。一応ダメもとでいくつか処置をしてみたら、今日一日は電源が落ちず、HDの妙な音も無くなり、ひょっとしたら延命できたかも?と様子見しています。このままWindows7が出るまで頑張ってくれるといいな~とムシの良いことを願っています。(^^;

ところで先日はピリスのコンサート第二弾に行ってきました♪

ピリスの神経が行き届いたリサイタルも素晴らしかったですが、協奏曲もまた素敵でした。
「神業」ではなく、素晴らしい人間業だなと思ったコンサートについては続きからどうぞ。

皆さんはGWにお休み取れてますか?
今週は暦通りに働き、週末からはラ・フォルジュルネだと張り切っている管理人です。
豚インフル関係が早く収まってくれることを祈りつつ、気分は音楽祭への秒読み開始と言ったところ。予定がはっきりしなかったので、音楽祭のチケットは大ホールばかりですが、それでも行けるだけで嬉しいです♪

今朝会社の近くのコンビニで買いものをしていたら、レジのお兄さんがポケットに見慣れたタヌキの様なプチぬいぐるみをつけていました。今思えば携帯ストラップか、ボールペンのマスコットだったと思うのですが私の眼はのだめに出てくるマングースくんに釘づけでした。怪しい客でごめんなさい。(笑)

それで思いだした訳ではありませんが、今日からラ・フォルジュルネのプレイベントの一環として丸ビルでのだめワールドが開催されるという話。8時までやってるらしいので、仕事が終わったら行こうかな?と思っていました。おにいさんのストラップに背中を押されて行ってきましたよ!

のだめワールド潜入記・・ってほどの事は全然ないのですが、ご興味がおありの方は続きからどうぞ。コミックス未収録のネタばれもありますので、気になる方は自己責任でお願いします~。

Nodamrd0904.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。