日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様こんばんは~♪
年賀状を必死で書き終え、明日は早朝から旅立つというのにパッキングが途中の管理人です。(^^;
はい、ほぼ徹夜です。(苦笑)

週末は念願の「のだめカンタービレ!最終楽章」前編を観てきました!のだめ好きのサイトマスター様達とのプチオフはとても楽しく、すっかり充電させてもらいました。

そう言えば、プチオフは2年ぶりです。久し振りのリアルでののだめトークは大変盛り上がり、とても楽しい時間を過ごしました。最近の黒木ショックでライフが無くなってしまった上に、妄想炸裂病患者である管理人の相手をしてくださったお二人に感謝です。^^

メンバーの指向は、主役カップルのラブからややずれており、王道とはちょっと(かなり)外れたのだめ萌え語りと映画の感想かもしれません。異常に長い上に、ネタバレOKな方のみ続きからどうぞ。

091227a.jpg


[のだめ映画前編&プチオフ@有楽町]の続きを読む
スポンサーサイト
クリスマスもいつの間にか過ぎ、Kissも発売になったというのに、更新が遅れすみません。本誌を読んだ常連のお客様はお気づきだと思いますが、管理人は今回もまた固まっておりました。

いそいそと手に入れた本誌を通勤電車でこっそり読んでいたのですが、思わず一駅乗り過ごしてしまったのは、ショックというより気が抜かれたというか。なんて言うんでしょう…、くろきん祭りでエネルギーが抜かれて、読後ライフがゼロ状態?(笑)

そんなあほな管理人ですが、明日はのだめ映画を見に行くので、気分を変えるためにも頑張ってレビュー行ってみたいと思います。

例によって偏った感想しかありませんが、OKな方のみ続きからどうぞ☆

12月も半ばになり、街はすっかりクリスマス色に染まっていますね。イベント好きな管理人は、久しぶりのオフ日に心うきうきで出かけてきました。実はこの日は何ヶ月かぶりのコンサート、頑張ってこの日だけは予定が入らないように祈っていた甲斐がありました。(^^;

小澤さんの指揮で新日本フィルなら、外れる心配はないし、演目はブラームスのヴァイオリン協奏曲とプロコフィエフのロミオとジュリエットという、リラックスして楽しめること間違い無しという、自分にご褒美なセレクトでした。

最近ローギアの管理人がすっかり癒された、久し振りの素人的コンサート感想について、宜しければ続きからどうぞ。

091213v0.jpg
のだめカンタービレファンの皆様、こんばんは~。

続編が楽しみで発売日を指折り数えていた管理人です。発売日周りは超ハードスケジュールで、夜まで予定がぎっしりだったのですが、本誌だけは発売日朝一にゲットできました。会社では読む間もないので、同僚に見つからないように通勤電車の中でこっそり開いたのですが、機嫌良く読み始めたのもつかの間、衝撃の展開に頭が真っ白に。。

予想外でも、嫌でもなかったのですが、感想を書く気力が湧いて来なかったというべきでしょうか。でも、ここでやられるとは。。さすがに所長は毎度斜め上を行きますね。はぁ~。

例の凱旋帰国にすっかりやられた管理人ですが、ようやく気が落ち着いたので感想行ってみます。
毎度のことながら、激しく偏っており、妄想たっぷりです。細かいあらすじをお探しの方には、申し訳ございませんが、期待に応えられません。(^^;

それでも宜しい方のみ、つづきからどうぞ。
いつの間にか今年もあと一月ですね。
季節感のない今日この頃でも、さすがに12月はクリスマスやら正月の用意で気ぜわしいですよね。師走の雰囲気というのは今も昔も変わらないものなのかもしれません。

そんな管理人は年末の準備どころか、日々の生活に追われているという始末(苦笑)。年賀状の用意はぎりぎり、大掃除は年明け、というのが確定事項になりつつあります。

のだめ23巻も気がついたら売り切れ状態で、まだ入手していないんです。(><)いや~、人里離れたところで研修だったとは言え、発売日を忘れていたことに愕然としています。

忙しい理由は、平日も週末もやたらに拘束される勉強会なのですが、普通なら絶対読まなそうな堅い資料やら本も、テーマを持って読めば面白いものですね。その一環として参加したイベントに禅寺修行というのがありました。

禅どころか仏教とか日本文化に触れることが少ない管理人にとっては、「初めてのZEN」だったのですが、読書と同じく苦痛もありながら学ぶことの多い体験でした。

ブノア城で一汁一菜を目の前にした黒木くんの気持ちが理解出来た禅体験については続きからどうぞ。


ssojiji1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。