日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京では、あれから桜が咲いて散ってしましたが、皆様は花見を楽しむことは出来たでしょうか。

管理人は別に自粛した訳ではなく、忙しい時期だったのでちゃんとした花見は出来ませんでした。それでも折角咲いた桜を見てやりたいと、日常の中では桜の多い道をなるべく歩くようにしていました。期間の短い花ですが、満開の短い期間に拘らなければ咲き始めから散り際までも違った風情があって良いものですね。

今年一番の桜の思い出は、4月6日のジェーン・バーキン 震災復興支援コンサートを聴きながら遠回りして帰った夜。ピアノ演奏、朗読やダンスなど盛りだくさんのプログラムでしたが、ジェーンのフランス語の歌には癒されました。家族が止めるのも聞かずに日本に向かうと決め、4日でライブを実現した彼女と企画したスタッフ、出演者の皆様にブラボーです。

歩きながらのスマフォ試聴だったので、画像は小さいし、場所によって切れたり、街の音が煩かったりしましたが、クラブクワトロでのライブの雰囲気を生で感じられた気がします。お陰でウォーキングの運動になり、買い物もすませることができて一石三鳥でした。

まだまだ余震も多く、貧血+高層階にいるため地震酔いでいつも揺れてるような感じでしたが、久し振りにリラックスできました。やっぱり音楽の力は素晴らしいものですね♪

まだUstreamでも見られる様なので宜しければどうぞ。
http://www.ustream.tv/recorded/13809036/highlight/163365

生の音楽なら、更に力を与えてくれるはず。
そう思っていると「全音楽家による音楽会」が開催されると聞き、詳細もあまり確認しないままチケットを取りました。コンサートの内容はもちろん素晴らしかったですが、チャリティへ参加した実感が持て、震災についての複雑な感情が解きほぐれた気がします。

これから何度も思い出すであろうコンサート「全音楽界による音楽会」については、続きからどうぞ。
[音楽のチカラはジャンルを超えて:「全音楽界による音楽会」 東北関東大震災チャリティコンサート]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。