日常の忙しさからほっと一息つく時間。クラシック音楽を聴いたりお茶を飲んだりする時間を日記につづります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたご無沙汰が続いているうちに、すっかり蒸し暑くなってしまいましたね。管理人は極度の貧血から急に増血したせいか、体質まで暑がりに変わったようで早くも夏が始まった感じです。(^^;

節電での弱冷房の影響もあったかもしれませんが、トリフォニーホールでのコンサートは熱気が溢れていました。

期待の若手指揮者、ダニエル・ハーディングが新日本フィルの"Music Partner of NPJ"(要は首席客演指揮者)に就任するというニュースを聞いた時は小澤ファミリーが更にグレードアップ!と楽しみにしていたのですが、その就任コンサートが予定されていたのは、なんと3月11日。インタビューによると、地震の体験は人生初(!)だというのに、あの混乱の中、コンサートをキャンセルせずに、徒歩などで集まった50名程の観客に向けてマーラーの5番を演奏したとのこと。外見だけでなく、中身も男前!と尊敬してしまいます。

管理人はこのプログラムに行くつもりで、当日券を狙っていましたがもちろん断念。地震当日の夕方は大多数の例に漏れず徒歩帰宅したのですが、ツイッターなどで情報をチェックしている中でハーディングがコンサートを敢行すると聞き元気づけられたものです。

ハーディングと親しい金聖響さんのツイッターによると、震災の直後二人でこう話していたそうです。
「…僕たち音楽家は目の前にあるやるべき事をまっとうするしかなく、機会を頂けたら全力で最高の演奏をすることだけを考えよう、と。あとは祈るしかないです。」

実力のある若手指揮者であり、日本を大事に思ってくれるダニエル・ハーディング。そのコンサートについての素人的感想は続きからどうぞ。
[ハーディングX新日本フィル マーラー交響曲5番]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。