のだめカンタービレ感想:Lesson107

ここでは、「のだめカンタービレ感想:Lesson107」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は待ちに待った、休載明けの本誌発売ですよ!
久し振りの連載に期待は高まるのですが、巻頭カラーだけでかなり応えて頂きました!!千秋のこんな姿が見れるとは、パリの執事カフェ兼靴屋はサービスが違いますね。(って違う(^^;)

読んでない人には何のことやら判らない叫びで初めてしまいました。(^^;今回はいつもより更にストーリーを追っていないので、ネタバレにもなりませんが、下手な心情推理型感想ということでお許しください。コミックス派でないかた、宜しければ続きをどうぞ。

と、その前に今日のニュースを是非ご紹介させてください。
東広島市にある家の庭で、モミジの切り株からスズランが成長して花を咲かせたそうです。ど根性すずらんと呼ばれているとか。(笑)
残念ながら本誌の黒木くんはお預けでしたが、彼も人知れず清らかな花を咲かせていると信じます。(笑)

ご興味がある方はコピペでどうぞ。^^
http://news.goo.ne.jp/article/chugoku/region/Tn200705100091.html

suzuran.jpg

まずはKiss表紙
ツーショットはかわいいのだめと笑いを惜しんでいる千秋。靴のジャケットがややフォーマルでカットソーとデニム(ゆるめ)がカジュアルというコーディネイト。いつもいい靴はいてますね、さすが金持ち。(笑)

巻頭カラーは羊。。
じゃなくて執事プレイ。(笑)罰ゲームですか?(^^;服装にあった靴をずらっと並べるのだめのお姫様プレイも堂に入ってます。「はかせろ」にはちょっとどきっとしますね。ひざまづく姿も似合う千秋、家政婦だけじゃなく執事にも最適です。こんな風にあごで使えるのはのだめとミルヒくらいでしょうが。

素直な千秋はつまらない?
って訳じゃないんですが、とにかくすぐに謝ったのにまず驚き。「さん」付けだから不審者かと思いましたよ。犬プレイまで付き合うし(そこかい)、ちゃんと自分の気持ち説明できるし、甘えるし(何気に膝枕)、Ruiのことも伝えるし、フォローもするし。。酔っ払っているせいか。??
顔はちゃんと見てないけど、朝もちゃんと言いにくいことを言っているし、頑張ってる真一くんでした。

分かりやすいのだめ
いつもは理解を超えている彼女も今回は、ぶっとんだ行動もなく、千秋に怒ってはいるけど理解はしていますね。千秋のドタキャンやこれからの不在もヴィエラ先生の偉大さに許してやっているようです。そう言う意味では最大の理解者というか、二人とも音楽至上主義なのね。

唯一のだめ弁当くらいですか、変なのは。(笑)ロベールさんもリュカも読者は分かってるから心配ないし、これくらいは千秋のお灸に丁度良いくらいです。

リュカ成長中
少しづつ青年っぽくなっているリュカ、アタック(死語)を続けてますね。きっとターニャの時間割が違う日に迎えに来ているんだと思いますよ。(笑)早く成長して千秋に嫉妬させてしまえば良いですね。(アクマ)

納豆の意味するもの
って、特に意味はないのでしょうが。コンサートの前にぽとりと落ちる納豆が、におい立つようで気になります。(笑)
仕方がないと自分に言い聞かせる、のだめが朝思わず落とした時の事を思い出したのでしょう。イタリア行くと聞いたときは会う時間がますます減ると思っただけだったのが(納豆まだ無事)、Ruiと協演と聞いてぽとんといったわけで。(納豆落下)これがのだめの心情風景。

マエストロ・ヴィエラにブラボー!
文字ナシの音楽シーンで始まり、曲の解説、歌詞、そしてそれに重ねる心情というパターンは何度か見ていますが、やはり曲の印象が伝わってきます。これを味わい、合間に主人公のドラマを読んでいるような錯覚に陥る演奏シーン。特に今回は観客の感想一つ入れずに演奏の素晴らしさを語れるというのは、従来の「うっ」、目をごしごし、「これは!!」的一昔の演出とは一線を画しています。二ノ宮さんの真骨頂です。

復活するのは誰?
シュトレーゼマンには是非復活してもらいたいのですが、ウィーンまで行って宿敵ヴィエラに教えてもらうなんて行ったら心臓発作を起こすかも。(笑)
千秋は意外に計算高くて、血を見るのが嫌だからのだめを連れてゆくとか、それとも破門にされても先が短いからいいとか。。(多分違う)

清良やっと登場
おおぅ、やっとウィーン行きですか。近くて遠かったですね。久々の清良たん、お元気そうでうれしいです。(友達かい)

まとめに入っている気配。。?
ウィーンとイタリアに行くとなるとなんとなく、最終章?って気分で寂しく感じます。指揮者というのはどんなに才能があっても、あと10年や20年はひよっこですから、あらゆるチャンスを得て仕事と勉強をしなくてはなりません。一緒に見たり感じたりする機会は少ないけど、それを活かしてお互い歩いてゆくような、そんな感じで固まりそうな気が。。

本当のまとめに入る前には、のだめの行く末をはっきりさせ、千秋と雅之の関係ももう少しなんとかしてくれるとは思いますが、これ以上運命の糸が絡まる気配はなく、これから解けてゆくのだろうと感じました。なんだかいつもとペースが違う今回、順調すぎてやな感じがします。

そして来週は?
黒木くんは出る気配がありませんが、来週は清良たんを楽しみにすることにしましょう。それからミルヒがヴィエラについて聞いて怒るのに3ユーロ。(笑)きっと楽しい旅になるはず。。がならない事に10ユーロ。

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss, 千秋,

コメント
この記事へのコメント
はーもに~♪さん、こんばんわ!

バッハとロッシーニ?演奏されるなんてうらやましいです。頑張ってくださいね。^^

多分一番ひどいのはわたくしでして。。私の中では、あの二人は音楽バカップルで、音楽がほぼすべてに優先するから続いているのだと想像してます。自分の音楽を極めることが目的で、ラブは合間ですよ。(笑)言わばワーカホリックなカップルみたいなもので、普通の人だったら彩子みたいに逃げ出すでしょうね。(^^;

ミルヒの「こちらも。。」笑わせて頂きました。いや、絵まで想像しちゃう。むぎゅっとね。v(爆)そして引き裂かれる二人?期待しましょう。(オイ)え、やっぱりひどいのは管理人ですか?

次回の発売日は出張中なので感想は遅れそうですが、また遊びに来てくださいね。
2007/05/12(土) 00:20 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
お久しぶりです、ろめいんれたす様♪
ど根性スズラン、ステキです♡

ホント、いつもとは様子が違って、大サービス号でしたね(特にプレイが)^m^
なんだかんだ言って、のだめちゃんより自分の音楽を優先させてしまうヒドイ真一君ですが、必死でフォローしているのが微笑ましかったです。

でもラブ以外は…結構のだめちゃんには、辛い状況だったのでは?
のだめちゃん、早く世間的に認められて、真一君と肩を並べられるピアニストになりたくて焦ってて…真一くんにも「ぜひ共演したい!」と思わせたいと頑張ったコンサトはスッポかされるし…真一君から聞かされた今後の彼の予定だって、のだめちゃんにしてみれば、かなりヒドイ話だし…
「先輩、お元気で」って言った時ののだめちゃんは、ホタルのだめバーションだったわ^^; 
それでも、無理して「全部しかたのない理由」って納得するのは、一番の真一君のファンで、応援団で、同じ音楽家だから? 大人です…。

ウィーン旅行、一波乱ありそうですよね…
まずミルヒー、のダメちゃんの胸触って「おや、こちらも成長しましたね」とか言いそうです…^m^
そして、そうですよね、ヴィエラ先生のこと、絶対怒りそう。(破門?) 怒りのあまり「復活」するかも。
いっそ、ミルヒー、のだめちゃんと共演してくれないかな。
それも、Ruiちゃんと真一くんのコンサトに合わせて、古巣のマルレで!
そうなったら、本当にロミオとジュリエットみたいですね ^m^(え、私、ヒドイですか?)

長々脈絡無く、書いてごめんなさい^^;。でもスッキリしましたぁ。しょちょのBBSも楽しいんだけど、本当に言いたいことは書けないからにゃ^m^

さて、気を取り直して、やる事やらねば。逃げちゃダメだ!
8月演奏会のバッハのロ短調ミサと秋のスターバトマーテルもあるし♪…PTAも、ね…(>_<)
ろめいんれたす様もお仕事頑張ってくださいね♪
ではでは、2週間後にまた!
2007/05/11(金) 14:09 | URL | はーもに~♪ #N2s76zxo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/100-1928fa47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。