のだめカンタービレ: アニメ感想 Lesson 17

ここでは、「のだめカンタービレ: アニメ感想 Lesson 17」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~、とうとうこの日がきました!
全国2000万人(?)の黒木ファンの皆様、共に泣き、笑いましょう。(^^;黒木好きの管理人は、この日のためにアニメを見ていたようなものです。(断言)

すずらんはやっぱり散るのでしょうか?ストーリーが変わることはなく、ニュアンスも限りなく原作に近くなるのは間違いなし。どうせなら思い美しく切り咲かせて、潔く散って欲しいものです。(鬼)

眠さで朦朧としながらも、黒木くんがすずらんを持って登場するのを見ただけで、顔が笑ってしまいます。こんな偏ったコメントがてんこ盛りな感想ですが、宜しかったら続きをどうぞ。
いつもより更に原作っぽい雰囲気が漂う今回。二ノ宮さんの絵をカラーにしてそのまま動かしているような印象です。オープニングの裏軒シーンなんて、チャーハンのにおいが漂ってきましたよね。(うそ)

いずみちゃんの派手なスポーツカーが走り去り、菊池の悪びれない態度に千秋の顔に立て筋が入ったところで、すずらんを持つ黒木くんが登場。ピンクに輝く背景を引っさげて、超勘違いをベースにした清らかな恋心が膨らみます。大学生の男子がすずらんの鉢を裸で持って歩く不自然さなんて、のだめを清純と勘違いする大きな間違いに比べたら全く気になりません。この時の黒木くんの可愛いこと、すずらんが似合うのは君だよ!(爆)

「恵ちゃんがそんな変態なわけないじゃないか」超勘違いによる言い切りですが、かーわーいーなー。(笑)普段は冷静だけど、思い込んだら全てを見失う、そんな黒木が透けて見えますね。お姉さんはこんな黒木が大好きです。^^

千秋の語るのだめの真実の姿を聞く耳はなく、もちろん「黒木くんを救う会」は失敗。千秋は他人には無関心なのに、黒木くんに対してだけは、親切なんですよね。千秋にとって黒木は特別だと確信した瞬間です。(笑)この二人のツーショット、一緒にいるだけでなんだか嬉しい気分がするのはなぜでしょう。

ピンクに輝くオーボエの音と柔らかい(なあなあな)雰囲気でオケの練習が始まります。清良のヴァイオリンの構図が不自然(弦が見えない)なのは置いといて、気合は足りない様子。峰のこのオケにかける熱い思いと、菊池の「ボストンに帰る」発言のようにさらっとみんなが引く展開は緩急が付いてましたね。千秋が一瞬投げやりになって練習をやめてしまう流れが自然でした。

閑話休題的なもじゃもじゃ組曲作成記も音が付くと嬉しいですね。わざと可愛くなく描いた?動物達もいい味を添えてます。最後の曲は是非通して聞いてみたいです。(笑)

おじぞーさん千秋の後は、のだめの家に向かう黒木。普通いきなり家に行かないよね?と思ったりしますが、そこは自分を見失っている黒木くん。ちゃんとのだめとすれ違う強引な展開も、スーパーユウジくん(ひとしくんはチャンネルが違うからですかね?)のバトルの前にスルー。オコゼと見詰め合うのだめに、自分の失恋を確信する黒木くん。告白もせずに独り相撲で終わるなんて、切ないですよね。(^^;変態な実態を知るよりはショックは少なかったでしょうが。

そして押コンでの燕尾姿ですよ!ちょっと七五三チックですが、似合いますね~。
アニメを見ながら、「黒木くん、リード!水のつけすぎに気をつけて!」って注意したのですが、もちろん聞いてもらえませんでした。(爆)それにしてもくろきん、リードをくわえた姿が似合うな~。もうちょっと見ていたかったです。(笑)
千秋は黒木くんが入賞していないことを知ってすぐにのだめに詰問するんですから、特別ななにかがあるんですよ。(笑)「首に縄」はPTA対策か?ぐるぐる巻きに変わってましたね。

そして今回の注目ポイントはオーボエを持って縁側で佇むの絵ですよ!ドラマでは一歩間違うとお笑いになりそうな場所でしたが、黒木にはとてもジャパニーズな、色の彩度を落としたバックが似合います。一方でいかにも安っぽいホテルにいる清良と本当の演奏を聴いて欲しいと月に誓う、そんなコントラストがよく描かれていました。

アニメ語りというより原作語りですが、日本編の黒木くんの役割としてはこの漫画のドラマ性とリアリティを深めるものだと思っています。ただの失恋キャラじゃないんですよ!(断言)
1. のだめの可愛さ(黙っていれば)の証明
2. 千秋はオレ様だけではない
3. 奏者の精神的なコンディションは演奏を大きく左右する
4. つらい経験もやがて糧になる

とは言え、原作に日本編では黒木くんは、好きなキャラ一人という位置づけでした。これだけ黒木くんにはまったのはパリ編の「コンセルヴァトワールでの叫び」がきっかけです。ドラマはキャストが難しいでしょうから、アニメでは是非やって欲しいですね。

声優の松風さんも後半の見せ場をアニメ化して欲しいとアニメの公式サイトでコメントされてますし、是非「恵ちゃ~ん!」が聞きたいですよね。♪

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss, オーボエ, アニメ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/105-3ce95e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。