のだめカンタービレ: アニメ感想 Lesson 18

ここでは、「のだめカンタービレ: アニメ感想 Lesson 18」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと見れました!黒木くん@ピンクのモーツアルトの巻!ってちょっと違う。。(笑)
出張中の一番の心残りと言えば、大学編で一番好きなこの回をリアルタイムで見られないことでしたから。。見てしまえば録画でも一緒なんですが、リアルで見ると電波が濃い感じがするんで。(怪)で、今日は3回見ましたが、感想を書き終えたらドラマと比較してみようと思います。

と、いう訳で世界中の黒木ファンが心待ちにしていた(笑)今回のアニメLesson18は、原作の雰囲気をしっかり伝えてくれました。R☆Sの音楽が一つにまとまる中、黒木くんのオーボエがつややかに響く様は美しかったです。

今回の感想はいつもより更に黒木寄りなので、「のだめカンタービレは好きだけど、くろきんはべつに~」って方、気をつけてください。Kiss本誌のネタ振りもありますので、コミックス派の方もご注意ください。黒木好きの同志の方、熱烈大歓迎!ってな事で、宜しければ続きをどうぞ。(笑)
鬼千秋、あらわる
ちょうど出たばかりの本編で、のだめが白目むいて千秋の物まねをしていたのを思い出してぷっと吹き出してしまいました。相変わらずリハの時はオケが動きませんね。(^^;ヴィオラはちょっと動いてましたっけ。千秋のヴァイオリンをしっかり聞かせてくれたので許します。

休憩時間の間、鬼千秋初体験のメンバーがどよんでいる中、(笑)約二名だけが負けていません。押コンの結果が残念で、ここで取り返そうとしているからでしょうか。開き直った清良と、暗くて冷静な黒木がいい味出してます。武士な黒木に似合う甘さを抑えた声、凛々しくてばっちりはまってます。バックミュージックは尺八?でしたね。^^

命名、R☆Sオーケストラ
そしてR☆Sのチラシですよ、奥様!(笑)ドラマではこのまま実写化されましたが、それだけ中身が濃い訳で、それぞれについたやや陳腐なキャッチコピーもはまります。二ノ宮さん細部へのこだわりが勝因ですよ。黒木の「サーカスのチラシか!?派手」の声がまた良かった。はぅ~ん。(ばかです)そして峰のアホさかげんも花を添えます。(笑)

千秋の苦悩
マンフレッドやブラームスの苦悩と重なる千秋の不安と苦しみ。本編で読んだ時はさほど気に留めなかったのですが、悪夢を見ながら自分の弱さを受け入れ、心の扉を開こうとしている千秋は、解決にもう一歩というところまで来ているようです。のだめの催眠術で治るなんて出来過ぎ、と思っていましたがここまでは自力で来たと考えると納得できます。

で、二回目のリハは更に手抜きで絵どころか音もBGMっぽい印象。千秋の苦悩とモノローグが目立てば良いという事か?本番に出し惜しんでるのか?
そして本編つながりで見ると、けんかしながら仲の良い峰と清良が微笑ましい。ついでに「一番星がライジング」も聞けて嬉しいです。そして、生で聞く(笑)「オレ様の音楽を聴け!!」ににんまりです。^^

黒木泰則、いざ出陣!
そしてコンサート本番です。ほぼ黒木しか見てない私はチューニングからにっこにこ。^^
マンフレッド序曲では宇宙をバックに佐久間さんのモノローグが響きます。音楽をうまく使って、若さの迫力や響きの美しさを描いていましたね。
そして1曲終わってステージ裏では、峰のあだな「くろきん」が発表になります。個人的にはフラットな発音の「くろ・きん」だと思っていたので、イントネーションが下がる「くろき・ん」に少し意外な印象。でも峰だから、(笑)単純に「くろき」+「ん」な発音なんだろうと思い妙に納得。

すずらんは散り、花びらが舞う
それにしても千秋の「行こうか」、黒木の「うん」とほほを染める二人が絵になる~!弦も多めに動いてくれてサービスしてくれているし、心に響くような黒木くんの声。声優さん、演技力ありますね!前奏が終わりかけ、オーボエを口にくわえる直前の斜め顔が超可愛い。千秋との視線の合わせ方は、もう反則ですよ!(壊)
ピンクの花びらが舞い、オケのみんなもピンクに染まる。オーボエのキーは滑らかに動き、艶やかな響きはイメージぴったりです。花びらは客席に届いて、のだめばかりか、大川センセまでピンクに染まる。いや、もう聴いている私までピンクに染まっちゃいましたよ。(爆)
モーツアルトの協奏曲はたっぷり聴かせてもらうし、広い背中や横顔、立ち姿などいろんな角度から黒木を満喫させていただきました。ありがたいことです。その上休憩中は、観客がオーボエを誉めまくるの聞き、顔が笑ってしまいます。至福の時です。(笑)

そしてブラームスへ
えと、一応千秋で言いますと、指揮台に登った千秋の後姿が一番カッコ良かったです。その口やめろはコミックスではインパクトあったのですが、アニメだとイマイチ判りにくかったかな?構図などもほぼ本編に沿った今回、コミックスと違うと思ったのはTVで催眠療法に挑戦中のNさんは過食だけでなく大酒飲みが加わったのと髪型が違うので、二ノ宮さんがヘアスタイル変えたのかもしれませんね。(笑)考えすぎかもしれませんが。。

次回はブラームスの交響曲をたっぷり聞けるのが楽しみ。その後一気に北海道まで行きますかね?大学編最大の山場、楽しみにしたいと思ってます。

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss, オーボエ, ドラマ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/108-45e1f461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。