キャンドルナイトに思うこと・願うこと

ここでは、「キャンドルナイトに思うこと・願うこと」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週末は夏至、ということでキャンドル・ナイトだったのですが、ご存知でしたか?イルミネーションや家の電気を消して温暖化に貢献するというより、電気にそれほど頼らなくて良いことを気づこう、という運動です。コンビニも参加すれば良いのに!とも思いますが、まずは自分でできることを考えなければ。。
金曜は職場の引越しだったので、職場の電気は早めに消すことができましたが、家では残念ながらろうそくで暮らすことができませんでした。せめて使わない部屋の電気をマメに消しながら、別に夏至でなくてもいつもやればいいことと改めて気づきました。
環境のため!とか肩肘張らずに、出来る時に、出来る事をやって行きたいものです。
http://www.candle-night.org/

最近はブログを読んでくださる方が増え、どうしよう!と焦ってみたり、のだめ関係を追いかけるのに精一杯だったりしています。(^^;のだめとクラシック以外は興味ないかな?と他の話題がなかなか書けなかったのですが、あまり気にせず、マイペースで行こうと思います。

実は仕事は6月がピークのはずが、7月まで続くことなりお疲れもピーク。そんな中で、妄想だけ広がっている管理人です。週末になると微熱が出る、というのはあまり良い状況ではありませんよね。(^^;

気分転換に是非行きたいところ、聞きたいものをリストアップしてみました。メジャーとマイナーの混ざり具合が自分らしいと妙に納得してしまったセレクションは続きからどうぞ。
見に行きたいものリスト:

映画「魔笛」 7月14日~
新しくオープンした金聖響さんの公式サイトで映画のニュースを教えてもらいました。オペラには興味があり、特に「魔笛」はまず押さえておきたかったですが、本場から来る公演は現代的にアレンジされていることも多く、初心者としては気後れしてしまいます。(お値段にもね。^^;)まずは映画で、オーソドックスなバージョンを観てみるというのは、ナイスです。上演館も多くないので、見逃さないようにしなくては。
魔笛のウェブサイトhttp://mateki.jp/
金聖響公式サイト http://www.seikyokim.com/

モネ 大回顧展@新国立美術館 ~7月2日
皆さんは超メジャーな新国立の開館記念展にいかれました?モネはずいぶん前にパリのオランジェリー美術館の睡蓮の間でぼーっとして至福の時間を過ごしたことがあります。行くならなるべく人のいなそうな、終わり際に行こう、と思っていたら残すところ、わずかになってしまいました。(^^;

公式ページによると8時まで開いている木曜と金曜の夜がお勧めとのこと。東京ミッドタウンも覗いてみようなどと思うとますます行けないので、とにかく美展だけでの行かなくては。あと一週間、行けるか?自分(笑)
http://monet2007.jp/

マヤ・インカ・アステカ展@国立科学博物館 7月14日~9月24日
連動しているNHKの番組は見てないんですけど、子供の頃から中南米の文明にすごく興味があります。メキシコを旅行したとき、ウシュマル遺跡の魔法使いのピラミッドに登り、古代の人々に思いを馳せたことは一番の思い出です。9月までやっているから安心、なんて思ってはいけませんね。それしてもマニアックな好みです。。(^^;
http://www.3bunmei.jp/#special

聴くものリスト:
衣替えではありませんが、半年に一度ほどCDと本をまとめて注文してしまいます。小口で頼めばすぐ届くのに、多いと届くのは忘れた頃。(^^;今回は宮本さんのオーボエ関係、オタクなコミックス、仕事に関係あるのか??という本など。そのなかで自分の中でホットなものは。。

KOBUDO -古武道-のデビューアルバム。
尺八・チェロ・ピアノってどんなんだ?と思うでしょうが、ユニットの名前は3人の名前から一文字ずつとったそうです。奇をてらったユニット?と思ったアナタ、参加者の顔ぶれを見てみてください。ほら、興味が沸いて来たでしょ?(笑)黒木ネタじゃね?と思ったあなた、ご明察!全然関係ないんですけど、尺八聴いて、武士のオーボエを想うことにします。(やっぱりこれかい)

公式サイトからミニライブ映像も見られます。古川さんのチェロが色っぽくて素敵ですよ。^^6月は全国ツアーもあり、ライブで聴きたかったんですが、チケットは取れずということで5月に出たCDを聞くのが楽しみです。

藤原道山(尺八)
古川展生(チェロ)
妹尾 武(ピアノ)
http://columbia.jp/artist-info/kobudo/

関連タグ : 黒木, オーボエ, のだめ,

コメント
この記事へのコメント
今年のキャンドルナイトでは、東京タワー等のイルミネーションが消灯されました等報道は見ましたが、事前のパブリシティは昨年のほうが盛んだった気がします。(^^;そういう自分の記事もぎりぎりアップでしたが。。冷房に弱いせいもあり、夏の省エネには率先して協力したいと思っています。(笑)

「魔笛」には好きな曲は沢山あるのに、CDではなかなか聴き通せないので、映画で全体像を掴んで、ストーリーと一緒に歌詞も理解したいなと思ってます。時代背景などにひねりはありますが、キャストの歌は正統派な感じがするので期待しています。ベルイマンの映画も見てみたいです!そしていつかオペラの舞台も。。^^
2007/07/02(月) 00:21 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
1週間遅れのコメントで恐縮です。
「百万人のキャンドルナイト」の催し、知りませんでした。
(カミさんは知っていたんですが・・・・。)
省エネは、夏至と言わず、毎日実行しましょうね!

ところで、「魔笛」の映画は、私としてはやはりオペラそのものを視聴したいので、1975年にスウェーデンのベルイマン監督が北欧の美男美女の歌手を起用して作った映画に止めを刺します。幸い紀伊国屋でDVDを出してくれていますので、今回の新作と是非見比べて下さい。
2007/07/01(日) 23:04 | URL | nomomania #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/117-921abfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。