宝塚の新作発表:青池保子の「エル・アルコン-鷹-」

ここでは、「宝塚の新作発表:青池保子の「エル・アルコン-鷹-」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表になったのは7月18日ということなので、知っている人はすでに知っているニュースですが、管理人は今日見つけたのでお許しを。(^^;
最近自分のオタク度を妙に自覚することが多く、開き直っております。今回も偏った趣味全開で行ってみます!

 最近は宝塚歌劇には全くのご無沙汰なのですが、学生時代は大ファンの友人と見に行ったり楽屋口に並ぶのにつき合ったりしたものです。ベルばらがありなら、同じ漫画原作の歴史もの、エル・アルコンも全然ありでしょう。^^

今回の宝塚の舞台は「エル・アルコン-鷹-」と「七つの海七つの空」をミュージカル化したとのこと。音楽スタッフにはアニメ映画「ゲド戦記」などの音楽で知られる寺嶋民哉氏が参加しており、クオリティも期待できます。宝塚HPのエル・アルコン特設ページではテーマソングも聞けます。

青池作品にまつわるオタク的独り言ですが、ご興味がありましたらつづきからどうぞ。
記事のネタにもよく「エロイカ」が出てくるのでお分かりのように、青池保子さんの作品は大好きなんです。たくさんいるキャラクターの中でもエーベルバッハ少佐と彼のご先祖にあたるティリアン・パーシモンを大のひいきにしています。エル・アルコンにはティリアンのほか、エロイカのご先祖のルミナス・レッド・ベネディクトも出てきており、ご先祖様の代からライバルだったわけです。どうでも良いことですが、宝塚HPではルミナスの苗字がドレイクになってますが、設定違い?誤植?(笑)

この漫画は青池作品の中では短い作品で、「イブの息子たち」「エロイカより愛を込めて」、「アルカサルー王城―」、「修道士ファルコ」などに比べると知られていないかもしれませんが、作品としての完成度は高く、なによりキャラクターが脇も含め非常に練れています。ティリアンがおかっぱ頭の少年から青年に成長するまで、時代考証もしっかり描かれており、ほぼド・シリアス。この流れで「アルカサル」に進んだのかと想像したりします。

「イブ・・」や「エロイカ」のぶっとんだギャグセンスも好きなのですが、「エル・アルコン」の破滅に向かう男の野望にもうっとりしてしまいます。ティリアンは氷のように冷たい裏切り者でありながら、情熱を秘めているまさに”ダーティー・ヒーロー”。子孫の少佐とは違い、女性に惹かれたり利用したり、まさに憎い男。ルミナスは理想論を振り回す青二才に見えます。ネタばれしてはいけませんが、今回からむ女海賊ギルダ・ラヴァンヌも男前の女性でカッコいいんです。

青池ファンの中ではティリアンの人気は高く、青池保子の公式キャラブックの人気投票ではぶっちぎりの一位がエーベルバッハ少佐、二位はエロイカことグローリア伯爵と順当。ところで三位と四はそれぞれボロボロンテとジェイムズくん(爆)、ティリアンは七位に入っています。

ティリアンを演じる安蘭は「宝塚の主演には珍しい悪役。青池先生の劇画のイメージを崩すことのないよう、寺嶋先生の主題歌のように美しく情熱的な悪の美学を追究していきたい」と熱く抱負をかたり。また、仏女海賊ギルダ役の遠野は「大人の女性の魅力をどのように演じられるか挑戦したい」とのこと。

ティリアンに会えるなら、是非観に行きたいです~!
ついでに青池センセ、公式HP更新してください~!(笑)

宝塚歌劇団星組公演 エル・アルコンー鷹ー
●宝塚大劇場:2007年11月2日(金)~12月15日(土)
<一般前売:2007年9月29日(土)>
●東京宝塚劇場:2008年1月2日(水)~2月11日(月)予定
<一般前売:2007年11月25日(日)予定>

宝塚歌劇団 エル・アルコンー鷹ー 特設コンテンツトップページ
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/37/special/index.html

原作の紹介から作者青池保子さんのプロフィールまで内容てんこもり。
原作立ち読みコーナーも準備中とのこと。

関連タグ : 青池, エル・アルコン, 少佐,

コメント
この記事へのコメント
はーもに~♪様

いらっしゃいませ&反応ありがとうございました!やっと懸案だった青池ネタで記事が一本かけました。(笑)

>ああ 紫の柿!
分かってくれますか!うう、同志だ。。(感涙)
ティリアンはあまりにシリアスで、作者もパロディに使っていますが、あの硬質のキャラには得がたい魅力があります。少佐もカボチャ*とか言わずに先祖を大事にしてやって欲しいですよね。(*ティリアンの肖像画のこと)

昔、宝塚に付き合った友人は入団を果たし、彼女が所属している間はよく見に行きました。最近は全然ご無沙汰なので、この公演には久しぶりに行ってみようと思います。
2007/08/13(月) 01:17 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
おお!そりは本当ですか!
ティリアン・パーシモン…ああ 紫の柿! m(;∇;)m感涙…

ダーティーだけど、美学があって、乙女心の深~い所をくすぐるんですよねぇ…

宝塚、昔、お友達に付き合ってよく宝塚を観にいったものです。 大浦みずき(ナツメ)さん、という方がダンスがとても上手でスキだったな。
久々に行ってみようかしら^^
2007/08/13(月) 00:10 | URL | はーもに~♪ #N2s76zxo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/127-c0b95078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。