セレブのチョイス?白金のレストラン・ゾーン

ここでは、「セレブのチョイス?白金のレストラン・ゾーン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食いしん坊な管理人は、小さい頃からレストランに出かけるのが楽しみで、夢見心地でメニューを見ながら迷っていたそうです。今もその頃から進歩なく、どのレストランに行こうかウエブサイトを見て迷うのが楽しみです。

先日のオケージョンは昔からの友人とそのだんな様のおもてなし。秋にはベビー誕生と幸せ一杯の新婚さんのお祝いの会なのですが、お医者様からカロリーコントロールを言い渡されたと友達は少し寂しそう。せっかくのディナーなのにカロリーを気にするのは可哀そうと、美味しくてヘルシーなお店を探すことにしました。そこで今回はハリウッド・セレブの選ぶ料理法を取り入れている白金のレストラン、ZONEを試してみることにしました。

美味しくって低カロリーのディナーが本当にあるんだ!と驚いたゾーンの感想はつづきからどうぞ。
ゾーンは白金高輪の駅からすぐ、おしゃれで落ち着いた街並みの中にある高級マンションらしき建物の一階にあります。お店の雰囲気はカジュアルで解放感のある、大人向けのレストランという印象。天井が高く、昼間ならさらに明るいのだろうと想像します。

こちらのお料理はフレンチイタリアン・フュージョンで、炭水化物・タンパク質・脂質を4:3:3の比率に抑えて摂る事が最大のポイント。なんでもスポーツ分野のダイエット理論を取り入れた料理法がハリウッドのセレブに人気なのだそうです。山岸シェフはフランス料理とイタリア料理でも資格をもつフュージョン料理の第一人者との事で、味やプレゼンテーションにも心配はなし。さらに、材料の野菜などにも朝取りの野菜を取り入れ、魚は天然ものが中心などトレーサビリティにも気を配っており、期待が持てます。

ディナーのコースメニューは490kcalからありますが、今回オーダーしたのは以下のコース。これで705キロカロリーなんて信じられません!^^

・アミューズブーシュ
・ウニの冷製オードブル
・江戸前穴子の夏野菜添え
・有機とうもろこしのスープ
・イサキのグリエ
・鳥の2色アスパラ巻き
・スイカのグラニテ
・牛フィレのロースト、ポルチーニ添え
・ゾーンパン ウーロン茶とクルミ
・ソルベとフルーツのデザート

アミューズはカクテルグラスに入ったカリフラワーのムースにコラーゲン入りジュレ。しっかりした味とふわっと軽い食感を楽しめます。

オードブルにはとげとげの殻にウニがどんと乗っかっています。とろっとしたウニと、中に添えられたエビ、プチっとした大麦、細かく切ったズッキーニや赤ピーマンのさわやかな食感のハーモニーが食欲を誘います。

パンはウーロン茶の風味のとクルミが入っているものを一つづつ。さすがにバターもオリーブオイルも添えられませんでしたが、噛みごたえがある独特の食感があります。4・3・3の比率の材料比率はパンにも取り入れられており、満腹感を与える秘密がありそうです。

季節の一品は江戸前穴子の夏野菜添え。さっと表面をあぶったような穴子をバルサミコのソースとチェリートマトが引き立てます。野菜は朝取りらしく、しっかり季節の風味を味わえます。また、トウモロコシの冷製スープでも甘い旬の味覚を楽しみました。

鳥の肉巻きは蒸し焼き風ですが、巻かれたホワイトアスパラとグリーンアスパラにもしっかり味が染みていて満足感を加えます。付け合わせのキクラゲやインゲンを食べてゆくと。イサキのグリエにはあっさりしたソースと泡立てたポタージュのソースが添えられ、色とりどりの野菜に彩られて登場。通常のバターソースのお皿の何分の一かのカロリーに抑えられていることでしょう。

口直しのスイカのジュレがデザート?と思うほどおなかも一杯になったころ、味覚を切り替えたあとはメインの牛フィレ。さっと表面に火を通しただけのお肉は柔らかく、赤ワインのソースとポルチーニが良く合います。爽やかな食感のエンドウやカブと交互に食べれば大満足。

デザートはカシスのソルベとイチジク、マスカット、各種ベリー。イチジクが瑞々しくて、いろんな果物の自然な甘みで別腹も満足です。

一つ一つのお皿はヌーベル・フレンチやヘルシー系北イタリアレストランに出てきそうな爽やかなお料理。それぞれのお皿のボリュームも結構あり、味つけのバリエーションでも楽しめました。食いしん坊の管理人も、ダイエット指令中の友達も、ダイエットとは無縁のだんな様もそれぞれ満足できる夜となりました。^^)v

もちろん、揚げ物やチーズ、バター、肉の脂身などはなく、味付けもオリーブオイルやハーブが中心ですが、オイル、塩、砂糖にも気を使っているだけに材料の味を良く引き立てていました。また、美味しくて味のしっかりした野菜が、それぞれのお皿でお肉やお魚を効果的に引き立ているところに技があるのだと思います。メイン材料の良さはうんちくを聞かずとも食べて分かります。

ダイエットや食事療法をしている人だけでなく、ちょっと体が重いけどおいしいものが食べたい日にもお勧めの、レストラン・ゾーンの体験でした。

http://www.433.co.jp/index.html
ゾーンのHPはこちら。お料理教室も開催しているそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/131-9927f4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。