のだめカンタービレ Kiss 感想Lesson 114

ここでは、「のだめカンタービレ Kiss 感想Lesson 114」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日はKissの発売日。待ちきれなくてレジで並んでいる間に雑誌をぱらっと見たのが運のつきでした。そういう時に限って、一番衝撃的なページを開いてしまうものです。(^^;

そう、今回はp87の右上のコマですよ!心拍数上昇、鼓動音量増大、瞳孔拡大、目は潤む、耳は霞む、足もとはふらつく。。と言うのはオーバーですが、黒木くんのセリフにガツンと衝撃を受けました。

冷静になって、始めから読んでみると、恐れているほどの衝撃的な展開ではなかったのですが、のっけから二ノ宮所長にやられた気分です。

今回もまた読者がオン・ザ・手の平な二ノ宮ワールドでした。ページは薄いけど中身は濃いLesson 114の感想は続きからどうぞ。
今回は注目のカントナ・国際コンクール、三木清良ファイナルでの出陣です!
良く考えると、この山場に主役の二人は客席にいるんですよね。主役が参加していないコンクールを細かく描き、興味をそらさない二ノ宮さんは物語を積み上げる力だけでなく、それを支える脇キャラ作りも凄いと思います。パリ編のメインキャラが並んで客席に座っている姿を見て、不思議な感銘を受けました。

清良は眼もとに意志の強さが表れて、立ち姿が美しいですね。精一杯の演奏ができた様子で客席も満足、審査員も納得しているようです。涙どころかハナまで流しそうな勢いの峰は、感慨深そうで、きりりとした眼差しで恋人を見つめます。その姿をみて、今まで努力が足りなかった事を悔いるターニャ。ちなみに所長の公式ブログによれば、「今更悩んだって仕方がない」は「今更悔やんだって仕方がない」の間違いだったそうです。今回もありましたね、間違い探し。(^^;

場面変わって休憩時間。パリレギュラー陣が集まり、それぞれ自分のコンクールについて思いを馳せます。ターニャは、チャンスがある間に掴む事ができなかった自分を清良と峰の努力と犠牲と比べ、結果を受け入れる用意ができたようです。黒木くんはそんな諦めムードに落ち着くのを避けようと、自分は過去に失敗したけれど、またコンクールに挑戦すると宣言します。でも残念ながら、「次」がある人ばかりではありませんでした。

ターニャが援助を受けられるのは卒業まで。その後は生活費も住居もないということは、事実上パリに居られないということです。ユンロンも多分同じ状況なのでしょう。割り切ったかのように見えるターニャに黒木が例の爆弾発言をするわけです。
「生活くらい  ぼくん家(ち)ですればいいだろ!?」
えぇ~!!黒木くん、ひょっとして、それはターニャに一緒に住もうって誘ってる!?

焦りまくるのは読み手だけではなく、日本人三人組は本人も含め凍り付き、パリの三人組はどん引きに引きまくります。

プロポーズ?愛の告白?って突っ込む皆に向かって「そうじゃなくて!!住むトコなんてどこでもいいんじゃないかって」と赤くなりながらも言い訳する黒木に、とりあえず告白じゃないということで。。ほっとした管理人です。(笑)

でもターニャは「パリに残る事」や「好きな相手の近くにいる事」より大切な事があったようです。「付き合ってもいないのに」、黒木が好きで一緒にいたいのじゃなくて、同情と思いつきで申し出た事が悔しくて怒って立ち去ります。それにしても、出た言葉は思いっきりバカの連発。「バッカじゃないの!?、バーカ バーカ、ホント バカ!」って、駄々っ子か。。(^^;それにしても、バカ認定されて青ざめる黒木の白目具合がなんとも言えません。(ひどっ!)

多分正統派のだめファンは、のだめと千秋がデジャブで何を思ったのかが一番気になることでしょう。私はコンクール敗退後というシチュもあり、千秋が一緒にヨーロッパに行こうと誘い、のだめが断った事を思い出したのかと初めは想像したのですが。ただ、のだめだったらこんな時「同情するなら金をくれ、デスよ!」とか言いそうなので、そうすると見当違いのボヘキスですか?千秋の「言うな」というリアクションからは後者かな?とも思います。

全く正統派ファンではない私は、この後の展開の方に興味が移ってしまうのですが、黒木が自分の気持ちに気付いて。。というハグ@大川パターンか、ターニャが素直になってうまく行くという昇天@楽屋パターンのいずれですかね。デジャブのパターンはどちらなんでしょう?(そこかい)いずれにせよ、黒木とターニャの絡んだ糸は近いうちに何らかの解決に至ることでしょう。先がたのしみですね。(棒読み)

そういえばこの日のメインはヴァイオリン部門の結果発表。こそこそしている峰にサプライズで抱きつく清良が可愛いです。「なんちてー☆」と満面の笑顔で抱きつく清良に峰に会いたかった気持ちが表れていて、嬉しくなります。結果がどう出ても、と言えるほど力を出し尽くした清良は潔くてカッコ良いすが、それを優しく受け入れる峰も男前ですよね。

ひそかに楽しみにしていたゆーとくんは相変わらずの雰囲気を醸しながら、のだめとはすれ違い。演奏の評判は良かったようですが、つぎに会えるチャンスはファイナルの結果は発表なのでしょうか?ゆーとくんをなぜここまで引っ張るのか、謎です。

また、のだめはコンクールのファイナルでコンチェルトを弾くのが目標みたいですが、それってなにか変?と周りも思っています。センパイの指揮でコンチェルトが弾ければ、それで満足なのか?卒業後は何にもなしになるのは、のだめも同じなのですが、分かっているのだろうか?オクレール先生を呼んで来て、もちょっと教えてもらいましょう。(^^;それでだめならハリセンで。。(オイ)

今週の黒木くん

今回ずっと口角がとんがっていましたね。そして、いつもより積極的だけど、冷静さに欠けてました。ターニャの当て逃げにあって以来、どこか余裕のない黒木くんです。

コンクールに出るよ!宣言する黒木くんもカッコ良いけど、「そうじゃなくて!!」と力説する黒木くんの勢いに流されたい管理人です。私がターニャならとりあえず転がり込むかも。(うそ、うそ。。)

次回の大穴予想

流れで言うとピアノのファイナルですが、待ちに待った?ゆーとくんとの絡みでしょうか?実はRuiが出場していて、優勝をさらうとか?(笑)

ヴァイオリンの結果と清良の帰国は端折ってさらりと流れる予感がします。どうせならR☆Sで高橋くんとのバトルもみたいものです。

個人的な希望としては、マルレでの千秋と黒木の本音トークなのですが、期待しないで待ってます。(^^;

もちろんターニャとの展開もありますが、どうでしょうねぇ?別に、くっつくのが嫌な訳じゃないんですが、二ノ宮さんの事だから、「自分の気持ちにようやく気がついた!実は僕は君の事が!」「ヤス!」ひしっ、ってな少女漫画的展開は想像できないんですよ。少女漫画だという事を完全に忘れている管理人です。(爆)

関連タグ : 黒木, のだめ, Kiss,

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
トールポピー様はミネキヨのお話を書いておられるんですね!

いつも気が張っている清良が峰の前で見せる素直でかわいい姿と、ちょっと無理しながら気丈にがんばる峰の組み合わせは見ているだけで楽しいです。
本編でも、二人のその後をもっと見えることを期待しています。
ミネキヨ度どころかチアノダ度も低いサイトですが、(約一名をエコひいきしている他は)どのキャラも大好きです。
よろしければまた遊びに来てください!
2008/05/26(月) 22:32 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
はじめまして!こんばんは!チアノダとミネキヨ大好きです。
清良が峰の背後から抱き着くシーン。大好きです。
2008/05/25(日) 21:49 | URL | トールポピー #SGBmgflQ[ 編集]
はーもに~♪様、

試聴でしか聞いていなかったので,youtubeで不思議な世界に連れて行ってもらいました。現代的というか、漂うような音が印象的ですね。

ベルクの背景は一応調べたのですが、カンタータの方はまだ行ってなかったので、教えて頂き嬉しかったです。ドイツ語は分からないので、英語の歌詞がありがたいです。^^

ところで今回はパラ見の衝撃があまりに大きくて、ちょっと麻痺していましたが、バカ連発でサンドバックになった黒木のその後は。。?真面目だから、きっと考えを煮詰めてもう一度言いに行ったりするんだろうな。家賃分ご飯作ってくれとか、負担にならない方法を考えたりして。ばかだから。。私なら絶対に行くのに!(爆)

デジャブなシーン3案目はポンヌフのとび蹴りですが、それだとすぐに仲直りするから違うか!(そこかい)

休載がつづくとコミックスだけが楽しみですが、書き下ろし、楽しみですよね。確かに里麻ちゃんのおねだり日記とか面白そう。高橋くんと清良のバトルもありそうですね。

楽しみにしていましょう!




2007/09/27(木) 00:30 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
今回は、最初に例のコマだけを見てしまったので、それこそ「いきなり、告白ですかい!?」と心臓が止まりそうでしたが、そこまでではなくとりあえず、ほっ。

とはいえ、今後どうするんだ黒木!?
こういう経験の先輩でもあり千秋に相談してくれ!
(そこかい)と一人で突っ込んでおります。。
ひと月半も間があくと、また妄想が広がりそう。。(笑)

ところで、清良の曲は書いた時点では試聴で、不思議な雰囲気の曲だという事しか分らず、調べるのに時間がかかりそうだったので、今回は曲の説明をスルーしてしまいました。

ベルクは比較的新しい為か、著作権の問題があり、この曲はクラシックアーカイブには入っていませんでした。残念ん。普段はwikipediaなどに行って、曲の背景をさらって、アーカイブの「COMPOSERS」から作曲家の苗字で検索すればすんなり探せますよ。ほぼ英語ですが、曲名はイタリア語やドイツ語などオリジナル言語なので、作品番号が分かれば、それをページ検索すれば完璧です。

なつさんのレビューも楽しく読ませていただきました。
今後ともよろしくお願いします~。


2007/09/27(木) 00:08 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
いやぁ、黒木君には驚かされましたぁ(^^ゞ
そしてこのシーンを、ろめいんしゃまが、どんな顔して読んでるのかと思うと、もう楽しくて(こら!)

ベルクのVn協奏曲、YouTubeで聴き(観)ました。
http://www.youtube.com/watch?v=LtMAz70lFX8&mode=related&search=
なんといおうか奇奇怪怪 摩訶不思議な曲で…12音技法というんだそうですが、聴きこめば、私にも良さがわかるようになるのかなぁ?^_^;  この曲に流用されているバッハのカンタータNo.60は、CD持ってるのですが、雰囲気が全然ちがいますね。でも、この旋律がでてくるとほっとして、確かに胸にしみますデスよ。
カンタータNO.60の解説はこちらに
http://www.kantate.info/60.htm
歌詞(ドイツ語)と英訳はこちらに
http://www.emmanuelmusic.org/notes_trans/transl_cantata/bwv060.htm
演奏シーン、この曲の不思議な雰囲気だけでなく、清良たんが、協奏曲の背景も、コラールの意味も、(何故作曲者がこのカンタータを使ったのかを)知った上で、これまでの全てを出しきって演奏している姿が伝わってきて、すごいなと思いました。 

デジャブなシーン、諸説あるようですね。
私は…のだめちゃんがコンクルに落ちて、留学資金も無く、演奏家としての自信とプライドも傷ついていたときに、のだめちゃんを好きでもなんともない(と本人達は思ってる)真一くんが、このピアノを捨て置くわけにはいかないと「いっしょに留学しよう」って誘い、のだめちゃんの反感を買った、あのシーンに1ヤキトリ^m^
でも、所長って、登場人物の心情を書き込まない方なので、解釈が読む人それぞれで異なるから、「のだめ」について語りたくなっちゃうんでしょうね…「どこかで見たシーン」ってだけで、人によって違うのも面白いね^m^

19巻のコマ漫画、青緑百句あるといいですね(いいのか?)
私は、4コマで里麻ちゃんに里麻語録をブイブイぶっ飛ばして欲しいにゃ。
あと、萌ちゃん&沙悟浄情報もあると嬉しいな♡
次回まで長いけど、いい子にして待つッス。
ではでは、また!
2007/09/26(水) 22:34 | URL | はーもに~♪ #CFBCjnlI[ 編集]
ろめいんさん、こんばんは。Lesson114、ワタシも楽しくよみました、、、。
今回はなんと言っても黒木くんのあの発言ですよね~
もう、黒木くんってば、、、って、わたしの黒木くん株、ますます大上昇(笑)

ターニャと黒木くん、、、今後どうなるのか、、、多分くっつくんだろうケド、わたしも、少女漫画的な展開はそうぞうできません、、、。

字数の関係で自分のとこには書かなかったけど、ゆーとくんがやたら出てくるのも、気になりマス


こんな時に、2回休み、、、ぎゃぼーんデス、、、。

のだめの「どこかで見たシーン」は、わたしは「一緒にヨーロッパに行かないか」のシーンだと思ったんですが、なるほど、あの、見当違いのぼへキス、、、とも取れますね。

>個人的な希望としては、マルレでの千秋と黒木の本音トークなのですが、期待しないで待ってます。(^^;

これ、ワタシも希望です、、、、(笑)

ところで、ろめいんさんは、清良ちゃんの、ファイナルの曲、
聴きましたか??教えていただいた、クラッシックアーカイブで聴こうと思ったんですが、あれって、英語ですよね。
英語のサイトで、自分の聴きたい曲をすんなり探すコツって何か、ありますか??あったら教えてください。おねがします、、、、。

あ、よろしければ、わたしのレビューもどうぞ。。。
2007/09/26(水) 21:55 | URL | なつ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/138-7127e7da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。