NYレポートその1:夜風に吹かれたロウアー・マンハッタン

ここでは、「NYレポートその1:夜風に吹かれたロウアー・マンハッタン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の初めまで暖かかったNYに、寒気を連れて行ったのは私かもしれません。(^^;
到着した10月下旬はすっかり肌寒くなっており、薄手のコートやウールのストールが重宝しました。

ずっと以前は長期出張でNYに来る事が多かったのですが、最近は缶詰かトンボ返りばかりでゆっくり時間を過ごせるのは久しぶりです。

直前までの追い込みが忙しかった分、出張中は合間にすっかり気分転換させてもらいました。思いがけない秋休みになった約一週間の、前半は夜風で頭を冷やしながらひたすら歩きました。秋夜の散歩については続きからどうぞ。

P2007_1024_212549.jpg

到着した早々、地方から集まったローカルスタッフとすっかり打ち解け、彼らの夕食と観光に同行することになりました。NYに来たのは何度目か分かりませんが、いつも一人の出張だったので、こういった観光は初めてです。(笑)ロックフェラーセンターの屋上で夜景を楽しみ、アイススケートリンクの前で記念写真を撮り、風が冷たいとはしゃぎながら団体でおのぼりさん気分を楽しみました。こういうのは大勢だと盛り上がりますよね。^^

翌日ひと仕事終えた後は日本人スタッフからの居酒屋への誘いを振り切って、一人で静かな時間です。時差ボケ対策だとミッドタウンから5番街、ブロードウェイと歩けばそのうちソーホーに到着します。ディーン&デルーカやユニクロをちらりと見つつ、アメリカにしかないブランドのオータムセールをチェックするとこちらの住民になった気分です。アメコミと日本アニメの専門店にはアメリカのオタクが集い、”anime”はすっかり英語になっており、アキバ的世界の広がりに感心しました。ハロウィーンの仮装専門店ではパイレーツの本格的なコスチュームが人気で、店頭はハロウィーンパーティー状態で盛り上がっています。(^^;

そこからカナルストリートを通って、絵のようなブルックリン橋を横目に見てさらに歩けば、いつのまにかロウアー・マンハッタン。ここまで来たのならというか、無意識に決めていた今夜の最終目的地はグランド・ゼロ。911のテロ事件以来初め足を踏み入れるこのエリアに近づくにつれ、あるはずのない旧WTCを空に探してしまいます。目指す建物が存在しないという逆説に改めて喪失感を強くしながら進むと、まるで案内された様にたどり着いたのはピカピカに新しいビルの谷間に広がる、遺跡の採掘所のようにも見える巨大な工事現場でした。


groundzero.jpg



911の映像を何度見ても、マンハッタンの空の景色を象徴するようにそびえ立つツインタワーが無くなってしまった事は信じられませんでした。毎日何万人もの人が行きかっていた旧WTCのツインタワーが、地面にぽっかり空いた穴になってしまったことは知識では理解して、更に現場に立っても、にわかには現実感がわきません。眼の前にあるのは新WTCを初めとする新しい高層ビルと昔ながらの建築の谷間に、コンクリートで固められ、照明で照らされた大規模な建設現場です。跡地というより、新しい開発地といった趣の現場周辺を一周回っても、複雑な思いの置き場所が見つかりません。

マンハッタンのスカイラインが戻ってこないように、犠牲になった方たちとその家族、友人、同僚の気持ちもテロの前に戻る事はありません。遠くの国に住む私でさえ、あの事件で犠牲になった方や、危うく犠牲になったかも知れない方など、間接的な知り合いが何人かいるのですから、親しい方が巻き込まれ、悲しんだ人の数は世界中で計り知れないでしょう。

911以来今までここに足が向かなかったのは、犠牲の爪痕のひどさを見たくなかったわけではなく、残された人の思いが集まっているような気がして躊躇していたのだと、冷たい風に吹かれながら悟ります。ウォール街は911の傷を抱きながら前に進みつつあることを感じます。すでに夜も更け、観光客も少ない時間になり、道行く人にとっては日常となった空間です。そこに追悼と言うほどでもない、センチメンタルな感情をもてあましてうろうろする訪問者は傍からみたら変な様子だったでしょう。

ずっと歩き回っても黙祷する雰囲気も場所も見つからず、結局グランド・ゼロの一部で、旧WTCの床や天井を残してある地下鉄のコンコースでしばし佇んでしまいました。新しい開発が終わり、街の様相がすっかり変わる前にここに来れて良かったと思いながら。自分への約束を一つ果たしたようなすっきりした気持ちで、ようやくホテルに戻りました。

マンハッタンでは「赤信号は気をつけて渡れ」な現地スピードで歩くと観光客の倍の速さで移動できます。今回調子に乗ってしまい、ミッドタウンから60ブロック位は歩いたつもりが、ぐるっと周った分も入れると約80ブロックは歩いたようです。NYの治安は格段に良くなったとはいえ、良い子は私のように夜道をうろついてはいけませんよ。(^^;一応あの辺りは土地勘もあり、地下鉄の上を歩いていましたし、店もあってタクシーも見つかる道で安全いうことでお許しを。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/148-b12beb55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。