NYレポートその2:ブロードウェイでショータイム!

ここでは、「NYレポートその2:ブロードウェイでショータイム!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外の都市で週末を過ごすなら、NYとロンドンが私のベストチョイスです。何度も訪問していて土地勘があるばかりでなく、歩いて回れる便利さと、劇場や美術館など随所で気軽にアートに触れられることは初めて訪れた時から魅力でした。そんな両都市には仕事で縁があり、世界的なクオリティのミュージカルやバレエに親しめる機会を持てたのは幸運なことでした。

違う街からやってきたというと、挨拶代りに「なにかショーは見たの?」と聞かれるNY。久しぶりの長いステイなのに、やはりミュージカルの1本も見ないわけにはいきません。ハロウィーン前の週末に、本がベストセラーの5位に入っている「ウィキッド」のチケットが取れたのはとても幸運でした。

心の余裕さえを持てれば、東京でも同じように過ごせるんだろうと苦笑しつつ、日常から離れた時間を堪能することができました。

劇場でエネルギーをもらった土曜については続きからどうぞ。

wicked.jpg

IMGP2262.jpg


前日までは雨が降ったりやんだりの肌寒い気候でしたが、週末には天気も安定して散歩には最適。きれいに改装されたグランド・セントラル駅をチェックして、NY在住の友人とブライアント・パークに向かいます。ランチは私と同じくパン好きの友人お勧めのベーカリー・カフェ、Le Pain Quotidienで軽くすませます。ベルギー発のパン屋さんは石挽きの小麦粉とオーガニックな材料でパンを焼き、カフェは白木の家具に白い食器と雰囲気までヘルシー。

ヨーロッパとアメリカに支店があるこのお店は、およそアメリカでは見かけない上品なプレゼンテーションでローストビーフサンドを供してくれます。デザートには日本ではあまり見当たらないキャラメル・ピカンパイを頂いてすっかり満たされました。お客さんにメタボな人がいない事でヘルシーさは証明された様なものですね。(^^;

IMGP2263.jpg


その後向かったブロードウェイ・タイムズスクエアの劇場街は、通るだけでもエキサイティング。40以上の劇場がひしめく界隈に吸い寄せられるように観客が入ってゆきます。今回選んだミュージカル「ウィキッド」は日本でも劇団四季が上演していますね。^^

日本ではこれからご覧になる方も多いでしょうから、ストーリーの解説は遠慮しますが、とても楽しめました。私は中身がガイジンなので、映画でもショーでもついジョークに噴き出したり笑ったりしてしまいますが、ブロードウェイのお客さんは(当たり前ですが)ホンマもんのガイジンなので(爆)その上を行くノリでセリフに反応しています。とはいえ、大人な観客はショーの進行を止めるようなことはなく、オケや役者は笑いや拍手を一拍待つだけで、淡々と進めます。二人の魔女の苦悩と成長、オズの魔法使いの知られざる?背景などが歌と踊りで表現されるのは期待通りですが、本場は何と言ってもエネルギーが違います。

主人公のエルファバの頑なさと感情の高ぶり、ブロンドのステレオタイプから成長してゆくグリンダ、そして周りを彩るキャラクター達にはすっかり魅了されました。もちろん、歌がうまい、声が出る、セリフが洒脱で、舞台美術や衣装に卒がない、踊りにキレがある、メッセージがある、振りつけがユニーク、とほめ言葉はいくらでも出てきますが、そんなレベルを超えた「パワー」を受け取ったような気がします。^^

スタンディングに近いアンコールでは、エルファバが舞台から難病の子供への募金を呼びかけます。ロビーではキャストが募金集め、私もできる範囲で協力しました。ウェブサイトを見るとエコな生活とNYの緑化も呼びかけていますね。なにが真実か問いかけるような舞台のあと、どういう自分になりたいのか改めて考えさせられました。

NYに行かれたら、ウィキッドに限らず、ショーを1本見ることをお勧めします。エネルギーが充電されること請け合いです!

ウィキッド公式サイトの舞台写真(英語)
http://www.wickedthemusical.com/#PhotoGallery

劇団四季のサイト(日本語)
http://wicked.jp/index.html
コメント
この記事へのコメント
ツボを抑えていらっしゃいますね。^^
プリンスエドワード島で「赤毛のアン」とは絶対観に行きたくなる演目ですよね。

小さな町でも質の高い公演が見られるのはうらやましいですよね。水戸市とかで観光客向けに水戸黄門の芝居をやるってのはどうでしょう。(ちょっと違う;)
2007/11/06(火) 00:50 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
96年にNYに行った時は、ナイアガラを経てプリンス・エドワード島へ旅行したのですが、その州都シャーロットタウンでも「赤毛のアン」のミュージカルを観ましたよ。
小さな街なのに立派な劇場があって公演の水準も高く、満員だったのには驚かされました。
2007/11/06(火) 00:37 | URL | nomomania #-[ 編集]
ミュージカルって楽しいですよね。^^

特に本場ではノリが良くて、観るというよりイベントに参加しているような気になります。

日本でも劇団四季を始め、いろんな公演がありますよね。
最近ご無沙汰ですが、チェックしてみようかなと思い始めました。

行きたい公演の誘惑が増えて収集がつかなくなりそうですが。。(^^;
2007/11/05(月) 23:36 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ブロードウェイで「ウィキッド」をご覧になったのですね。
私もこの週末、カミさんに誘われて劇団四季のライオンキングを観に行きました。
1996年にLAから家族でNYに行った時には、美女と野獣を観ましたよ。
2007/11/05(月) 21:48 | URL | nomomania #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/149-a2101469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。