のだめカンタービレ: Kiss感想 Lesson 116

ここでは、「のだめカンタービレ: Kiss感想 Lesson 116」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおぅ、やっと来ました!のだめの新展開など先へつながるきっかけ満載のLesson116。久しぶりにのだめと千秋がペアを組んだ感じがあります。桃が丘では常にセンパイとして先を歩み、一足先を歩いていた千秋も、のだめのこの先は未知の領域かもしれません。

のだめの行く先はまだ見えませんが、久しぶりに主人公の進歩に手ごたえを感じた今回、感想書いている場合じゃないのに、やっぱり書きなぐってしまいました。黒木くんが絡まないとより客観的で、それほど長くならないんだという事が良く分かりました。(笑)

毎度のことですが、コミックス派、Kiss未読の方にはお勧めしません。細かいネタばれはありませんので、立ち読み風にも使えませんし、本編から触発された妄想のような偏った感想です。(^^;

それでもいいよ、という方のみ続きからどうぞ。

思い思いに音を聴く
扉の二人はそう見えましたが、いかがでしょうか?耳を澄ませながらうっとりとするのだめと、音が鳴ってるな、という感じの千秋。二人を分ける曲線は千秋の座る椅子の様でもあり、漂う音のようでもあり。音符マーク(♪)ひとつでイメージが膨らみますが、あおりが語っている「宝物」とは協奏曲のことなのでしょうか、それともお互いの事なのかもしれません。。

千秋またまた後悔中
のだめが唯一執着した曲が、こともあろうにRuiとの協演で決まっている曲だったなんて。理屈では分かっていても、その事実を伝えられない千秋。天にも昇るような幸せを感じているのだめの顔を見て、言い出せなかった自分にため息をつきます。

マルレ常任決定の時も、引っ越しの時も言い出せなかった千秋ですから、しょうがないのですが、黙っているほど後がきつくなるのに、シンイチくんは学習しませんね、ホントに!(笑)

ようやく見つけたオレの必死さ 
Lesson 111でアパルトマンのみんな、黒木くんv、清良と皆の必死さに触れ、「オレの『必死』はどこいった?!」と窓の外の星を見つめていた時から、きっと峰はパリで必死さを取り戻すんだろうと思っていましたが、期待通りR☆Sに必死になってくれましたね!

久々登場のカタイラ氏は頭が滅びゆく草原(ごめん)になりながらも良い父ちゃんぶりを発揮してます。二つ返事でOK とは本当に良い人です。R☆Sでも次世代育成に貢献してくれることでしょう。ジャンとR☆Sも絵になりますよね。集団的に自己陶酔して俺たち天才!モードが炸裂しそうです。

峰@必死きっかけは指揮者を紹介しただけでなく、「おまえがやるか やらないかじゃねーの?結局」と指摘した千秋。ここのところ男前でしたね!やる気充電後の峰と実力派の清良が一緒にやれば、R☆Sも立て直せそうです。

のだめの最終目標とは?
峰の言う通り、R☆Sなら千秋の思う通りに演目も選べ、のだめの望みである協奏曲を実現することもできる。でも、そんな形で夢をかなえてしまうべきではないと感じてしまうのは、さすがに千秋。のだめの当面の目標は千秋と自分の好きな協奏曲を演奏するという事なのですが、その先はあるのでしょうか?ラフマの連弾を思い出して、そこで止まってしまうのではと心配する千秋の気持ちはよく分かります。

真剣にプロを目指している身なら、一度満足を味わうと更に貪欲になるのでしょうが、のだめがどこまで本気なのか読者と同じように千秋も見通せていないようです。千秋が「早く満足して、終わらせたがっている」というのは、のだめの音楽への夢なんでしょうか?なんとなく留学期間の間にカタをつけたがっている印象もあります。そしてそれを「わかりたくない」と思う千秋が主体的に動き出す事を通じ、一緒に歩きたいという気持ちが透けて見えたような気がします。

主役の二人は恋愛的には(多分)一般的なカップルに近いようですが、目標に関する話は相変わらずしていないみたいですね。ま、管理人も学生時代はそれはそれ、これはこれ、なタイプ(どんなだ?)だったので、分からなくもありませんが。。

ホラーな?のだめ
毎度ながらに見当違いのシンイチくん。ラヴェルの協奏曲をRuiとやる事より、それを言ってもらえなかった事の方がのだめにはショックだったようです。そんな事で怒るほどベーベじゃないと言うのだめ。仕方がないじゃないですか、とは、のだめのサロンコンサートをすっぽかした千秋にも言ってましたよね。千秋の音楽に関わる事については、わがままを言わないのか、言えないのか。。

ホラーながらもストレートに話す千秋は全く敵いませんが、パターンを良く読んでいる千秋は肉とごはんで懐柔。和解のハグもすぐにご飯シーンへと展開するところがミソです。ちょっとだけ、千秋の引っ越しの時の調律師と鳥の丸焼きのエピソードを思い出してしまいました。今回はシャツの裾を乱す暇もなく、すぐにご飯だったと思いますが。。(笑)

親の心、子知らず
自信たっぷりなのか、無いのか今イチ分かりにくいのだめ。サロンコンサートなどで良い評価を得て、コンクールでもそこそこ行ける自信がありそうなのだめ。コンクール禁止については先生がチャンスをくれないと不満に思っています。千秋は出された課題から意図を理解したようで、全部やってしまおうとのだめを誘います。

残念ながら千秋のような知識のない管理人には、千秋が曲目を聞いてなにを悟ったのか分かりません。ベートーベンのピアノソナタも、比較的メジャーで私も良く聴く中期のソナタ(月光、熱情、テンペスト、ヴァルトシュタインなど)に比べ後期のものはあまり聞かないので、難しそうな印象がある程度です。(^^;雰囲気だけで弾ける曲でもないし、のだめにとっては難しい課題だと想像します。

全くの想像ですが、オクレール先生はのだめには才能があると思いながらも、まずは作曲者の意図を理解する力やレパートリーの広がりを持たせる為に課題を出していると思います。実際、このままのだめがコンクールなどで脚光を浴びても、レパートリーを蓄積しないまま演奏の機会だけが増えたら、すぐに飽きられるでしょう。学生の間に基礎を固めてリクエストに応えられる力をつけておかないと、コンクールで入賞しても、(少なくとも欧州では)ピアニストとしては食べてゆけません。

今回の小ネタ
土産の長靴:峰はカッケーと言ってますが、可愛いですね。峰パパと真澄ちゃんがペアというもまたプリティな感じです。
オクレールセンセーのCD:是非聴きたい!ユンロン、20セントで貸してください!!
ハロウィンのだめ:一瞬犬プレイを期待しましたが(オイ)強気に出ると素直に反応するシンイチくんです。
のだめさん、ハイ!:このセンス、完全にツボです。ハリセンとの袖の下についての会話をほうふつさせる強気さがあふれるのだめでした。(笑)

次回の大穴予想
のだめと千秋が猛特訓をする一方、Ruiは協奏曲のアドバイスをオクレール先生にもらう。
先生に有名なレパートリーでもあるこの曲をRuiはなかなか弾きこなせい上に、偶然耳にしたのだめのト長調を聴き焦り始める。

一方R☆Sでは帰国した清良と高橋くんがバトルを繰り広げる上に、ジャンが客演することになり、今度は高橋くんがゆうことの結婚を妨害する。(爆)

関連タグ : 黒木, Kiss,

コメント
この記事へのコメント
なつさん、お帰りなさいませ。^^

荷解き前に本誌ゲットとはなかなかやりますね。(笑)
私はまた荷物を詰めなくてはいけないのにブログをいじっております。のだめを読むためだけに帰ってきたのですが、(うそうそ)明日朝また出発なので。(^^;

今回千秋はR☆Sの世話を焼いたり、ホラーに腰を抜かしたり、食べ物で懐柔したり(笑)、コーチ復活だったり、久しぶりに大活躍でしたね。パリに来たばかりの頃の雰囲気を思い出しました。

小ネタのツボ、かぶりましたか!嬉しいな。^^
カタイラさん、本当懐かしくて大好き!パパぶりがまた良いですよね。ペアの長靴姿も見てみたいし。。ひとコマで何度も美味しいのはさすがに所長です!

なつさんの感想も楽しみにしていますね。

それにしても出発前に皆さんのコメントにレスが間に合って良かったです!今週一杯は留守にしますが、可能ならプチレポします!
2007/11/26(月) 23:53 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
私も、危うく帰ってこれなかったので週末発売で助かりました。はーもに~♪さんの言うとおり、期待を裏切らないけど濃い内容の今回でしたね!

表紙の千秋の眼差しは少し遠くからのだめを見守っているようですね。中ではややヘタレ気味だったけどそれも又良し。(笑)

Ruiとのだめのト長調、千秋の指揮で是非両方聴いてみたいですよね!私としては、正反対のものが欠けているコインの表裏のような二人というイメージをずっと持っているので、同じ曲を選んだことでそれがぴったり合わさる事を期待しています。

相手を意識しながらも、超えなければならないのは「今の自分」なのだから。それぞれ相手への焦りを忘れ、個性を受け入れた時、自分をも受け入れるのかもしれませんね。

おっと、またオクレール先生の心境になってしまいました。^^;どちらもかわいい教え子だから、争うのではなく、それぞれに弾きこなして欲しいです。

そうそう、エキストラ、いいな、いいな、うらやましい^^!!新春ドラマ観るのがとても楽しみです!はーもに~♪さんも探してみますね!ってなにか目じるしはありませんか?!

それでは明日また、行って来ま~す!
時間があったら黒木くんを探してみます。(笑)
2007/11/26(月) 23:39 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ろめいんさん、こんばんはー。今回は、発売日に日本にいなかったあたし、、、今日やっと帰国し、ソッコーで読みました。いつもは、旅行後の荷解きなんか、いいかげんなのに、落ち着いて、ゆっくり、そして一刻もはやくのだめが読みたかったので、ソッコーで終らせることができました、、

今回は、色々、ツボなところがありましたね。

「なにもできない」っていいながら、R☆Sオケに、カタイラと、ジャンを紹介してあげる千秋、、、、
峰との会話を読みながら、泣きそうでした。

最後の、ホラーなのだめ~「とっとやろう、これ全部」までの流れ全部、、コレも、泣きそうでした。
とくに、和解ハグは、、、、。

千秋は素敵過ぎでした。ハイ、、、、。

今回の小ネタ、、、あたしのツボとちょっとかぶってました。
オクレル先生のCD、、、ピアニストだったんですよね。オクレル先生。ユンロンがまさか持っているとは。あたしも、20セントで借りたい!!

土産の長靴。真澄ちゃんがバラ柄、、、似合いすぎです。

あと、カタイラさん登場@おんぶひも姿も、あたしのツボデス。。。

のだめさん!ハイ!には、もう言葉が出ません。二ノ宮先生は神だとしか思えない、なんというアイディア!!

>先生に有名なレパートリーでもあるこの曲をRuiはなかなか弾きこなせい上に、偶然耳にしたのだめのト長調を聴き焦り始める

コレ、前回を読んで、今後の予想を2人でしてたらうちの旦那も言ってました。
なんか、嬉しい一致です。。

ジャンが振るR☆Sも、カタイラが振るR☆Sも、見てみたい、、。

なんか取り留めなく書きすぎました、、、。
長くてすみません、、、。

あ、ブログ、お休みしてたんですが、ぼちぼち再開します。
116のレビュー、2、3日中にはやろうと思っているので、また、よろしくお願いします。
2007/11/26(月) 23:07 | URL | なつ #-[ 編集]
ろめいん様の忙しさには及びもつきませんが、怒涛の三連休を乗り越えて(大げさ)、ようやくゲト。のだめカンタービレの醍醐味を感じさせるような、濃い内容で、ろめいん様が忙しいなか、感想を書きたくなる気持ち、わかります。

表紙の絵、私には、やっと出会った宝物の曲にうっとりするのだめ、千秋はべつの方向を向きながらも、よりそって、一段高いところから、目線は、のだめを見やっているように見えました。
本編は、こうなって欲しいと思っていたとおりの展開に、かえってコメントも書きづらいのですが、登場人物たちの前向きな気持ちと、友情・愛情に心温まりました(*^_^*) 

私も課題曲、よくは知らないのですが、 ベートヴェンの後期ソナタ、とくに29番は、本当にこだわりぬいて作曲されたようですね(ウィキペディアの受け売りですが)…二人のレッスン姿とともに、8巻での「一音一音…無駄な音なんてないんだぞ」の声(玉木しゃんの声で)が脳裏に蘇りました。

個性はあふれるけれど、作曲家の意図をあまり理解しようとしないのだめちゃん、逆にアナリゼ力は完璧でも、以前「モノクロームでおかしな合成をされた旅先のポストカードのよう」と、個性の無さを評されたRuiちゃん…
でも、ラヴェルを選らんだのも、またRuiちゃんなんだよね? 私はRuiちゃんにもぜひ、成功してもらいたいの♪ レストランの帰りに千秋くんとRuiちゃんの上に輝いていた、あの満月を信じたい! 
そして個性とアナリゼ力、まったく対照的なの○めちゃんとR○iちゃんが選んだ宝物の曲を、同じ千秋君の指揮での演奏を聴いてみたいな♪

今回の私のツボ
主役2人の名シーン・ギュッ♡と「おなかすいた~」の間には、「何かあったのかしら、無かったのかしら…」と、しげしげ見つめる下司なオメメに飛び込んできた、欄外の「きれいなバストの作り方」という豆知識です…編集者、ナイス♪^m^

そそ、新春スペシャルのエキストラ、行ってきますたよん♡ 360度に席のあるミューザ川崎で、玉木さんを斜め前面から、障害物なくじっくり観られる良いお席♪ まだ秘密事項もあるのであまり言えないけど、玉木さんは益々お美しく、指揮も優雅な踊りをみるようで、引き込まれました。 お正月、HDDを空けて、お楽しみに(私も早く余計なものを消去して、録画に備えなくっちゃ♪)

オールナイトニッポンで、所長の肉声も聞いたし、先週は忙しい中にも、濃い一週間ですた(*^_^*)
ろめいん様も風邪など引かないように、ご自愛なさって、お仕事頑張ってくださいね♡
2007/11/26(月) 12:02 | URL | はーもに~♪ #CFBCjnlI[ 編集]
レベッカさん、
いつもコメントありがとうございます!今回の感想は勢いで書きなぐってしまいました

最近どうもオクレール先生に感情移入うしてしまって。。(^^;一生懸命教えて、育てているのに嫌われていると思われて可哀そう。。何しに来たの、ベーベちゃん?の問いにもまだ答えてもらっていないし。(笑)

留学期間はあとたったの一年か、まだ一年もあるのか。。コップ半分の水という例えのとおり、イツマデ?と言うほど先は長くないし、望みを捨てるほど短いわけでもない。身内だったら「教えてもらえるうちに全部吸収しとけ!」と説教する所です。

最終楽章も追い込みに入ったようですが、このまま鬼コーチ・千秋と二人三脚でゴールまで駆け抜ける。。とは行かないでしょうね。まだまだ波乱はありそうです。

自分的には所長の描くこの物語のイメージは、(スポ根的成長物語+音楽的蘊蓄)+(恋愛のフレーバー少々)-(過度な甘さ)X(予想の斜め上を行く展開)+(トッピングとして少女漫画の範疇を微妙に超えるユーモアのセンス)。。といったところなのですが。最後にはどの要素が強く出るのか、楽しみです。最後まで二ノ宮ワールドを描ききってほしいですね。
2007/11/26(月) 00:22 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんばんは、ろめいんさま。
お忙しい中、本誌感想すごいです!来てみたら更新されてたのでビックリ(笑)

>レパートリーを蓄積しないまま演奏の機会だけが増えたら、すぐに飽きられるでしょう・・・
なるほど~、と思いました。
のだめには才能があるからこそ、今やっておくべきことの積み重ねが大切なんでしょうね。しかし、いよいよ動き出しましたね~。終盤の雰囲気がまざまざと・・・今後、のだめの心境がどのように変化していくのかが楽しみです。さて、コミックス何巻くらいまでいきますかね~?


2007/11/25(日) 22:33 | URL | レベッカ #rW513iq2[ 編集]
はるこさん、ようこそいらっしゃいませ♪
コメントありがとうございました!

>ちゃんと完成させたときに、自分の音楽を、のだめが見つけてくれるといいなと思いました。
オクレール先生も前回「なんでこの曲やっていると思っているの?と言ってましたし、はるこさんのおっしゃる通り、この課題を弾きこなせば、すごく成長できると思います。頑張ってのだめ独自の音楽を見つけてほしいですね!

皆、早熟なピアノの天才だったんですね。
私はあまり詳しくないのですが、ブラームスや後期のソナタはのだめが自分では選ばない曲だろうと想像します。完璧に造りこんであるからアナリゼ出来てないとバレるし、技術と感性だけでは弾けなさそうだから。千秋は得意そうだから、コーチには最適ですね。(笑)

いよいよのだめの第三次成長期(?)ですね。続きが楽しみです。^^
2007/11/25(日) 09:40 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんにちは。初めて書いちゃいます。のだめ、いよいよ終盤という感じですネ!

この後、どうなるんだろうとドキドキですが、のだめの課題曲で、ドキドキッとしました。どの作曲家も、ピアノで小さい頃天才と言われた、早熟な人たちばかりなんです! オクレール先生は、ピアノをただ上手く弾くだけでなく、そこを超えて自分の音楽を見出した人たちの曲を弾かせることで、のだめに上手く弾く以上のことを見つけさせようとしてるのかしら? と思いました。ちゃんと完成させたときに、自分の音楽を、のだめが見つけてくれるといいなと思いました。

以上、私の感想でした! 突然失礼しました。
2007/11/25(日) 03:27 | URL | はるこ #SziNSl4A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/157-7d56ccc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。