秋の夕暮れとお気に入りの音楽と

ここでは、「秋の夕暮れとお気に入りの音楽と」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく留守をすると言っていましたが、今回のミッションはドサ周りinフランス+ロンドン。パリに用事は無かったのですが、その日のうちに国内の乗り継ぎ便が無かったので一晩泊まることに。一人でパリに泊まれるなんて、こんな幸運は久しぶりです。^^

美術館やバレエにも心惹かれたのですが、バスティーユのオペラ座でやっている「クルミ割り人形」のチケットが売り切れだったので断念。(^^;出発は早朝だし、時差ボケで慣れないことをして遅れたら大変なので結果的には無理せずに正解でした。ホテルはパッシーという16区の高級住宅街、エッフェル塔のすぐ近くだったので散歩とウィンドーショッピングを楽しむことにしました。

お気に入りの音楽を持ってぶらぶら散歩した夕暮れについては続きからどうぞ。

*12・1写真を添付、文章を少々訂正。

closeup.jpg

yuugure.jpg


パッシーはアパルトマンが昔のまま残っており、緑も多くて落ち着いた街並みです。地下鉄が地面に出る地点でもあり、都心と住宅地が交差しているような印象です。坂を下りてゆくとセーヌ川がゆったりと流れ、遊覧船の船着き場があり、エッフェル塔がどんどん近づいて来ます。少しずつ空の色が暗くなるなか、どんどん鮮やかに輝き出すエッフェル塔を見ているのは、飽きません。BGMをパユのヴィヴァルディからレ・ヴァンフランセの木管六重奏に替え、枯れ葉の舞う公園でアンニュイな気分に浸ります。

近くまで来ても、一人で上に登る気は起きず足下から見上げて、東京タワーをこんな風に眺めた事は無いと苦笑。BGMをバッハのカンタータのうち、オーボエが活躍するシンフォニアに代え、同じ街にいる黒木くんを思います。(はいはい)セーヌを渡って、トロカデロ広場からは見下ろすような遠景を見ながらモーツアルトのAve Verum Corpusで締めくくり、自分的にはすっかりエッフェル塔を堪能しました。


yaoya.jpg


そのままカッチーニ?のアヴェマリア特集を聞きながら、緩やかな坂を下りてパッシーのショッピングエリアへ。マーケットでは色鮮やかな果物や野菜、フィレ状にカットされた魚が飾られ、肉屋さんでは固まり肉とジビエが。ガチョウやキジらしき肉は良いのですが、ウサちゃんを見るのはちょっと痛い。(食べると美味しいのですがね^^;)フォアグラの固まりもあり、今回はこれ!と心に決めます。

夕飯を買いにパン屋を探すと、私の好きなPAULが日本の店そのままの内装でありました。シャルルドゴール空港にもあったので幅広いチェーン展開のようです。とはいえパリでは違う店に行きたいよねとスルー。(^^;それにしても、小腹の空いたお姉さんやおじさんがバゲットをちぎりながら歩いているのを見て、これは元祖ファーストフードかと納得。私はバゲットサンドを暖めてもらって、そのおいしさに大感激。歩きながら食べたのはのだめの真似じゃなくて、暖かいうちに食べたかったからです。お行儀は悪かったけど許してくださいね。^^

帰り道は最近凝っているAngela Hewittの平均律(バッハ)を聴きながらずんずん歩きました。結局さんざんウィンドーショッピングをして、スーパーを覗いてと、3,4時間歩きっぱなしでした。心地よい疲労感のお陰でよく眠れ、翌朝はパリからピレネー山脈に近い街へ移動。

foiesgras.jpg


ここでは昔のイギリス人の別荘を改装したホテルで暖炉の周りで語らい、サロンでディナーを頂きました。絶品だったのは前菜に選んだフォアグラ。このボリュームは日本ではメインより大きいと驚きました。外はかりっとしながら中はピンクで柔らか。下に敷いてあるベビーキャロットの自然な甘さが優しく引き立てます。途中でトーストにのせた桃のソテーで箸休めをしたり、濃厚なレバーのパテを食べたりしながら味のハーモニーを楽しみました。ホストがフォアグラに合わせてセレクトしてくれたとても甘い白ワインもフォアグラを口に含みながら飲んでみると違う味に変化するのはさすがです。メインに選んだ子羊と白インゲンの煮込みは、骨から自然に外れるほどとろとろに煮込まれて、優しい味に心まで温まりました。

その後アルプスを超えてリヨンではクロワッサンを食べる合間に仕事も一応して、ようやく最終目的地にロンドンへと海峡を渡ります。久しぶりにロンドンはまだ探検していませんが、多分オフィスと空港で終わりそう。パリのホテルにはポットが無かったのですが、ここではホテルの備え付けのお茶が4種類あることに、得点上昇中。結構簡単に満足する管理人でした。^^

eiffel.jpg


コメント
この記事へのコメント
なつさんに言われるまで12巻の駅の壁、気が付きませんでした。音符が可愛いですね!写真ありましたよ。本当に描いてあるようです。^^

真ん中あたりに写真があります↓
http://www.zen-road.org/de/gallery/?p=jh

女の子とピアノ。。素敵ですよね。うちは母がピアノを教えれられるのに、妹も私も反発して全然身につかなかったので、母の夢を壊してしまいしたが。(^^;

でも二人とも大人になってからピアノに興味が出てきて、小さい時にお稽古をしなかったことを後悔中。カナダにいる妹はタチアナというロシア人のピアニストと友達になったらしく、時々ピアノを教えてもらっています。うそっぽいけどネタじゃないんですよ!その話を聞いて、のだめの英語版をリアル・ターニャさん渡してもらいました。(笑)
2007/12/02(日) 23:33 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
コンヴァトの最寄り駅の情報を、ありがとうございます。
とっても嬉しいデス。パリ旅行が実現したら、行きます♪

12巻に、のだめがコンヴァト最寄駅で地下鉄を待ってる場面が出てきて、、駅の壁面に5線譜と、音符が描かれているのが出てきますよね。実際の駅も、あんなふうになってるのかな~って妄想は膨らみます。

妄想ついでに、あたしは今のところお母さんになるのが夢で、更に言うと、娘希望なんですが、娘には絶対にピアノをやって欲しい。本気でやって「ママ、あたし、コンセルヴァトワールに留学して、もっとピアノの勉強がしたい」といって欲しい、、。そしたら、ママは喜んで送り出してあげましょう、、、な気分デス(笑)あ、でも理麻ちゃんみたいならないように、電球の替え方や、ラグにこぼしたコーヒーのしみの処理の仕方は、きっちり教えなくては(爆笑)
2007/12/02(日) 22:18 | URL | なつ #-[ 編集]
ロンドンをほぼ素通りして帰ってきました。^^
食べたのは和食とインド料理なので、どこの国に行ったのかよく分かりません。(^^;
タクシーの運転手がクリスマスプレゼントを助手席に乗せていて、もう師走なんだと感慨深く思いました。

12月だったらもっと素敵だったのかもしれませんが、いかんせん素敵なところはスルーなので。。(^^; でも、今回見た夕暮れのエッフェル塔と朝焼けのピレネー山脈はクリスマスの飾りに負けないくらい綺麗でした。
2007/12/01(土) 23:47 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
旅行で行くのはあこがれですよね!
何回か行ってますが全部仕事なので、、一度旅行で行きたい場所を思う存分回りたいです。自分的にやりそうなのは、ルーブルに行ってダヴィンチ・コードごっことか、ポン・ヌフでとび蹴りとか。(爆)マルレのモデルになったオケ公演にも行きたいですね!

のだめ関係のスポットはキャラブックに紹介されていましたよ。ロード・オフ・ザ・リング門から千秋のジョギングコースまで乗っていますので、旅行に行く時には是非ご参考に。^^ 
コンヴァトは5号線のPorte de Pantinが最寄駅だそうです。なつさん、ぜひいつか行ってみてください。^^
2007/12/01(土) 23:38 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
フランスのどさ回り、羨ましいですね。
あと1ヶ月ずれていればクリスマスに掛かって、もっと素敵などさ回りになったことでしょう。
2007/12/01(土) 23:15 | URL | nomomania #-[ 編集]
観光客ばかりのエッフェル塔と、全くいないパッシー地区だけという偏り具合もマックスです。(笑)

今回はシャンゼリゼもオペラ座周辺も全く素通りしており、通常のパリの雰囲気は分かりません。^^;黒木くん探してみたんですが、いませんでしたね。夕方はリード作りの時間だったようです。(笑)

ポーもリヨンも空港と仕事先しか行けなかったので、パリで散歩する時間があって良かったです。^^
2007/12/01(土) 23:13 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんばんは。お仕事でとはいえ、少しの時間とはいえ、パリ散策、羨ましいです、、、、。
パリに行くのは、あたしの憧れなので。

パリに行ったら、のだめ名所めぐりをしたいです。
焼き栗もたべたいな、、、、。
のだめは、黒木くんは、どの辺にすんでるのかな(笑)

あと、観光名所ではないので、どこにあるのか調べないとならないですが、コンセルヴァトワールにも行きたいです。
コンヴァトの前でのだめ風の格好して、写真を撮りたい、、、(爆笑)

お仕事、頑張ってくださいね。
2007/12/01(土) 22:32 | URL | なつ #-[ 編集]
こんばんは。お仕事お疲れ様です・・・お忙しい中、素敵な
レポとお写真ありがとうございました。
パリからリヨン、ロンドンですか(^^;)文字通り飛び回ってらっしゃるんですね~!パリでは黒木くんに会えなくて残念でしたね(え?)。そういえばシャンゼリゼはもうイルミネーションが点灯しているんでしょうか。
2007/12/01(土) 20:43 | URL | レベッカ #rW513iq2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/158-731c240a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。