クリスマスイブに見たひと時の夢:レニングラード国立バレエ くるみ割り人形

ここでは、「クリスマスイブに見たひと時の夢:レニングラード国立バレエ くるみ割り人形」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日こそは自分へのプレゼント!気合いを入れてクリスマスの買い物に向かう人で溢れかえる銀座から、丸の内方面に向かった先は東京国際フォーラムです。

年末のコンサートの定番は第九ですが、バレエではクリスマスが舞台となる「くるみ割り人形」です。24日にはこの会場だけでなんと3回も公演があります。私が見たのはホールAでのレニングラード国立バレエ-ムソルグスキー記念・ミハイロフスキー劇場-ですが、ホールCでもスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエが二回公演を行っていました。それにしてもロシアのカンパニー名はなんでこんなに長いのでしょうか。(^^;

このシーズンは、コンサートから縁遠かったのですが、生演奏を聴かないで年を越せないと最後になんとか時間のやりくりがつきました。今日は本命のメサイヤに振られたので、当日券が取れそうな「くるみ」「第九」「クリスマスコンサート」の中で一瞬だけ悩んでこれに決めました。理由は簡単。どうせ季節を味わうなら生演奏+バレエと眼と耳の両方で楽しもうと思った訳です。

バレエ・くるみ割り人形の素人的感想については続きからどうぞ。

xmastree.jpg
全幕もののクラシックバレエを最後に見たのはいつだったか思い出せませんが、久しぶりの舞台はファンタジックで楽しいものでした。クリスマスらしい演目は自分に良いプレゼントになりました。たまにはこういう理屈抜きで楽しむのも好いですね。^^

国際フォーラムのホールAといえば、ラ・フォルジュルネでさんざん通ったホールですが、今回の客層は頭をお団子にしたバレエの生徒さんとそのお母さんが多く見られました。カップルがやや多かったのはクリスマス・デートでしょうか?当日券の割には真正面の席が取れラッキーでした。

開演前はやはり気になりオケピットを見に行きました。あの狭い中で演奏するのはレニングラード国立歌劇場管弦楽団。開幕前はヴァイオリンがスコアをにらみながら直前までさらっていましたが、幕間ではフルートが練習してました。出だしで木管が失敗したら大変な曲ばかりです。

くるみ割り人形はいくつかの演出がありますが、レニングラード国立はオリジナルの演出だそうです。ロシアではマーシャが主役で金平糖の精も兼ねるのが一般的だそうですが、クララを始め子役が一杯出てくるマラーホフ版を無意識に想像していたので、最初は何が違和感だか分らなくて目を白黒。山岸涼子の「テレプシコーラ」の読み過ぎかもしれませんね。(^^;

私としてはこの作品の大きな謎の一つはマーシャ(クララ)がなぜあんな可愛くない人形に夢中になるのか理解できなかったのですが、今回は違います。ドロッセルマイヤーもそうですが、くるみ割り人形がユーモラスで魅力的なんです!プレゼントの人形でもあるピエロとコロンビーナも演技力が光っていて、すっかり踊る人形たちに魅了されてしまいました。

子役を使う演出とは違って、マーシャは可愛らしい女の子から美しい女性に成長するし、くるみ割り人形も王子に変身しますが、人形のままでいいんじゃないかと思う位、くるみ割り人形が気に入りました。(笑)

一幕はさざめく大人たちとやんちゃな子供たちでのクリスマスのパーティーが繰り広げられます。夜中にくるみ割り人形に夢中になったマーシャがこっそりやってくると、時計が12時を打った瞬間に小さくなり、ネズミの軍団とおもちゃの兵隊が対決して、危なくなったくるみ割り人形を助けてマーシャはお菓子の国に招待されるわけです。ネズミの衣装が燕尾服みたいにモダンでカッコ良かったのでもう少し派手に踊ってもらっても良かったですね。

一幕のラストは雪の国で、コール・ド・バレエ(群舞)の見せ場なのですが、群舞はレニングラード国立の誇りと言われるほどには感激しませんでした。

ニ幕ではキャラクター・ダンサーによるダンスシーン。白鳥の湖の「スペインの踊り」のような閑話休題的な部分ですね。(笑)各国情緒あふれる踊りが繰り広げられますが、アラビアの踊り(コーヒー)はなまめかしくて、絶対お色気担当です。(^^;中国の踊りはカンフーみたいで勢いがあって楽しく、音楽とぴったり合っているのも嬉しい。葦笛の踊りとかロシアの踊り(トレパック)はおなじみ音楽なので、踊りがついて新鮮に感じました。

ここの聴きどころは花のワルツ。男女ともに白い鬘にソフトなピンクの衣装で軽やかに舞い踊ります。こちらの群舞は美しく、空間をうまく使った振付とともに感心しました。ロシアのバレエ団の層の厚さを感じたのは、女性はもちろんですが、男性の体形が揃っていること。言うほど詳しくはないのですが、日本のバレエ団では男性ダンサーが少ないので、群舞では力量や体形が揃わない印象があります。もう一つ感心したのは演技力、というか姿そのもので役を表していること。これは個人の力よりカンパニーの伝統や型なのかもしれませんね。立ち姿だけでどんな役か分かるのは、セリフのない演劇であるバレエでは必須だと思います。

ニ幕の見どころは金平糖と王子のパ・ド・ドゥ。きらきらした音で有名なこの曲はチェレスタが管弦楽で初めて使用されたんだそうです。合いの手のバス・クラリネット(ファゴットだと思ってました)のユーモラスなやり取りがいいですよね。楽器の数が極端に少ないので、金平糖のステップの音が舞台から響き、軽々と踊っているようで、重力に逆らうのはバレリーナでも大変なんだと思いました。

エンディングは夢でしたという訳でもなく、金平糖になったマーシャは王子と幸せに暮らしました、なのか子供に帰ったのかも良く分かりませんでしたが、ファンタジックな旅に出かけていたような気がします。

マーシャ役のエレーナ・エフセーエワはバランスが良く軽やかで、ポーズがばしっと決まります。ジャンプはそれほど高くはないけど足がパンと開くので、姿がいいですね。難しいリフトでも感じさせないほどリフトされ上手です。最初は少女そのものだったのが、最後には堂々とした王女様の姿になっていたのが印象的。アンコールの時のレベランス(お辞儀)も優雅でバレエ学校の生徒さんたちは早速まねしていること間違いなしです。

王子のアンドレイ・マスロベフも素敵だったのですが、キャラ的にあまり興味が持てないので、スタイルが良い以外あまり印象がありません。男性ダンサーは身体的能力がとび抜けているか、ワイルドなのが好みなので。(ごめん)多分、くるみ割り人形のデニス・トルマチョフが良かったので気持ちがそちらに行ったようです。またしても、いかにもな二枚目には興味が持てず、普通は対象外なキャラにはまってしまいました。(^^;

そんなわけで今年も残り一週間。浮世のもろもろを片付けて、コンサートに再チャレンジ、頑張ります。^^
コメント
この記事へのコメント
Szellさんこんばんは!

メサイヤで荘厳なイブを予定していましたが、華やかなイブも良いものでした。同じ出稼ぎ公演でもバレエなら一粒で二度美味しいということで。^^

今週は忘年会と仕事仕舞の合間に抜け出せるかどうかが勝負です!応援ありがとうございます。(笑)

2007/12/26(水) 00:09 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
バレエは久しぶりですが、やっぱり生演奏つきは良いですよね!
録音でのバレエ公演も見たこともありますが、やはり魅力が半減します。

nomomaniaさんは家族で楽しまれたそうで、うらやましいです。
我が家の場合は、家族揃ってのコンサート鑑賞はろくなことにならなそうです。(^^;
2007/12/25(火) 23:32 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
クリスマスイブに、くるみ割り人形。
タイムリーで、素敵なイブだったんですね。

なるほど・・・、メサイアがファーストターゲットだったんですか・・・。
充分にその代わりが埋められて良かったですね。

年内、再チャレンジ、上手くゆくようお祈りしてます。
2007/12/25(火) 23:28 | URL | szell #-[ 編集]
レベッカさん、おかげ様でイブの気分はばっちりでました。
仕上げに一人で銀ブラして、経験はないけどこれが正しいイブのデートコースなんだと知りました。^^

そうなんです、くるみ・・は音楽が楽しめるし、白鳥やジゼルみたいな白いバレエと違って舞台も衣裳も色とりどりだし、キャラクターもたくさん出るので見ていて飽きません。
初めて見るにはオススメの演目ですよ!

それとおっしゃる通り、音の記憶って視覚の記憶も呼び起こしますよね。私は今くるみ割り人形を聴いたら、昨日見た振付を思いだしそう。ミルヒは思い出さないようにしておきます。(^^;
2007/12/25(火) 23:26 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ろめいんさん、クリスマスらしい過ごし方をされたのですね。

私も日記に書きましたが、「くるみ割り人形」を家族とともに聴いたのですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/nomopiazza/27777683.html

バレエ好きのカミさんは「聴くよりも見たい」と言っていましが、素敵なアンコールに全員満足でした。
2007/12/25(火) 20:20 | URL | nomomania #-[ 編集]
こんにちはろめいんさん♪とても素敵なイヴを過ごされたんですね~!

生のバレエを鑑賞したことがないのですが、くるみ割り人形は有名な曲が多いので、詳しくない私でも興味深く拝読しました。それにしても・・・中国ではファンタジアのキノコを思いだし、金平糖では竹中ミルヒーを思い出す私(笑)視覚の影響力ってすごいんだなぁーなんて思ってしまいました(^^;)
2007/12/25(火) 17:00 | URL | レベッカ #9xsPF1TE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/161-978c9312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。