のだめカンタービレKiss感想:Lesson120

ここでは、「のだめカンタービレKiss感想:Lesson120」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレの連載もいつのまにかLesson120ですね。連載100回目の時もめでたいと思いましたが、120回目というのも節目のような気がします。コミックスで調べてみると連載開始が2001年のKiss 14号って事は7月10日発売ですから7年も前のことなんですね。19歳の時に千秋に出会ったのだめが今は24歳ですから、物語の中の時間は5年位というところでしょうか。今までクラシックを聴いたことがない人にクラシック音楽の魅力を伝えてくれたこの漫画も終盤に差し掛かっていますが、落ち着きどころは最後まではっきりしないようです。

Kissの連載が出たとたんに、演奏された音楽を聴き、背景を調べるのが習慣になってしまった管理人。おかげで付け焼刃で偏っていながらも、音楽の知識は広がりつつあります。詳しい人から見たらかなり表層的だと思いますが、今回はクラシックだけではなくジャズも少しお勉強してみました。曲が聴けるサイトも紹介していますので、ぜひ聴きながらKissを読み返してみてください。

今回の注目はRui、千秋、のだめが、それぞれの内面と音楽の折り合いをどうつけるかだと思っています。毎度のことながら、底の浅い音楽うんちくをちりばめた感想ですが、よろしかったら続きからどうぞ。
扉は仲良しカップル

ヨーロッパ的なインドアモールで買い物をする二人。ウィンドーを見ておねだりをするのだめと、迷いなく断る千秋。脇見しているのだめと、前をしっかり見据える千秋が対照的ですね。千秋の腕をがしっと捕まえているのだめの姿に、最近の心情の裏側が重なります。久しくしてこんなデートを楽しむ機会はないのでしょうが、落ち着いたら是非恋人的な休日を過ごしてほしいものです。

まずはコンチェルトのおさらい
のだめが夢中になったこの曲は、すでに聴いている方も多いと思いますが、Lesson115の感想では解説できるほど知識がなかったので改めて。これはラヴェルが初め訪れたアメリカでジャズの影響を受けて、次回のアメリカ演奏旅行のために書いたピアノ協奏曲です。ピシッと始まる第一楽章Allegramenteはリズミカルでユーモラス。ストラヴィンスキーのペトルーシュカやガーシュインのラプソディー・イン・ブルーを思わせます。ピアノのトリルは「のこぎり音楽」の真似だという解説も読んだのですが、アメリカでのウケを狙ったのかは謎です。。(^^;

第二楽章Allegro Assaiは長いピアノソロで始まります。静かに鍵盤を滑りながら刻むようなピアノの旋律が木管との受け渡しがはかなげで美しく、ラヴェルの真骨頂といった趣き。フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、コールアングレなどと絡みながら、移ろいやすいような、微妙に色が変えながら回るピアノにドキドキさせられてしまいます。この楽章の緊張感を保つのは大変だと初演したマルグリット・ロングも漏らしたそうですが、作曲したラヴェルも一音一音積み上げるのに苦労したそうです。(^^;

第三楽章Prestoでは第一楽章のようにドラマチックで現代的なリズムをとりもどします。ピアノは追い込むような勢いでオケが絡み勢いよく終わります。それから、この楽章はゴジラのテーマに似ているという意見もありますが、そう思って聴くと確かにそんな気も。。(笑)

今回の演奏者はRui
協奏曲を聴いてほしいと千秋を呼び出したRuiの落ち着いた雰囲気に、演奏することに迷いがない事が見てとれます。千秋もその演奏に魅了され、色彩感と躍動感、清廉な美しさなどに「ヤバイ」ほど胸が高鳴ります。ここでRuiに心が揺れた?!と心配した千秋ファン(のだめファンも)も多かったのでは?その後の千秋の言動から、これはRui本人にときめいたのではなく、思い描いていた音楽と方向性が同じだったことに音楽バカの血が騒いだのでしょう。

クラリネットとピアノのTea for Two
そして千秋を驚かせたのはジャズのセンス。小さい時からクラシックづけだったRuiがクラリネット奏者のパパとNYのライヴで共演してことがあるとは!彼女がラヴェルのこの曲を選んだ訳はこんなところにあったのですね。NYで育ち、小さい時から世界を巡ってパリで勉強をし直しているRuiにとって、集大成のような曲なのかもしれません。

ところでTea for Twoは小粋でジャズっぽい揺らぎが楽しいミュージカルナンバーで、有名なカバーもたくさんありますが、ここで意識しているのはベニー・グッドマンのバージョンでしょう。ベニー・グッドマンは言わずと知れたスイングの帝王。カーネギーホールで初めてジャズを演奏し、40歳になってからクラシックの奏法でクラリネットを勉強し直してクラシックでも録音しています。また、NYを本拠地に活躍した彼がNYに移ったのはちょうど1928年、ラヴェルがこのピアノ協奏曲の作曲に取りかかった年なんです。アメリカでガーシュインと会ったラヴェルがベニー・グッドマンの影響を受けたどうかは分かりませんが、同時代に活躍していたんですね。

ようやく攻めへ?千秋の転換
千秋は千秋なりに音楽と、のだめの事を分けるのに苦労している様子。ラヴェルの協奏曲の演奏をRuiとのだめで方向性を分けるつもりでいたようです。のだめとの演奏で想定していた方向がRuiの目指す演奏と変わらないことに困惑する千秋に、出し惜しみなんかできる立場じゃないと切って捨てるシモンさん。いつも最高を目指せというアドバイスにしびれます。千秋には音楽バカらしく、余計な遠慮はせずに、Ruiと最高の演奏を目指して欲しいです。そしてのだめとの協演の時はそれをさらに上回ってくれればいいですよ。

さまざまな試練

久しぶりのアパルトマンでの晩さん会。ピザを台無しにしてしまったのだめは、とっておきのブフ・ブルギィニョンを拠出することになります。久しぶりの千秋の手料理にみんなは喜びますが、のだめにとってはこれが最後の備蓄食糧で、シャツの賞味期限まで切れたようです。千秋と会えないつらさに浸る様子に、のだめの真意はつかめません。

一方ターニャは試験に集中して、トレビアンが取れたらパリに残る事を宣言します。たぶん黒木くんのコンクールの伴奏もこれにかかっているのでしょう。真剣になるには遅すぎることはないはず。独りよがりのうっとりプレイからも脱却したようだし、頑張れターニャ!

We got Rhythm !!
練習室らしき場所でRuiと一緒にピアノを弾く千秋。曲名を言わずに引き始めたのはガーシュインのアイ・ガット・リズム。すぐに歯切れの良いテンポで演奏するRuiに、これくらいのテンションでやろうとアドバイスする千秋。言葉で言うより、弾いた方が伝わるのでしょう。二人の演奏の方向性は決まったようです。
このシーンはのだめとラフマニノフの協奏曲を弾いていた時を思い出させますね。もちろんこのあとラヴェルの協奏曲を二人で弾いたかどうかははっきりしませんが。

こそどろ失敗
ぴかぴかの千秋のアパルトマンに忍び込むのだめですが、自分の部屋と違い靴下一本落ちていず、洗濯物もすべて洗われている途中。匂いもかげずに今度こそ絶望的に意気消沈。匂いさえあれば会えなくても良いなんて不毛すぎるから、ちゃんと人間らしく電話でもしてくれ!(千秋の心の叫び)

今回の突っ込み所
価格破壊シルブプレ
マルレは千秋が常任になる前のギャラもタダ同然に低かったし、Ruiのことも異常に安く客演させようとしていますね。のだめならタダで出てくれるでしょうが、そういう訳にも、ね。(^^;

一家に一台千秋
もちろん同感。うちにも欲しい!(笑)「安全だしね」には笑えました。


ラヴェル ピアノ協奏曲ト短調
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/ravel/001320.html

ベニー・グッドマンTea for Two 
Ruiが弾いた、ジャジーなピアノバージョンはこちらから
http://members.aol.com/goodren/bigband.html
クラリネットバージョンはこちらから(短いので雰囲気だけですが)
http://www.amazon.co.jp/1936-1937-Benny-Goodman-His-Orchestra/dp/B000001NRP

ガーシュイン I Got Rhythm
http://pink-mozart.air-nifty.com/programme/2007/11/gershwini_got_r_290f.html

コメント
この記事へのコメント
a様

のだめカンタービレやコンサート、いろんな方との出会いを通じて自己流にクラシック音楽の森を楽しく歩いています。知識は浅いし、方向も偏っているブログですが、こんなのもアリだと一緒にクラシックを楽しんで頂けて嬉しいです。

私も最近、いろんな曲から言いたい事が聴こえて来るような気がしてとても楽しいんです♪思いこみ半分ですが、音楽は好きじゃなくっちゃ聴いていられませんよね。^^

このところ連日変な書き込みがあり、がっかりしていましが、a様のようなコメントを頂いて元気がでました。コメントを承認制にするのも気が重いので、もう少し様子を見ます。。
2008/03/02(日) 12:59 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
のだめ狂様、いらっしゃいませ♪

Youtubeで早速ロストロポーヴィチのTea for Two見つけました。お勧めありがとうございます!音楽もユーモアのセンスも秀逸でした☆オーボエソロが意外で、ちょっと嬉しい。これを60分以内でオケアレンジしたというショスタコーヴィチもすごいですよね。

小澤さんの60歳のバースディを記念した粋な計らい。最初のMCで私とかないでは二人でお茶が精いっぱい、、というのが利いていました。

お時間のある時に、また遊びに来てくださいませ~。
2008/03/02(日) 12:42 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/02(日) 11:15 | | #[ 編集]
私も、YouTubeでバーンスタインの「引き振り」を観ました。既に発売しているDVDをそのまま「登録」したものと考えられますが、いかにも楽しそうです。過去に、コロンビア交響楽団・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団との「引き振り」CDも在り、どの様に演奏しているのかと思いましたが、やはり「かっこいい」ですね。
 もしやと考えて、「二人でお茶」をの映像もあるか、YouTubeで探してみました。この曲は言うまでも
無く「ジャズ」ですが、ショスタコーヴィチが管弦楽曲に編曲した版も最近CDで出回っています。
自作のバレエ「黄金時代」の導入部にも引用されています。
 検索の結果、何と彼の親友であったロストロポーヴィチが指揮した映像が登録してありました。何故か演奏会場に、小沢征爾氏も列席していて、粋な計らいもあります。
 是非御覧になって下さい。
2008/03/02(日) 00:12 | URL | のだめ狂 #MQu5.rfQ[ 編集]
S様こんばんは!

今回千秋の「痛さ」は読者にもかなり伝わったようですね。のだめへの気持ちがベースにあってこそ、と強く言い切ってしまいましたが、同じように感じた方が多かったようです。そうあって欲しいとの願望も込みですが。。

千秋プラスRuiのツーショットは気になりますが、今回はRuiも純粋に音楽を向いているので、ラブ関係でややこしくなる展開はないと見てます。(これも願望込みですが)

S様のコメントでポンと膝を叩いたのが、ユンロンの突っ込み。確かにあれが今回の救いでしたね。(^^;

ホント、こうなったら千秋はハンパにのだめに遠慮せず、Ruiと最高の音楽を作って欲しいです。のだめはそれを刺激として試験を乗り越え、二人の将来の協演では更に素晴らしい演奏を期待しています!

遠いところへお引っ越し、大変ですが落ちつかれたらまた遊びにいらしてくださいね~!
2008/02/29(金) 00:00 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/28(木) 16:51 | | #[ 編集]
abmie さん、はじめまして!

偏った感想ですが、読んでくださってありがとうございます。abmieさんはTVでのだめを知ったんですね。コミックスから入ったファンとは違う感じ方をされる事もあるのでしょうが、なにかの縁で遊び来てくださって嬉しいです。
クラシック初心者なので曲の解説はお恥ずかしいのですが楽しんで調べてますので、笑って読んでやってください。

ところでHNは「ろめいんれたす」、シーザーサラダに入っている野菜です。(笑)長いので最近は自ら「ろめいん」や「ろめ」と名乗っていますが。

主役カップルに厳しい私ですら千秋の「ヤバイ」にはドキっとしたんですよ。でものだめの事ばかり考えている千秋の様子に、Rui本人じゃなく自分が作りたい音楽に向かってヤバイ・ショックと感じたんだと結論づけました。Ruiと生み出す音楽が楽しみです!そして、いつかそれをのだめと一緒に越えてほしい訳ですが。

ともあれ、宜しければまた気軽に遊びに来てくださいね~!
2008/02/28(木) 00:43 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
TVからはまり、コミックを買いあさり、ついにはkissにたどり、
そして 「ろめいんれたす」さん・・・(このお名前で良いのでしょうか?)の感想を読む・・
そんな日々です。
いつも解説ありがとうございます。
Ruiにドキ「ヤバイ」って真一君だめだよと思っていましたが~そういう事か・とちょっと安心しました。
ひとえに頑張っているのだめに幸ありと願っています。
2008/02/27(水) 23:28 | URL | abmie #-[ 編集]
なつさんこんばんは!

千秋ファンを代表して感想ありがとうございます!
胸が痛いなんて言われたら、まさか惚れたんじゃ?!と
心配しますよね。もちろん展開としては唐突過ぎるけど、ごみ屋敷に住んでいてもピアノの音がきっかけで変態の森に足を踏み入れた前科がある彼ですから。。前回はあおるような柱文もありましたからね。。でもそうじゃなさそうで一安心。

試聴サイトはいくつか聞き比べて、イメージに近いところをあげてみました。ゴジラのテーマはサイト紹介には入れませんでしたが、現在脳内リピ中です。(笑)

2008/02/27(水) 00:53 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ありがとうございます!そしてPCお気の毒さまです。
うちのも調子悪くて、会社のも危ないんです。早めにバックアップしとかなくっちゃ!

そうそう、はーもに~♪様のご指摘通り、今回最大のサプライズはRuiのジャズセンス。
自分が、じゃなくてパパがというのはやや強引ではありますが許せる範囲かと。
ラヴェルの協奏曲はのだめだったらフランソワ版に1ヤキトリですね。
是非マルレでやって欲しいに3ヤキトリ!
Ruiだったらどうだろう?youtubeではミケランジェリをみました。
彼らしくコントロールが利いていて、I got rhythmってテンションではないですね。。(^^;

それから千秋へのチビシーアドバイスに激しくくうなづきましたよ!
のだめが本気で演奏するたびに振り回されている癖に、ああしてやりたいって。。
気持は分かるけど、ねぇ。

のだめも早く自分の位置を見つけて、千秋に変なライバル意識を持たないようにしないと一緒にいられないし、頑張ってほしいですね。ターニャも自分の力でパリに残れるよう頑張れ!

ところでチミに足りないものシリーズ、めちゃウケました。
黒木くんは圧倒的に笑顔が足りないんですね。
ちなみに私に足りないものは笑顔x2、出席日数、謙虚さだそうです。
わーい、くろきんと半分同じだ!(ってそこかい!)
2008/02/27(水) 00:40 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんばんは♪

>ここでRuiに心が揺れた?!と心配した千秋ファン(のだめファンも)も多かったのでは?

はーい。これはあたしのことでーす(笑)
「アイ・ガット・リズム」の場面を見て、更にそう思ってしまった、徹底的にのだめサイド?から物語を見てしまうのだめファンです、、、(笑)

なので(?)扉絵に関しては同じ感想を持ちました。

今回好きだったのはアパルトマンのみんなのお食事場面とのだめこそ泥「靴下一本落ちてない~」です。

あ、ちなみに突っ込みどころ、ろめいんさんと同じところもありました、、。

価格破壊シルブプレ?はスゴイ笑いました、、、。

ラヴェルのト長調は、大好きな曲です。
Lesson115に出てきてすぐに買って、それ以来何かに付けてリピートしています。今はベトベンの31番ですが、(最近買ったので)その前までは何か嫌なことや落ち込むことがあると第2楽章をリピートで聴いていました。あの冒頭のピアノのソロが素敵過ぎて、、、。

今回出てきた曲の試聴の案内ありがとうゴザイマス。
試聴サイトの案内つき、、、。とても親切で感動です。
またまた、さっそく、行ってきます。
2008/02/26(火) 23:42 | URL | なつ #-[ 編集]
私のパソ子が、昇天してしまったので、子供のパソからこんにちは♪

Ruiちゃんはジャズがお好き…! さすが所長は、我々の想像の範囲を軽く超えてくださいますね♪ 
でも、Ruiとジャズ…念入りに伏線を貼られる所長にしては、ちょっと、唐突な気もするの。 working noteに書かれていた、「刺激ある演奏を聴いてしまうと話も変わることもあるんですよね。。」って、このこと?

以前、大澤先生が日記で、絶賛してらした、バーンスタインの弾き振りかな?…(いえ、何の根拠も無いけどね 汁)
YouTubeにバーンスタインの弾き振りでのラヴェル・ピアコンの動画を見つけました。http://jp.youtube.com/watch?v=LbI4c2os6YU
映像からオーラがでまくりで、ジャジーな演奏が、かっこエエっす♪

のだめちゃんなら、サンソン・フランソワ系かな?
所長がKiss on lineのインタビューでフランソワのラヴェルがお気に入りだとおっしゃっていたし。クリュイタンス指揮のCD,パリ音楽院管弦楽団だからバソンだろうし…マルレでやるなら、バソンだもんね。
ふふ、黒木くんのオーボエ&コールアングレでね♪

なんて、音を想像しているだけでも、楽しい曲ですよね。


正統派天才の二人、思い描いていた音楽の方向が同じなのね。
でも、のだめちゃんの音楽は、真一君の想像を超えたところにあるのに…真一君てば、「こうしてやろう、ああしてやりたい…」て…^m^
愛情といえば、聞こえはいいけど、それじゃ、ヘタしたら、のだめちゃんの個性を殺しかねない気がするわ…

「嘆きの歌」、早く自分の力でモノにできるといいな。そして元気な力強いフーガで、「嘆き」を制して欲しいわ♪ 
自分で勉強して、試行錯誤して、自分の音楽を見つけて、「これが、私の演奏よ!」という、しっかりした自信を持てれば、優れたピアニストでもある真一くんに、過剰な反応を起こさなくなるのでは? 依存しあうのではく自立した音楽家として、恋人同士として、新しい、良い関係が作れそう…(生活面はともかく…汁)

!!? ターニャがんばれ!? 
うんうん、がんばれ!! ^m^

ps.黒木くんに足りないものは、ビタミンCじゃなくて、「武士道」と「愛人」でもなくて、「笑顔」だったよ…>チミに足りないもの http://timiss.net/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E6%B3%B0%E5%89%87/

2008/02/26(火) 23:30 | URL | はーもに~♪ #CFBCjnlI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/175-49b6aab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。