近くて近い街:ソウルでちょっぴり街歩き

ここでは、「近くて近い街:ソウルでちょっぴり街歩き」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朗報!待ち時間ゼロでクリスピー・クリームのドーナツが変えるお店を発見!
行くのにパスポートが必要なのが難点なのですが。。そう、ソウルにあるんです。(笑)

羽田-金浦線で行くと楽々日帰り出来てしまうソウルに行ってきました。便利過ぎて、しっかり仕事しても十分日帰り可能でしたが、「ご飯ぐらい食べていけ」と言ってもらえて一泊出張に。例によって空港→事務所→ホテルの旅だったのですが、スキを見つけてお散歩してきたのでレポートしますね。

美味しそうな屋台の並ぶ通りを歩いたのは夕飯後で、何も買う事ができませんでしたが次回はぜひ!の願いを込めて写真に残しておきました。そんな行き当たりばったりの街歩きについては続きからどうぞ。

donut.jpg


yatai.jpg
gimpo.jpg


金浦(キンポ)空港は羽田と同じような立場で、国際線を仁川(インチョン)空港に譲り、おもに国内線の空港であり、国際線ターミナルはコンパクトに出来ています。上海の虹橋(ホンチャオ)空港も同様に主に国内線で、浦東(プートン)が国際線です。3つの空港は街からのアクセスも良く、ターミナルも小さいのでストレスが少なく移動することができます。そんな空港の案内板です。英語、ハングル、漢字のほかに、日本にもないカタカナ表記を見つけたので思わず撮ってしまいました。

ソウルに到着すると季節感は日本とあまり変わらず、気温は東京よりやや低い程度。桜の季節は少し遅くて、4月中旬ごろが見ごろだそうです。今週は黄色いレンギョウの花をみかけ、ビルのロビーには一足早いツツジが飾られていました。お隣の国だけあり、春を告げる植物も良く似ています。

約2年ぶりの韓国はコーヒーショップやフランス風ベーカリーカフェ、コンビニが増えており、ハングル文字さえなければ東京と変わりません。学生の頃、留学生の友達に習ったハングルをおさらいしておけばよかったと後悔しましたが、帰る頃には少し判読できるように。ただし、音読は簡単でも勉強しないと意味は分かりませんけどね。(^^;

さっそく行ったのはオフィス街のなべ料理屋さん。ダシの利いたスープにうどんをたっぷり入れて牛肉と一緒に煮込みます。煙突のないしゃぶしゃぶナベをお店の人が豪快にまぜて、どんぶりに分けてくれました。スープの色は赤いですが、辛味はそれほど強くなく、最初に出てくるおひたしやキムチの小皿で口直ししながら食べるとどんどん行けます。デザートにもらったミカンは日本のものと同じ薄くて柔らかい皮でした。

韓国に行かれたことのある方はご存じのとおり、こちらでは小皿がたくさん出てきてテーブルは常に一杯。水キムチ、キムチ、ハーブ系野菜のごま油和え、青菜のお浸しなど野菜はたっぷり出てきます。焼肉もサンチュ、チコリ、ゴマの葉、などに巻いて食べるのでバランスも抜群。日本の焼肉のほうがお肉自体は美味しいと思いますが、小皿の野菜やキムチ、最後の締めなどを考えると、やはり本場はちがう!と思ってしまいます。

夕飯の焼き肉でまず出てきたのは、厚めのお肉を穴のあいたロースターで蒸し焼きにして塩で食べるもの。塩にごま油を足しても香ばしくて美味しいです。次はくるりと巻いたあばら肉の薄切りで、玉ねぎのスライスや細ネギの入ったポン酢でたべます。最後は、たれでつけ込んだ豪快な骨付きカルビ。仕上げのうどんはしゃぶしゃぶの後のうどんのようであっさりして美味でした。

駐在員のおじさま方に、「日本人は骨付きカルビを一番喜ぶけど、タレでつけてある肉はごまかしが利くからね、意外に高くないんだよ」と教えてくれました。私はポン酢が気に入り、日本の焼肉屋でもメニューに加えてくれることを希望。いつもながらおじさま方は野菜をあまり食べないので、サンチュなどはほぼ独り占めしてしまいました。

食事は日本語での会話だったので韓国語を思い出す事はなかったのですが、美味しい食事のお礼を言っている時に、自然に「チャル モゴスムニダ」(ごちそうさま)と出てきました。言葉って本当にそう思った時に出てくるものですね。なんだかちょっぴり嬉しくなりました。

夕飯後は腹ごなしのお散歩。ホテルからあまり離れない距離を歩く事にしましたが、ロッテホテルは便利の良い所にあるのでラッキー。まずは山の上に立つソウルタワーの方向にぶらぶら。綺麗な色でライトアップされたタワーをお見せしたかったのですが、うまく写真に撮れなくて残念。

その後、遅くまで開いているお店や屋台を冷やかしていましたが、美味しそうなお店の方は写真成功。左側には簡単なテーブルとイスがあり、煮込みやチヂミなどが食べられます。とっても綺麗なお姉さんがおやつに焼き鳥のクシを買っていましたよ。^^

露店で売っていたヘアアクセサリーなどを横目で見つつ、「暗いところだから綺麗に見えるだけ、買うと後悔するかも」と自分に言い聞かせてホテル方面に戻ってくると、クリスピー・クリーム・ドーナッツを発見。誰も並んでいないので見るだけのつもりでショーケースを覗くと、お姉さんがにっこり微笑んで「シショクをドウゾ」と小ぶりのチョコレートグレーズドをもらってしまいました。写真のとおり、普通のドーナツと大きさもほとんど同じですよね?

それでは箱買い、とは行きませんが、明日の朝食用に購入を決定。オリジナルグレーズドとチョコレート・ウォールナッツにコーヒーをつけてもらいました。グレーズド系のドーナツはふわっとしていて、お砂糖の衣の甘さが優しく脳を襲います。いかにもアメリカンな味ですが、油っぽさが少ないのが人気の秘密かも?チョコレートのほうは私の好きなどっしりしたケーキ系で、くるみの香ばしさがグッドでした。ここのお店はいつも空いているのか、ロッテ百貨店が閉店した後だったからは不明ですが、とにかく念願の初クリスピー・クリームが頂けて満足でした。

宿泊していたロッテホテルは百貨店の隣にあり、本館の一階には10時までオープンの免税店があるなどカジュアルな面もありますが、新館は14階にレセプションを設け、オリエンタルで上質な雰囲気を醸しています。最上階にはもうすぐミシュランの三つ星レストランがピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire)オープンするとか。

現在のウォンはドルより弱くて、輸出も低調で景気も悪いと聞きましたが、日本からお買い物に行くにはチャンスかも。日本からも女性を中心にたくさんお買い物に来ていましたよ。私もウォン安のうちにまた来たいと狙っています。^^

コメント
この記事へのコメント
レベッカさん、こんばんは!

お具合はいかがですか?
いつもながら8割がた食べ物についてのレポートでしたが、少しでも気分が伝わったと聞くと嬉しいです。^^

クリスピークリームはサザンテラスや有楽町丸井近辺を通る時には一応チェックしていたのですが、雨の日も風の日もすごい列で諦めていたんですよ。近くにお勤めなら、きっとそのうちチャンスも出てきますよ。

次回は是非屋台フードをゲットしたいものです!
できたら、エステなんかも。。^^
2008/03/21(金) 23:39 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
おお、ソウルですか!文字通り飛び回ってらっしゃるろめいんさん(^^)今回も食べ物のレポがとても美味しそうで食いついてしまいましたw
初クリスピー・クリームがソウルだったんですね。並ばずに買えるのが一番ですよね…。そういう私はまだ食べたことがないのですけれど。頼みの綱は銀座勤めの妹ですが、彼女もさすがに90分以上並んでドーナツを買う気にはならないそうで、もう少しほとぼりが冷めるのを待つそうです、ガッカリ。orz
4月に実はソウル近郊のある町へ行く予定だったのですが、まだ安定期に入らないこともあり今回は残念ながら見送ったのですが、ろめいんさんの記事を読んだらちょっと行った気分になれて得しました~v(*´∀`*)
2008/03/21(金) 01:23 | URL | レベッカ #9xsPF1TE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/180-263096ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。