チョコホリックなアナタにおすすめ!?100%チョコレートカフェ

ここでは、「チョコホリックなアナタにおすすめ!?100%チョコレートカフェ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトデーから一週間、頂いたチョコレートがまだ沢山あるというのに、チェックしていたスイーツの店を見かけるとつい衝動買いをしてしまいます。仕事のストレスのせいか、(^^;単純に食い意地が張っているだけかは(^^;;;謎ですが、気分にぴったりのスイーツを見つけた時の幸せは堪えられないので、理由については、ま、良いか。(笑)

京橋のM製菓本社の一階にあるカフェ兼チョコレートのアンテナショップも以前から気になっていたお店の一つ。365日違うチョコレートや世界中のカカオを使ったチョコがあるらしい事を思い出したのは、東京駅近くでの朝イチのアポイントメントにむけて時間調整をしている時でした。

そんな訳で、ふらりと立ち寄った100%チョコレートカフェは日差しが降り注ぐ明るいお店でした。いろんな産地のチョコレートをテイスティングしてパワーアップしたオフィス街の朝については続きからどうぞ。

choco2.jpg

おじゃましま~す、といった感じでお店に足を踏み入れると、ステンレス系でスタイリッシュにまとめたインテリアと雑貨屋さんチックな優しい食器が出迎えてくれました。朝のお勧めだというパン・ド・カンパーニュにフレッシュなチョコレートを添えたモーニングセットをオーダーして、一休み。粗挽きのライ麦を使っていて、しっかりした食感の田舎風パンに、フレッシュチョコレートをスプーンでのせて、いただきま~す。軽いながらもショコラの香りが立っており、パンの香ばしさと良く合います。美味しい朝ごはんのおかげですっかり充電完了。そのうえ、今日の日付の入ったチョコレートを一個もらって、すっかりご機嫌です。

パンにつけるチョコレートというと、ヌテラやゴディバのヘーゼルナッツ入りの重いスプレッドを想像していたので、軽くてとろけるような軽さは意外でした。フレッシュチョコレートはビターからはホワイトチョコ、キャラメルチョコまで6種類あり、日替わりで楽しめます。私が頂いたのはアーモンドミルクでしたが、どれもリキュールなどの香りが楽しめる大人の味だそうです。また、こちらのコーヒーはヨーロッパのブランドで、バリスタもちゃんといるそうなので、こだわりはチョコレートだけではなさそうです。

また、シルバーが基調の店内ではレジにディスプレイされた色鮮やかな56種類のチョコレートのパッケージが目を引きます。ミーティング前なのであまり買い物もできず、それでも南米産とアフリカ産を一個ずつ選びました。理由はもちろん、カカオの原産地である南米と、現在カカオの2/3を産出しているアフリカで食べ比べてみたかったからです。


choco3.jpg


まず試してみたのはチュアオ。最高級品種の「クリオラ」の原種にきわめて近い、ベネズエラのチュアオ谷で採れた稀少なカカオとのこと。雑味がなく、すっきりした味わいなせいか、甘く感じました。カカオは62%です。

マダガスカルはその名の通りマダガスカルで採れたカカオ。フルーティーな酸味と軽い苦味が特徴だそうです。フルーティー、かどうかはうまく感じ取れませんでしたが、コーヒーのような酸味がややあり、後味が苦めで、ダーク系の味わい。チュアオと同じカカオ62%ですが、70%くらいの感じがします。

この56種類はネット販売も行っているだけでなく、製菓用のクーべルチュールのブレンドも行っているとは驚きました。オンラインでは他に365日のチョコ、カフェで使用されているマグなども販売しています。

今度機会があったら、ワッフレート(焼き立てワッフル)かショコラ・ブッセ、暖かくなったらフローズンショコラで作ったアフォガート(ジェラートにエスプレッソをかけたイタリアンデザート)などを頂いてみたいです。♪

モーニングセット 「ショコラカンパーニュ」+ コーヒー(アイスも可)
¥480(税込)/AM 8:00~AM 11:00
単品価格:ショコラカンパーニュ/250円、コーヒー/300円

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/181-14d31ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。