ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008: 5月2日 「ロンド」と「皇帝」

ここでは、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008: 5月2日 「ロンド」と「皇帝」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとうラ・フォル・ジュルネが始まりましたね!

たまたま第一回の「ベートーベン」の時にGW直前のニュースで知って駆けつけて、以来クラシックというか、生演奏にはまりました。敷居が高い印象のあるクラシックが身近に感じられるイベントは毎年この時期の楽しみです。今年こそチケットも早めにゲットするぞ!と心に決めたはずなのですが、どうも競争率が年々激化しているようです。その上、なぜか行きたい公演の時間が重なりがちで、なかなかうまく取れませんでした。結局先行予約やボックスオフィスを通じて5公演を取りましたが、ふたを空けると大ホールの競争率の低い演目ばかり。狙っていたシューベルトの即興曲やピアノソナタの重たくない方(笑)は全然ゲットできずに、他の作曲家が約半分ですが、それもまた音楽祭の楽しみと思いましょう。

手間を省いてゴージャスに!という方は周辺ホテルで公演チケット付きの限定宿泊プランもあるそうです。特に今回みたいな終演が11時過ぎる公演だと帰りがつらいので、遠くにお住まいの方は旅行気分でラ・フォルジュルネを楽しむのも良いですね。

今年も盛り上がっているラ・フォル・ジュルネで袖を摺り合わせるかもしれない方も、そうで無い方も宜しかったら続きからどうぞ。
夜遅くに始まる公演までの時間をどうつぶそうか心配していたのは杞憂に終わり。。そう、結局仕事でつかまりぎりぎりまでオフィスにいて、駆け込みで国際フォーラムに到着。毎度のことですが、連休前までバタバタするなんて。いやですね、ホント。(泣;)

気を取り直しておさらいすると、今回の演目は庄司紗矢香の「ロンド」とボリス・ベレゾフスキーの「皇帝」、オーケストラはポーランドのシンフォニア・ヴァルソヴィア 、指揮はヤツェク・カスプシクです。初めに言い訳をしておくと、シューベルトの弦楽曲は初めて聞く曲です。そして22:15分の開演に駆け込んだ状態では、集中力はあまり残っていません。

深紅のサテンドレスで現れた庄司さん。20代の半ばの女性を「少女」と呼ぶのは失礼とは思いますが、トレードマークのストレートヘアといい、体全体を使ってで演奏する姿といい、天才少女のイメージのままでした。弦楽をバックにソロヴァイオリンがずっと弾くという曲にはあまりなじみがなく、曲が捉えきれなくて残念。やはり予習はしておくべきですね。と、言う訳で演奏の感想は的を外れているかもしれませんが、前半はソロが堅くざらついた感じがしました。庄司さんも立ち位置を微妙に変えながら、オケとのバランスを取っていた様子。後半はソロの響きが弦楽からうまく浮き上がり、曲の感じがつかめたかなと思った頃に終わってしまいました。

庄司さんの肩幅を2倍したような堂々とした体躯でステージに上がったボリス・ベレゾフスキーはピアニストというよりスポーツ選手?といった体格&風格。日本でもおなじみの彼の登場に、庄司さんに劣らない拍手が送られました。彼の「皇帝」は3月の読響との演奏会を聴きそびれたのでラ・フォルジュルネで聴くのを楽しみにしていたんです。

長大な第一楽章はでは軽やかに駆け抜けるようでいて、一つ一つの音の粒ははっきりしていて華麗。第二楽章はオケが美しく静かなムードを作り、ピアノもしっとりと綺麗に流れます。至福の中で目を閉じると意識も浮遊状態になり、第三楽章が華やかに展開しているのを夢見心地で聴いていました。オケは優しいホルン、ロングトーンのバスーン、軽やかに歌うフルート(管楽器ばかりではありませんが)など手堅いながらも良い流れでピアノソロを支えていたと思います。

サツキやツツジが薫る雨の中、多少無理してもコンサートに行って良かったなと思いつつ、日曜日の公演を早くも楽しみにしています。

5月2日 22:15-23:05 Hall A  Spaun(シュパウン)
シューベルト:ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド イ長調 D438
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」

庄司紗矢香(ヴァイオリン)
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヤツェク・カスプシク(指揮)
コメント
この記事へのコメント
nomomaniaさん、お帰りなさい!

本当に今年のチケットは取りにくかったです。
演目中心で、探したら大ホールのみ取れたというところ。。大ホールは埋めるために日本人有名奏者が出演している、という事情なので奏者狙いじゃないんですけどね。
2008/05/06(火) 10:29 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ラ・フル・ジュルネの庄司さんのチケットは、昨年も今年も発売開始と同時に瞬間蒸発してしまってゲットできませんでした。お聞きになられて羨ましい・・・。

特に今年は、小旅行帰りの昨夜(5日)10時からの小菅さんとの二重奏を聴きたかったのですが、残念・・・。
2008/05/06(火) 07:28 | URL | nomomania #-[ 編集]
szellさん、どうもです!

連休前の静かなオフィスだというのに、時間一杯まで整理して、その反動で完全に弛緩しました。
コンサートのお陰で完全に気分転換できて良かったです。^^あんな時間だというのに、子供も何人か見かけて驚きました。
2008/05/04(日) 23:24 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
早速行ってらしたんですね。
こんな遅くのコンサートに仕事で義理着r駆け込みセーフって、お疲れ様でした。
でも、仕事の疲れが癒されて、素敵な気分でGWに突入できて良かったですね。(^^)
2008/05/04(日) 22:58 | URL | szell #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/188-56316ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。