のだめドラマ:オープニング感想 

ここでは、「のだめドラマ:オープニング感想 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、皆さん無事のだめドラマは見られましたか?

私はなんとか前記事での宣言通り、リアルタイムで見れてほっとしています。

テレビ自体あまり見ないので、ほかの事をせずに番組を丸ごと見るのも久し振りでした。この様子では1クールは持ちそうもありませんが、(やっぱり弱気;)とりあえず初回の感想行ってみます!
私のドラマへの期待値は、本編に忠実なあまり、ギャグが上すべりにならないことと、クラシックの魅力を伝えることくらいでしょうか。

のだめファンがそれぞれ漫画から思い描いたイメージを全て満足させることはありえませんし、音楽ものの実写化は難しいことは明らかですから。初回については予想の範囲内で収まり、楽しく見られてほっとしたというのが本音です。

とは言え、冷静に見れたのは黒木くんが出てなかったからで、評判がよくて続編作ったら出るのかな、どうしようと今から心配中。(笑)

キャストについて:
上野樹里は見慣れたせいか、かなりのだめに見えました。あそこまで馬鹿っぽくやってしまうと、後で「実は可愛い」と思ってもらえないのではと余計な心配。

千秋は漫画に比べややオレ様度が低いですが、神経質なトコがらしくて良かったです。もっとクールにやるのかと思ったら、一所懸命演じているせいか、すねてるけど熱い奴ですね、今のところ。

ハリセンはカッコ良すぎで、千秋がかすんだのでややマイナス。(笑)
シュトレーゼマンの服装が怪しすぎるのは演技力で忘れてあげますが、あの色の黒さは何人だ?
彩子さん、きっれーいでしたね。くびれもナイス(笑)です。
真澄ちゃん、乙女でかわいい!あのかつらを見つけたらハロウィーンに仮装したい位!
清良と峰のからみ、サラサラ対稲妻ヘアが楽しみです。
大人な脇役は皆素敵でしたが、今回の一番は谷岡センセ。(はあと)

ストーリーについて:
1話で一気にLesson 1からLesson10まで飛びましたね。もっとも峰くんの伴奏「光る背青春の喜びとイナズマ」、真澄ちゃんとのだめの「クリスマスv千秋とデート杯」、年越し・正月こたつ祭りの3エピソードを飛ばしてますけど。シチュは便宜上若干変えているけどセリフやヴィジュアルイメージはかなり本編に忠実にやっていました。

音楽について:
上野樹里は頑張って練習してたようですね。もちろん吹き替えはあるんでしょうが、それでも少し弾けると切り替えの不自然さが少なくていいですね。千秋は完璧でなくてはならないので、ピアノは完璧吹き替えで良いのですが、指揮のシーンは何とかしてもらいたいですね。真澄ちゃんは演奏シーンが自然な感じで期待が持てます。

エンディングのラプソディ・イン・ブルーはコメディタッチのつくりがドラマに合ってて楽しかったです。本編は曲を知らない人までに音が聞こえてような絵作りが魅力でしたが、テレビではどう料理するのか、楽しみです。これがうまくいけば私的には成功なんですが。(って偉そう;)

ディテールについて:
ウィーンでなくてプラハでしたが、欧州ロケで本場の雰囲気を出してきたのはつかみとしていい感じ。シャル・ウィ・ダンスもブラックプールのロケで始まったことを思い出しました。
ファッションも彩子といい、のだめのワンピースといい、千秋の白黒コーディネイトといい、イメージぴったり。衣装さんとスタイリストさんが漫画と首っ引きで探しましたね。(断言)

千秋のヘアは難しいそうですね。スライドカットっていうんですか?前を多目に流して、斜めにそいで動きをだし、後ろは微妙なパーマで跳ねさせているような感じ。たぶんヘアメイクさんは撮影中、千秋の髪の調整に一番苦労してたと想像。

捨て犬千秋が夢見るススキのシーン、シャンプーしてココナツ島とトリマーなどは一瞬なのにちゃんと作っていて好感。
今回あんまりしょぼいので、狙ったネタか判断付かなかったのは、千秋の飛行機の胴体着陸回想。プラモデル?を引っ張ってる糸が見えたのは目の錯覚?

漫画を見ていない人はどう思ったか、やや気になりますが、まぁ誰でも楽しめるドラマかなと思ってます。次回以降も見たいとは思いますが、ビデオでまとめてになりそうなので、感想は無理かも。。(超弱気)

ところで先ほどから二ノ宮さんの公式サイトにアクセス殺到?でBBSが見れません。ドラマ化が正式発表になったときもBBS閉じてましたよね。(笑) 今回は苦情が殺到というわけではないでしょうが、ドラマ祭りの影響の大きさがうかがい知れますね。

関連タグ : のだめ, のだめドラマ, ドラマ,

コメント
この記事へのコメント
帰ってきて、食事しながら今日もビデオ見ました。

はい、飛行機の糸、はっきり見えましたよ(爆)

のだめができるのは、今の女優さんだと上野樹里ちゃんだけなんではないでしょうか。
千秋も、昨日はちょっと違和感あったけど、今日改めて見直してみると、玉木君もいい味だしていますよね。
のだめを見る時の優しい表情とか、マンガの千秋と通じるところがあるかも。
ピアノは完全に吹替えなので、肘から上しか写りませんが、それでも手の動きがイマイチなのが残念。もうすこしなんとかなるとかっこいいのに。
指揮姿のほうは、ぜひ、カッコよく堂々と振って欲しいものです。

私の好きな清良タンや多賀谷彩子もイメージに近いので、頑張って欲しいです。
2006/10/18(水) 00:40 | URL | milk dipper #0u9lAjE6[ 編集]

毎日おそくまでお仕事ご苦労様です。

飛行機の件、同感いただきほっとしました。
一人で見てると何か見落としたかと焦りますよね(汗;)

PDAなら書き込みも携帯より楽そうですね。
コメントの続き、楽しみにしています。
2006/10/18(水) 00:12 | URL | ろめいんれたす #JyN/eAqk[ 編集]
はい、今日も会社帰りです。
携帯じゃなくて、PDAなんですね。
だから、しっかり書き込みもできますよ。

飛行機のショボさには、私も、何か特別な意図があるのか?と深読みするほどでした。

あ、駅についちゃったので、続きは帰ってから。(笑)
2006/10/17(火) 22:42 | URL | milk dipper #0u9lAjE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/20-f8664454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。