のだめカンタービレ Kiss本誌感想: 真っ赤な薔薇とLesson 125

ここでは、「のだめカンタービレ Kiss本誌感想: 真っ赤な薔薇とLesson 125」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様お久しぶりです!
週末に涼しい国より帰ってきて、こちらの暑さにすっかりバテてしまいました。
時差ボケよりも暑さボケですっかりアップが遅くなりましたがお許しを。。(^^*;

前回同様、成田空港の本屋を回ってKissを探したのですが、結局見当たらず!
その後自宅周りのコンビニをぐるぐるして見つけた頃には、気力メーターがゼロになってしまいました。Kissの発行部数が減ったのか?勘ぐってしまいましたが会社周辺のコンビニでは複数店舗に置いてあったので、取り越し苦労だったようです。(笑)

本誌をゲットしてほっとしたのもつかの間、のだめの音楽成長物語は加速度的に展開していますねー。人が変わったように音楽だけに集中するのだめと、その周りを取り巻く渦がどんどん大きくなってゆく様子に、終焉の予感が漂います。

いつもならがらの感覚的かつ理屈多め、更に質より量(笑)な感想でよろしければ続きからどうぞ。

一輪の薔薇に君を想う
表紙は大人な色気のある千秋。なんとなく玉木宏に似ていると思うのは、ドラマに洗脳された管理人だけでしょうか?千秋萌ではないけど、この愁いのある表情は素敵だと思います。カラーで見たい絵ですよね!所長、ぜひコミックスでは色を付けてください!!

蝶ネクタイを外したところを見ると、パーティーは終わったようですが、手元に残った一輪の赤いバラがなにかを物語っています。そう、心の目でははっきり真っ赤に見えました!(断言)バラを手渡したかった相手はにどんな言葉を伝えるつもりだったのでしょう。
まだ早まらない方がいいと思うぞ!千秋!!(爆)

のだめ捜索隊の伝言リレー
あのピアノの虫が授業に出てこない事を心配するリュカはちゃんとツボを心得ていますね。ターニャとフランクだったら不在の発覚があと数日は遅れていたに違いありません。暇なせいかもしれませんが、いやそうな顔をしつつもユンロンはマメに探してくれます。捜索バトンはムッシュー長田から千秋へと渡されますが、千秋は責任を感じてますね~。プロポーズをスルーしたことを後悔しているのでしょうか?だから、早まるなって。(笑)

どっかで見た子
一心不乱にピアノに向かうのだめは、初見にしては良い感じで曲を弾き始めているようです。エリーゼもオリバーも正体が分からないほど、いつもとは表情も完全に違うのだめです。一週間の間にメジャーで難しい曲に挑戦ですが、巨匠のコーチで間に合うのか?!ミルヒーのことですから、のだめらしい演奏をさせて一曲に仕上げてくれるとは思うのですが、もとはピアニストだった彼のこと、ひとひねりあるんじゃないかと楽しみにしています。

のだめ捜索in Japan
今回のコマ割りはリズミカルというか、各キャラのアップ@てんてんバックが小気味いいリズムを刻んでいます。今回は狙ったような同じコマで、リュカ、ターニャ、ユンロン、千秋、オリバー、峰、ヨーコときて、真澄ちゃんがオチか?と思ったらトリはあの方でしたね。

白目をむいた峰も、散らかしっぱなしの大川のキッチンも、夕焼けを見つめる乙女の真澄ちゃんも相変わらずで嬉しいですね。真澄チャットでは手がかりがつかめず、がっかりする千秋の方が音楽に集中できていません。折角合唱を振るチャンスでしたが、この状態ではどうせ無理っぽい。自分が指揮するコンサートだったら切り替えられるのかもしれませんが、イタリアだし、修行中だし。。

千秋は今までもなんどかのだめのことで頭をぐるぐるさせてますが、こんな風に悩ませるなんては、ある意味すごいですよね。

月明かりと昔の恋
昔!!というところに反応するのは深読みすぎるか?純粋に音楽を楽しみながら、片思いの千秋の背中を追っかけていたあの頃の自分が、過去に思えたのだと思います。恋が過去形になった訳ではないと。。願ってます。

昔を振り返って怖いもの知らずだったと言えるだけ、のだめも大人になったようですね。このあたり昔のシーンから思えば、のだめも遠くへ来たもんだ!自分がどれだけ成長したか、ちゃんと客観的に捉えてみたら良いのに!と外野から声をかけたくなります。今ののだめにはだれかのアドバイスより、自分で自分の実力を知って今後どうしたいか決める段階にきているような気がします。ここはとことん弾いて、憧れの協奏曲を弾き切るしかありません。

真打登場!
ミルヒーがのだめの師匠を知って、白目をむいたと思ったら、テンテンバックで登場したのは真打・ヨーダです。教育者としてもピアニストとしても有名らしい彼ですが、ミルヒーのこの反応からよほどの大物だと推察されます。のだめも師匠のCDくらい聴いて、どんな人か教えてよ!ねぇ。(笑)

ところで原因不明の大したことない病気って、コンヴァトはお休み3回でクビという厳しい学校なんですが、病欠と言いつつ1週間も休んで大丈夫なんでしょうか?まぁ、後先考えてないんでしょうが、桃が丘の上にコンヴァトまで中退となりませんように。(^^;

好物のチョコをつまむヨーダには、のだめの不在の理由は見当が付いている様ですが、自分にすがらず誰の所に行っているのかが腑に落ちない。師匠の所に行かなかったのは、Ruiが理由でしょうが、オクレール先生が自分の才能を信じてくれていることを信じ切れなったのだと思います。妙に自信がない半面、一流オケといきなり協奏曲を弾く自信はあるというのが、のだめの非凡さなのでしょう。

のだめ飛翔か?
公演はパリかと思ったら、カラオケ完備のプライベート・ジェットで向かった先はロンドン。さすが世界のマエストロ。ところで恋のGカップは萌と薫が歌っていたのでデュオの曲だと思ってましたが、ソロでしたね。作詞はもちろん二宮さん。(笑)

早速向かったのはリハーサル。ロンドンのオケではミルヒーもおなじみのようで、ジョークに笑い、ドンドンと歓迎を表します。3年熟成中の新人?のだめは中学生に見えるようですが、どうなることやら。それにしても指揮しているミルヒーはカコいいですよね。もうずっと指揮していて欲しいデス。(笑)

誤爆に注意
爆弾娘に火をつけたい巨匠ですが、誘爆に失敗しないようお願いしたいものです。のだめの頭の導火線がなぜかスイカかメロンのつるのように見えてしまいました。新鮮な果実ネタはとっくに終わってましたね。暑さのせいです。すいません。(^^;

のだめの演奏はさすがに迫力があったようで、オケも感心して静まり返ります。でもオケの音を聞いてもっとがっつり行きたくなったようで、巨匠にも偉そうに指示をしています。こうなったら何も考えず、自分の音楽を最大限に演奏してほしいと思います。

今回の小ネタ@日本の皆様
主要メンバーが出揃った今回、フィナーレへの助走のように感じてしまい、ちょっとだけ複雑。
もちろん皆の顔を見るのは嬉しかったんですけどね。総出演ならだれか黒木くんにも電話したら良かったのに。(ぽそっ)

裏件のメニューには驚きませんが、清良が食べてるのはスパゲティでしょうか?
峰に合わせて?のカジュアルファッションが可愛い。白目をむいてる峰のTシャツは怖い柄のはずなんですが、なんだかラブリー。着てる人そのものですね。

大川の野田ファミリーは相変わらずノリがいいですね。やっぱり職業柄?!
失礼しました~。。暑さでダジャレがだだ漏れしちゃいました。

真澄ちゃんの派手なシャツと内股気味の立ち姿にノスタルジー☆。
相変わらず激しさとラブリーさが同居する真澄ちゃん、可愛いです。
オケツ占いって、1巻のネタでしたよね。懐かしすぎる。。

久々の書き下ろしマングース!ってそこかい。(笑)
学園祭、ガーシュイン、ラフマニノフ。。。走馬灯のように思い出が駆け巡ります。
昔のトレードマークのマフラー+ブーツ+ピアノバッグが懐かしい。(涙)

テーマ曲はショパンのピアノ協奏曲第一番
出だしは聴き覚えがなくても、第一楽章の悲しげな主題や第三楽章のきらきらした展開は聴いたことのある方も多いんではないでしょうか?瑞々しくて技巧も必要とされる曲なので、のだめのデビューには似合っていますが、ショパンでデビューとは全く予想していませんでした。

今まで勉強してきたのは、バッハさんの正しいカレーから始まって、モーツアルトやベートーベン、ラヴェルやドビュッシーその他もろもろ。のだめは自覚していない様ですが、オクレール先生の特訓のおかげで譜がちゃんと読めるようになりました。あとは試験のモーツアルトの時や、ショパンのソナタの時のように威張りすぎておなかが出ちゃわないように気をつけて。気分をコントロールしつつ、自分の個性をうまく音に乗せればOKのはず!楽しみしてるよ、のだめ!!

そして弾き切ったら師匠の恩を忘れないように!チョコの付け届けも一緒にね!(人生の大先輩より)

今回の大穴予想はお休みということで☆
理由は暑いから・・・というは、半分本当ですが。
あとの半分は終りの予感がするので、それを想像するのがもったいないような気がして。
今回は素直に次の発売を待ちたいと思います。

そして引き続き欠席欄にいる黒木く~ん!だれか電話してあげて!!(しつこい)

ところで来月の発売日も旅行かもしれないことに今気が付きました。
ぐわぁ~ん、また走らねば!!(苦笑)

♪視聴コーナー♪
2005年のショパンコンクールで一位をはじめ賞を総なめしたブレハッチの演奏が聴けます。
第一楽章だけなのは残念ですが、なにせタダですから。。全部聴きたい方はCDでどうぞ。
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/chopin/000380.html

楽譜と音源はこちらからもダウンロード可。
http://www.chopinmusic.net/en/works/concerti/

リンクにあるMusic Archivesでも聴けますが、室内楽バージョンなのでやや迫力が足りないかも
コメント
この記事へのコメント
T様はじめまして!
以前から楽しみに読んで頂いていたなんて、嬉しいです!
また優しすぎるコメントをありがとうございます。(*^^*)

私もこのマンガにはまって、リアルではありえないコアな話題をオンラインで話せる仲間に出会って今に至るので、おっしゃる事がとてもよく分かります。3年位前?の第一次のだめブームの頃、素敵な感想サイトがたくさんあり、回るのが一番の楽しみだったのに、急に閉鎖が相次ぎ、コメント派だったのがいつのまにかサイト持ちになってしまいました。(笑)

自分の意見は一般的なファンとはズレてるので、大した需要はないはずですが、偏った意見を受け入れてくれる心の広い方が多くてありがたいです。そして、こんな事を妄想するのは自分だけかな?と思っても広いウェブの世界には賛同してくれる人もいて、嬉しいです。このブログは他の素敵サイト様のような洞察力も文章力もありませんが、すっきりしたと思って下さる人もいるんだ!と思うと下手な文章を紡ぐ励みになります。

こんなブログで良ければ、また遊びに来てくださいね~。^^
そして気が向いたら、こんにちはでも言いに来てください。待ってまーす<span style="font-size: 300%; color: blue;">♡</span>

2008/07/18(金) 01:00 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
わは、なつさんこそお疲れ様です!
なつさんのお仕事は手が抜けなくて大変だと思いますよ!私はただいま外では夏バテ、中では冷房病まじかです。(笑)

遅ればせながらの感想ですが、読んで頂いて嬉しいです。^^コンチェルトは聞かれましたか?

「昔の恋」には最初ショックを受けたんですが、のだめはプロポーズをスルーされても、千秋の気持は変わったとは思っていない(と思う)ので「昔の自分」の方が強いかなと思ってます。そう思いたい、という人も多いのでしょうが。(笑)

>書き下ろしマングース、、、、
レアなスポットに、反応ありがとうございます!

ちゃんと5巻を確認する前に、これは今の絵だ!と確信してしまった私は相当なマニアですね。(^^;このコメントをいただいて確認したところ、少なくてもSオケの打ち上げシーンには同じ絵はありませんでした。昔のシーンを今また描き直しているのが何となく嬉しかったんです。

それでは♫
2008/07/18(金) 00:57 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
はーもに~♪様 
ほかの感想とはどうも風味が違い、一般受けしない事は自覚してましたので、お気に召していただいて嬉しいです。^^

そうそう、同志はーもに~♪様の言うとおり!(がしっ)
今回ののだめは真正面から楽譜に取り組んでますよね。
シューベルトがきっかけとなってここまで来たのですが、それのトリガーは千秋だったりして、ロンドのように、因果が巡っています。

のだめが千秋やオクレール先生から離れてデビューを飾るのも、一人で音楽に向かっていけることの強調かなと思います。そのうえで、千秋との関係やヨーダとの距離を確認して、今後の長い道のりの方向性をつかんでくれれば、言うことなしです。

>プロポーズを早まるな、ですか!(笑)
すいません、今回の大穴予想はほぼそれです。
結婚に反対だと誤解されそうなので、予想として書くのはやめたのですが、反対しているというより、今プロポーズすると断られるかもって思うんです。(^^;

のだめも本当に結婚したかったわけじゃなく、逃げで言ったことだし、今は大体音楽しか目にないし。千秋もしたいわけじゃないのに、のだめの為にと焦って言ってしまって、ドツボにはまっちゃうかも。(って私の方が鬼畜か?)孫つくりってのも面白いですね。ミルヒに名づけ親にしてあげれば、遺産がもらえるかも。(そこかい)千秋もひと夫やひとの親になる前には、もちっと修行が必要には3ヤキトリ!

>黒木君に電話しないのは、ちょっとオカシイですよね。
こんな事思うのはワタシ一人と思っていたので、同意いただけ嬉しいです。(涙;)

来月はヨーロッパツアーでしたね。Kissを無事入手できることをお祈りしています!
私は旅行の日程を変えようかと真剣に検討中です。(いいのかそれで)
2008/07/18(金) 00:52 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
manaさん、

コメントありがとうございます!
いつも読んでいただきありがとうございます。
非常に偏った感想なのに、楽しみしていると言っていただいてとっても嬉しいです♪

本当に見守るしかないんですが、はらはらとしてしまう母の心境ですね。^^

昔の恋と聞いて、つい、きゅんとしてしまいました。
こんなことを言うなんて大人になったなーとの思い半分。
あとの半分は、やっと本当の恋になったところでしょ?
というところ。

偉そうなことを言いつつ、ミルヒーじゃないけど、ありましたね、そんな頃。。(なにか想像中)

じゃなくて、演奏が終わってのだめが落ち着いたら、また二人の恋のペースが合ってゆくと信じています。
2008/07/17(木) 23:42 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/17(木) 23:36 | | #[ 編集]
こんばんは。お仕事お疲れ様デス。
ろめいんさんの感想が読めて嬉しいデス。

昔の恋、、、に思いっきり反応してしまった1人です。
昔って、、、昔にしないでよーやだー、、、と思ってショックを受けていたんですが、ろめいんさんのように、日本にいた頃を過去だと思った、、と読むほうがよさそうですね。
(じっさい、そう読んでいる方の方が多かったです。)

あと余談ですが

>書き下ろしマングース、、、、

この表現、、、なんか良かったデス。

2008/07/17(木) 21:22 | URL | なつ #-[ 編集]
やっぱり、ろめいんさんの感想は、他と一味違っていて、いいわぁ♪

のだめちゃん、サロコンの時のように「ギャボンといわせたい」とかじゃなくて、純粋に音楽に向き合っているのが、とても良いですよね。
ぜひ、「正面から向き合うと、どんな風に楽しいか」を知って、ゴールのない、常に最高の演奏を目指し続けるプロの演奏家になって欲しいです。

どんなに楽しいか「知って」というより、「思い出して」かもしれませんね。
今思えば、ものすごく頑張ったのにダメで、心がボッキリ折れた、日本のコンクル。 
あの時のシューベルト。一つ一つの音を確認するように読み取って、シューベルトの声を聞いた、あのソナタは、初めて音楽に正面から向かい合う喜びを知った曲。
コンクルに失敗して、真一君の誘いも心に届かず、(ただ真一君といっしょにいたいだけなら、あの誘いに乗ってもよかったのに、決してそうでは無いんですよね)、大川に逃げ帰ったのだめちゃんを、もう一度、ピアノに向かわせたのは、あのシューベルトのソナタとあの時のお客様の拍手。
ハリセンの電話を受けたのも、真一君のお迎えも、その後のこと。
そして、ヨーダが、のだめちゃんに留学を薦めたのは、コンクルで、あのシューベルトを聴いたから。
決して、通電や耳コピの特技をいかして、テクニックを見せ付けたからじゃないのは、留学後、Ruiちゃんのマネをして超絶を弾いたのだめちゃんに、「何しにきたの?」と突き放し、「もう一度、あのシューベルトを聴かせてよ。あのソナタは良かったよ」と言ったことでもあきらかですもの。


今回、真一くんの「合唱指揮」は、将来オペラや、合唱付きの曲を振る上で、勉強にはなるでしょうが、表舞台にでるこ事の無いアシスタントの仕事です。ろめいんさんもおっしゃる様に「千秋真一」の名のもとに契約した仕事ではないし、ここはロンドンに飛んで、演奏を聴き、彼女が、自分の足で立っている一人の「音楽家」であって、もはや真一君がひっぱり上げなくてはならない存在では無いことを、体感して欲しいな。


プロポーズを早まるな、ですか!(笑)
ろめいんしゃんはお休みなので、私の大穴予想。
プロポーズはするかもね…ただし「子どもは作らない」という条件で…(雅之氏のことがあるから、真一君、父親になる自信が無いんじゃないかな)
でも、ミルヒーが孫を欲しがったのも、真一君やのだめちゃんを「息子」・「娘」扱いしていたのも、前号ののだめちゃんの食べっぷりも、ミルヒに「孫をプレゼント」の伏線ではないかと…(のだめちゃんは妊娠を否定してたけど、気がついてないだけかも)
妊娠に気がついたのだめちゃんが、そのプロポーズを聞いて、青ざめる…そして「次号を待て!」の展開なんて、どう?(鬼畜すぎ?w)

やっぱり雅之さんにも登場して欲しいし、真一君、父親のトラウマを乗り越えて、もうひとつ大人に成長してくれないと、のだめちゃんを嫁にはやれないなw

黒木くん
黒木君に電話しないのは、ちょっとオカシイですよね。
もしかして、黒木君のコンクルがロンドンで、すでにロンドンにいることを、真一君は知ってるとか…
今後の展開に、黒木君が、何か役割を持っていてくれると、嬉しいですよね♪

私も来月は、発売日を10日ほど過ぎないと日本に帰ってこないので…熱帯雨林にKiss、注文しておいた方が良いかしら? (ーー;)

ろめいんさんのお帰りが嬉しくて、つい長文、ごめんなさい。
北欧と猛暑の日本のギャップで、体調くずされませんように…
2008/07/17(木) 14:35 | URL | はーもに~♪ #CFBCjnlI[ 編集]
お帰りなさい。あついですね?
感想ありがとうございます。いつも楽しみにしています。
ほんとここまで来ると見守るしかないですね。

>恋が過去形になった訳ではないと。。願ってます。
私もそう願っています。横に並んで欲しいな。
2008/07/17(木) 06:10 | URL | mana #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/202-28e3be11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。