北欧お気楽散歩その4: 石畳の先にある中世の街・ガムラスタン

ここでは、「北欧お気楽散歩その4: 石畳の先にある中世の街・ガムラスタン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストックホルムには橋が沢山ありますが、川が多いのではなくて、街自体がいくつかの島にまたがっているのだそうです。スウェーデンで3番目に大きなメーラレン湖がバルト海に注ぎ込む場所にある14の島の上に築かれた街がストックホルムなのです。バルト海側には更に24000(!)もの島々がストックホルム群島をなしています。水の都と呼ばれている意味に、帰国してからやっと気がつく管理人でした。

都市の始まりはスタツホルメン島に築かれた砦であり、発展した街は「橋の間の街」(Staden mellan broarna)とも呼ばれていたそうです。この呼称は今でも数々の島や入り江を越えたストックホルムと言う意味で使われているそうです。ところで現在スタツホルメン島に建つ街はガムラスタン(旧市街を意味するGamla Stan)と呼ばれている通り、中世の建物が建ち並び歴史を肌で感じさせる観光名所です。

swmachi.jpg

実はこのレポートは昨日上げるはずだったのですが、修復不能のエラーが発生して8割できた文章が飛んでしまいました。書き直す気力がなくて、そのまま寝たら脳のフラッシュメモリも消えてしまい、どんな流れだったか全く思い出せません。

仕方がないので今日の気分で書くと、昨日とは違う記事になりましたが、これも一期一会ということにしておきましょう。(^^;

そんな気ままなレポですが、宜しければ続きからどうぞ。


デパートやブティックの立ち並ぶストックホルム中心街から続く石畳の道はお土産物屋さんやカフェが並ぶご機嫌な歩行者のためのショッピングストリート。しばらく進むと国会へと続く古風な門があり、これが中世への入り口です。


swmon.jpg

swmon2.jpg

反対側から見るとこんな感じです。国会の左側にある黒い部分が現代になって建てました部分だそうです。見ているところは国会の向かいにある王宮。ここは実際に使われている王宮としては世界最大とのことで、部屋が600以上もあります。ロイヤルファミリーは現在、郊外のお城に住まわれており、こちらには公務のために通勤しているそうです。衛兵の交代は正時にやっていましたが、ガイドブックに載っている12:00はもっと人数が多いかもしれません。たまたま通りがかった8:00の交代は先頭以外迷彩服でガードマンの交代とあまり変わりませんでしたが、10:00の交代は制服だったのでつい激写してしまいました。(笑)

swkota.jpg

国会、王宮、大聖堂、ノーベル博物館など有名な建物が隣り合うように建っていて、ちょっとブラブラするだけですっかり観光できます。13世紀に発祥した街は、玉石敷きの通りから細い路地が迷路のように拡がっています。見るからに古風な建築はオランダ風?と思ったら北ゲルマン建築だそうです。建物はそれほど小さくはありませんが、隣の建物との間がとても細く、どうやって建てたのかとおもうほどです。また、中世には市が立っていたという大広場は、本当に大?っていうか広場?と突っ込みたくなるほど狭かったりします。

swma2.jpg

朝は静かな旧市街ですが、お店が開くと観光客も世界中から集まるようで、あっという間に大にぎわい。クラフトショップ、お土産物屋さん、レストラン、プチホテルなどが古い建物にぎっしり詰まっています。お値段は基本的にお高めで、人気キャラは「長靴下のピッピ」「ムーミン」など。ムーミンは国が違うけど、スカンジナビアなので、おっけい。(爆)北欧の妖精であるトロールはノルウェイにもいたけど、鼻が大きかったりして可愛くないのでやはり却下。結局お土産と自分にゲットしたのは木のバターナイフとトナカイか角鹿のイラストのついたプレースマット。消費税がなんと25%もあるので、いつもはめんどうくさがるのに、半分返してもらえる免税扱いにしてもらいました。

swwin.jpg

中世の街並みを歩きながら、昔は無かった楽しみも見つけました。手焼きワッフルの香ばしいにおいに誘われて、アイスクリームショップを発見。一番小さいのを頼むと日本と変わらないサイズでほっとしましたが、周りをみるとダブル、トリプル当たり前で巨大なパフェがおすすめメニューでした。食事のデザートにアイスクリームを食べ続けて、しっかりクセになってしまった管理人です。^^

もう少し時間があれば王宮をゆっくり見たり、大聖堂の聖ジョージとドラゴンの像を見物したかったのですが、駆け足でいろいろ回れただけでも満足することにしましょう!

なぜか連載物になってしまった北欧散歩の最終回はノーベル賞の現場からお届けします!


コメント
この記事へのコメント
秘密のT様

いつも下調べが不十分なので、出かけた先でも偶然の出会い(笑)に頼ってばかりですが、いつも読んで頂きありがとうございます!

フルネームが長いので、ついはしょって意味不明になってしまっています。。そちらのHNの方が頭良さそうですね。^^何かにすごく利きそう。(笑)

行き当たりばったりの旅レポですが、参考にして頂けるなんて光栄です。(*^^*)

お仕事で大変そうですが、ゆっくり旅行を楽しめる機会があることを願っています。その時は感想を聞かせてくださいね♪
2008/07/31(木) 22:25 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/31(木) 20:32 | | #[ 編集]
なつさん、こんばんわ!

そうそう、北欧ってログハウスかと思ったらそうでもなかったんですよ。(笑)あれだけ街全体が保存されているのってヨーロッパ本土でも珍しいのでは?

一緒に行った人はディズニーシーみたい!と叫んでいましたし、魔女の宅配便のモデルの一つでもあるらしいです。
昔風の街並みがお好きなら、ぐっと来るはず。縁があったら訪問してみてくださいね。^^
2008/07/30(水) 22:56 | URL | ろめいん #Pf7/ZQlQ[ 編集]
街自体がいくつかの島にまたがっている、、、。
なんか、素敵な場所ですね。
ストックホルム、いつか行って見たいな~って思いました。

北欧って、本場ヨーロッパからは少し離れているイメージがあるので、町並みとか独特な感じなのかと思っていましたが、本場ヨーロッパと変わらない感じデスね。

あたしはヨーロッパの町並みが好きなので、本当にいつか欧州のどこかの街を歩いてみたいと思っています。

2008/07/30(水) 20:38 | URL | なつ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/206-01b55b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。