東京ミッドタウンその4:ここだけ?のフレンチディナー

ここでは、「東京ミッドタウンその4:ここだけ?のフレンチディナー」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッドタウンにはレストランがたくさんあり、セレクションが魅力的すぎてディナーの予約を取るのに迷ってしまいます。超高級で敷居がまたげない!と言った印象ではない代わりに、どこかで見たことのあるようなお店もない。それぞれにこだわりがあって、他では味わえなさそうなお店が多いのは嬉しいです。もちろん人気のお店は予約を取るのが難しく、特に金曜の夜はずっと前に予約するのがお勧めです。(経験談)

ドレスアップしてゴージャスに・・という向きには六本木ヒルズのほうが合うかもしれませんが、管理人は仕事でミッドタウンに行くことが多いので、ディナーやランチを楽しみにお仕事がんばる!といった自分にご褒美的なニーズにはぴったりです。ディナーには二回行きましたが、まだまだ行ってみたいお店がたくさん。。

そんな食い意地の張った管理人のフレンチディナーについては続きからどうぞ。

Image013.jpg
ミッドタウンでミーティング後、女性5名で向かったのはcuisine francaise JJ 。名前が違うのでシェフの名前を見るまで気がつきませんでしたが、表参道「ジョエル」がここに移転していたのです。そう、246からちょっと入ったところに長年あったあの老舗、いつの間にかなくなっていましたがお引っ越ししてたんです。シェフのJoel Bruantはあの有名なポール・ボキューズの直弟子・・というかスーシェフ(副料理長)まで務めたんですよね。そんなシェフは26年間「ジョエル」で本場のフレンチを提供して、六本木の新しいランドマークに移って新しい試みをするなんて、リヨンから遠くに来たものです。

そんな話で盛り上がり、ワクワクしながらお店の前にたどりつくと、シェフコートを来て携帯電話に出ているガイジンさんが。あれ、と思うとやはりジョエルさんご本人でした。お茶目な笑顔は昔と変わりませんでしたよ。

ディナーのセットメニューは8,400円、12,600円、16,800円、26,250円の4段階。一番大きなMenu Gastronomiqueではフォアグラ、トリュフ、伊勢海老、フィレ肉まで頂けるので、ある意味お得です。私たちは一番小さなメニューを選びましたが、メインは3種類から選べましたし、ボリュームもジョエルの時からは少なくなったとはいえ、十分でした。

Image010.jpg


アミューズでは三種類の食感を楽しみました。イクラのスプーン仕立て、パリッとしたロースト、ツブ貝。鴨のテリーヌパイ包みはどっしりとしていてオードブル?といったボリューム。ワイン好きにははたまらないと思います。最初の写真は私の選んだメイのは鹿。北海道の阿部さんという契約猟師さんの仕留め方がうまいので肉が美味しいと伺いましたが、確かに臭みもなく、柔らかくて素直に美味しかったです。他のチョイスはニュージーランドの契約農場からきたオーガニック・ラムや港から直送されたお魚のハーブソースで、どれも素材の味が活きていましたよ!アレンジしすぎないオーソドックスなフレンチでしたが、それほど重くなく、本場で頂いたフレンチより美味しかったかも。特に阿部さんの鹿は特別でした。全員最後のデザートの盛り合わせまで平らげ、大変満足でした。写真があまりきれいに撮れなかったのが残念です。

Image012.jpg


お料理はもちろん、お店の方のサービスは丁寧ながら気さくで、会話も弾み、和みました。資格を持っている友達がソムリエさんと相談しながら、イメージや予算に合わせてワインをセレクトしてくれたので、お料理にもよく合いました。飲めない私までうんちくトークに参加したり、ちょっとだけ頂いたりして、大変盛り上がっていると最後にラベルをはがしてくれました。グラスについてあれこれ話していると、お店で使われている各種のグラスを持って来て、ボルドーにあうグラスの形について教えてくれたり、とても楽しい夜になりました。

Image017.jpg

そんな訳で、前のお店の常連さんだった仲間も、こちらのお店のファンになり、また来ようと心に誓いました。あまりに楽しかったので、来れられなかったメンバーに自慢半分で報告をすると、次回はぜひ連れてゆけ!とお達しが。ジビエが頂けるうちに忘年会でも企画しようと思います。

ところで、テラス席ではカナッペやサラダ、テリーヌなどのメニューが頂けるので、一杯飲みながらフレンチをつまむことも可能だそうです。もっとも8月の終わりから9月にかけてはゲリラ豪雨ばかりなので、テラスに出るのは覚悟が要りそうです。

Cuisine francaise JJ Joel Bruant

Menu du Saison
アミューズ
本日のオードブル
お魚またはお肉料理
デザート盛り合わせ
カフェ/紅茶
8400円+サービス料10%


La Colina
原宿、明治通りにあるメキシコ料理の老舗「フォンダ・デ・ラ・マドゥルガーダ」の姉妹店。モダン・メキシカンという触れ込みでしたが、がっつり食すというよりはメキシカンなメニューをつまみながら音楽を聴いたり飲んだりという店のようです。料理はテックスメックス(アメリカ風アレンジのメキシコ料理)とは違う洗練された印象で、タコスが美味しかったです。
ノリノリでテーブルのすぐそばで歌ってくれるマリアッチの皆さんをはじめ、お店の人もメキシコの香りがするお店でした。グループで盛り上がるにはお勧め、しっとり話したいカップルは別のお店を予約した方が良いかもしれません。

Nirvana Newyork
NYの伝説的レストランを復活させたモダンインディア・ダイニング。家具はミッソーニだそうで、毛糸を使っているわけではないでしょうが、色彩豊かだと思われます。予約が全く取れないどころか、たまたまだったかもしれませんんが、電話もつながりませでした。懲りずにトライしてみようと思います。

Pizzeria-Trattoria Napule
窯焼きピザのお店。昼には行列ができる人気店らしいのですが、夜も予約がとれませんでした。ぜひ一度カジュアルディナーをしに行きたいものです。

Botanica
あのコンラン卿デザインのレストランで、料理はひらまつなら大きな間違いはなさそう。コンランのレストランは世界中にあり、モダン・ヨーロピアンを志向しているそうです。Botanicとは植物という意味ですが、名前の通りガーデニングにも凝っているようなので、話のタネに行ってみたいです。銀座のコンラン・レストランでも良いけど。(笑)

Orange
シャンパンをテーマにしたフレンチビストロで、朝から晩までシャンパンが頂けるらしい。フレッシュオレンジを使ったミモザがお勧めで、オレンジの香りがあふれる中カジュアルフレンチとシャンパンを楽しむというコンセプトらしい。ミモザ好きなんですよ。それだけ飲みに行きたいかも♪^^

他にも西麻布の「ダノイ」、山の上ホテルの「天ぷら山の上」、トップクリエイターがプロデュースした懐石料理「可不可」など面白そうなお店が目白押し。自分にニンジン作戦で三度目のミッドタウンディナーはいずこへ?(笑)
 
コメント
この記事へのコメント
アイスエアさん、こんばんは!

ミッドタウンは美味しそうですよね。^^
ボタニカとイタリアン行かれましたか!羨ましい。。
銀座にも行きたいです。テラスですね!覚えておきます♪

いつかリッツカールトンでお茶ができたら、また報告しますね。敷居の高さは今のところ一番かもです。(笑)
2008/09/16(火) 00:25 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ここはいろいろ入っているので迷ってしまいますよね。
cuisine francaise JJ良さそうですね。私も行ってみたいです。アミューズで3種類はいろんな味が楽しめて良さそう!
私はボタニカとイタリアンのお店に行きました。
コンランレストランは銀座にも行きましたよ。

晴れた日のテラスがいいですね。
2008/09/15(月) 21:49 | URL | アイスエア #mdgUF9TI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/216-4c0176e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。