南ドイツ風のティータイム:Tanne (タンネ)Guten Appetit!

ここでは、「南ドイツ風のティータイム:Tanne (タンネ)Guten Appetit!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、少し遠回りしても寄ってしまう、お気に入りのパン屋さんを紹介します。ドイツのパンやお菓子の好きな方はすでにご存知かもしれませんね。

水天宮の近くの小さな路地にたたずんでいるTanne(タンネ)は昔ながら下町のパン屋さんといった店構えですが、売っているパンは本格的。ドイツから数年交代でマイスター(親方)を呼び寄せ、南ドイツの味を守っているそうです。リーズナブルなお値段で季節に合わせた本場の味を提供してくれるので、つい応援したくなります。

thumb_1110375089.jpg

私が初めてこちらのパンに出会ったのは百貨店のドイツフェア。ドイツを訪ねた時と同じ、素朴でしっかりした味に、お店の名前をしっかり覚えてしまいました。お店は浜町と人形町にがあるのですが、私が時々覗いているのは人形町店。1階ではパン、サンドイッチ、ケーキ、クッキーなどを始めチーズなども扱っていて、2階では飲み物と一緒に1階のパンや、各種パンの一皿盛り放題も頂けます。ドイツ関係の書籍や小説、絵本などが置いてあり、のんびりしたティータイムを楽しめますよ。

木イチゴのジャムをはさんだり、ナッツの入ったクッキーががたくさん並んだ棚では、迷いに迷って、またいつものリーベスクノーヘェンを選んでしまいました。大きさも本場並?で計ってみたら14cmもありましたよ。これで158円ですよ、奥様。(笑)食感はさくっ、ぽろりと落ちるので大きめのお皿を準備して下さい。本体は甘さが控えめで、両端のチョコがバランスを取ってくれます。家に帰ったらカフェオレか濃いミルクティーをマグにたっぷり入れて頂きたいですね。

ケーキも季節の果物を活かしたものが多く、今なら紅玉のクーヘンがあります。たくさんあるパンはどれもしっかりした歯ごたえで、チーズに良く合います。お昼時ならカイザーロールのサンドイッチ、甘くないおやつにはプレッツエルもお勧めですよ。

パンを入れてくれる紙袋は、お店の名前とGuten Appetit! とゴム印が押してあるあるだけというのも環境に優しいドイツらしさです。きれいな紙の手提げも売ってくれますが、ここに来ると紙のゴミを少しでもへらさなきゃという思いが働き、パンで膨れた袋を抱きかかえてしまいます。次回はお店の名前の入った布製トートを買ってお買い物用に使いたいと思います。

ご興味のあるかた、お店のブログはこちらです。(コピペでどうぞ)

http://diary.jp.aol.com/ezqygyk/

tanne1.jpg

関連タグ : パン, ティータイム,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/22-ff2a9730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。