のだめアニメ2:Lesson2 千秋指揮コンクールに挑戦!

ここでは、「のだめアニメ2:Lesson2 千秋指揮コンクールに挑戦!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待った巴里編アニメが始まったと思ったら、もう第2話ですね。
とはいえ、東京以外ではまだの様子。お預け中の皆様、スミマセン。。

これからの展開はのだめがオタク・イベントを満喫している間に、千秋は過酷な指揮コンクールで人間としての器(笑)と音楽性を審査されるという素敵な趣向。毎度のことながら、千秋の人間性によるオケとの軋轢と迫りくる危機、ジャンとカタイラという生涯(?)の友となる若手指揮者達との出会い、こっそりと伺う師匠の影。。千秋カンタービレとしては早速最初の山場を迎える訳です。

・・・と、相変わらず強引なまとめ方で進めてしまう管理人。原作未読の方は、コミックスを記憶するほど読みこんだオタクのたわごとだと思って、あまり気にしないで下さい。そのうえ、アニメの展開につられて、今回の感想ははしょって走って、勢いに任せてお届けしています。^^

いつものことだから、読んででやってもいいよという心の広い方のみ、続きからどうぞ。

突然ですが、日本人の指揮者で国際的に活躍していると言えば、まず浮かぶのが小澤征爾。彼のブザンソン国際コンクールでの武勇伝は本当に面白くて、「ボクの音楽武者修行」を自ら書いてくれてありがとう!と感謝したくなります。

そしてその弟子の佐渡裕も、大学は指揮科ではなく、小澤に見いだされチャンスを与えられ、ブザンソンで優勝し、長い歴史があるのに落ちぶれかかった(失礼)パリのラムルー管弦楽団を立て直して、会員数を4倍にしたという伝説の持ち主。どこかで聞いたことのあるプロフィールですよね。^^彼の著書「僕はいかに指揮者になったのか」も面白いエピソードが満載で、小澤さんの本とともに大好きな本です。

この2冊はたまたま事前に読み込んでいたので、始めて原作のコミックスを読んだ時はにやにやがとまりませんでした。千秋やミルヒーのモデルは一人ではなく、いろんな指揮者を組み合わせているらしいのですが、この二人のエピソードはかなり参考にされただろうと思っています。

ところで肝心のアニメの方は「ぎゃぼー!」で始まりました。(笑)
そして30分で指揮コンがすべて終わったことに管理人は驚愕。。なんという編集。ある意味すごいです。。

全体をめちゃくちゃはしょった割には、コスプレ関係はちゃんと出ていて、一緒の電車(コスプレ電車)の様子や花火の様子も描かれていましたね。さすがにアニメ関係者、このあたりは削れないとみた。もしくはオケシーンを長くして楽器を動かすより、コスプレイヤーを描く方が楽だったからかも。なんて大人の事情を想像してしまいました。(笑)

電車で渡された(無理やり押し込まれた)ごろ太指揮棒のグラフィックがやけに綺麗だなと思ったら、何度もモチーフとして登場。結局、今回一番印象に残った映像でした。実はのだめの愛情の象徴だったのかもしれません。(笑)

千秋の指揮コンクールはアニメフェスタと日程が被っていた、という割には肝心の三次予選と本選には間に合うようで大勢に影響はなかったんです。アパルトマンではお絵かきノートを使って通信するオタク二名ですが、フェスタ以降は言葉が通じるようになってました。きっと電波の周波数が合ったんでしょう。(爆)

結局お待ちかねのゆうこ&ジャンは電車ではなくて、一次のくじ引きで登場。私のジャン攻撃にチーム日本の千秋と片平はたじたじでした。ウィルトールのふわふわ(ロラン)の解説はポイントが絞られてましたが、黒羽根が舞う黒王子と白薔薇が咲く白王子のイメージはBGMの助けもあり無理なく伝えられたようです。弦を始め、オケの楽器も音に合わせて動いていて、こういうところは嬉しいですね。

オケとの確執の部分は、「ティル」で、問題ないように聞こえる演奏なのに、詰めてしまう千秋と、ホルンが大変と端的に伝える文字で伝わりました。でも良かった「亡き王女のためのパヴァーヌ」の演奏は省略されたので、どうして千秋が3次を通ったのかイマイチ納得できませんが。ま、他の指揮者はミスが多いところだけ描かれたので自滅して、ジャン・片平・千秋が上から3名と残ったということでしょう。

コンクールのシーンで「えー!」だったのは、本選の演奏がなかったこと。チャイコのヴァイオリン協奏曲を少しで良いから聞きたかったのに。あれでは、まるでくじ運だけで勝てたみたいじゃないですか。。もちろん「音楽を楽しむ心」も大事なんですけどね。

のだめと千秋のラブい部分は、大してありませんが、コンクールが終わった途端のハグで無意識にツボに入るのだめ。のだめは狙わない方が打率が高いと思います。そして、今更「D」に反応するあたりは素直な千秋。一瞬のことなのでお見過ごしなく。(笑)これで、むっつり認定、ばっちりOKです。


今回の小ネタ 
いいにおい@コスプレ電車の千秋先輩ですが、石鹸の商品名は割愛でした。
やはりテレビでは商品名に差しさわりがありますね。通りもんとかおたふくソースも出てこないのかしらん?

ヴィエラ先生@エジプト
ちゃんと窓の外を確認してしまうオタクファンと、それを見越して仕込んでいるスタッフの静かなバトルがうかがえます。

次回のお楽しみは。。
砂漠のプロメテウス作戦だそうですよ、奥さま!
エリーゼ、オリバーに続きミルヒ登場@クラブワンモアキッス&うっかり鍵を渡しちゃう先輩なんですが、そうするとしばらくはなれば離れですよね。この展開の速さだと次の次あたりにはRuiが出てきちゃうかもしれませんね。その前に黒木くんだといいな♪違うだろうけど。。とにかく速い展開ですが、原作のエッセンスを濃く入れて再構築しようとしていることはうかがえます。

次くらいでは少しスピードを緩めて、エピソードを絞ってのだめや千秋の心情の変化など見せてほしいと思います。
コメント
この記事へのコメント
つくしさん、

間もなくそちらでも見られますね!

指揮コン、フィナーレはやっぱり来週につづく・・だよね?!と心の準備をしかけたとたん終わってしまいました。ぷしゅーっ。。(笑)
ドラマ的にというよりは、チャイコンが聴けると思ってのがっくりでしたが。。

体調の件、お気づかいすみません。
長く立ってるとフラッとしますが、それ以外は大丈夫みたいです。

それでは、しつこくネタばれすみませんでした。。
リアルタイムで見られることをお祈りしてますね♪
2008/10/20(月) 22:01 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
早く見たい~~。
指揮者コンクールが30分で終わるんですか??
ビックリ( ゜_゜;)
こちらもようやく21日から始まります。
急な仕事が入らないで、ちゃんと見れますように・・・

お体大丈夫ですか?
お薬、飲めてますか?
お体ご自愛下さいね。

2008/10/19(日) 23:36 | URL | つくし #-[ 編集]
abmieさん、
21日スタートとはもうすぐですね!

今回はとにかく凄く飛ばしていて、6話分を30分ですからね。。(^^;それは演奏シーンが少ない訳です。

「ティル」の失敗したバージョンと成功したバージョンとかは音源を作るのが大変だろうとか大人の事情は分かるんですが、それならチャイコのコンチェルトとかパヴァーヌとかで盛り上げてくれたら良かったのに。。

本戦そのものを飛ばしたので、千秋とジャンの違いもあまり描かれなかったし、どうして千秋が優勝したのかもイマイチ伝わりませんでした。

「むきゃ~!さすが千秋センパイ!」な部分も見たかったですね。(笑)

とはいえ、オタクのたわごとなのであまり気にせず、abmieさんの感想もぜひ教えてくださいね。^^
2008/10/18(土) 09:00 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
なつさん、
ご無沙汰してます!コメントありがとうございます。

なつさんの言うとおり、日本編ではアニメは原作に忠実なイメージがありましたね。今回は部分部分では忠実なんですけど、とにかく飛ばし加減がすごかったですね。

原作読んでない人には、あれで千秋の音楽性の凄さが分かったのだろうか?とちょっと心配です。

「出会ってからいいことずくし・・」たしかに千秋の心情的には大事なセリフですよね。。それを飛ばして「D」だけ残したら千秋が単なるむっつりみたいじゃないですか。(笑)

個人的な予感としては、アニメの主軸はRuiをめぐる関係になるような気もします。私としてはRuiは恋のライバルではなくて、のだめと対極な育ち方をしてやはり音楽で悩む「コインの裏側」だと思っているので、三角関係みたいに描かないで欲しいなと願ってます。

今後はもう少し主役二人の音楽性と人間性の成長をじっくり描いてくれることを期待しましょうね!
2008/10/18(土) 08:44 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんにちわ
さっそくありがとうございます。
関西は21日(火)~始まります。
日本編の時は結構コミックに忠実でしたが・・・
演奏部分を描くのは大変のようですね。
しかしコミックでは聞けない音楽が同時に聞けるのがアニメの楽しみ。。
頑張ってほしいです。
チャイコは聞きたいですよね・・さわりだけでも。
コミックとの違いを探すのも楽しみかな
2008/10/18(土) 01:07 | URL | abmie #-[ 編集]
お久しぶりです。アニメ、あたしも毎回楽しみに見ています。(ってまだ2回目だけど)指揮者コンクールが30分で終ってしまったのは正直あたしもええ~、はしょりすぎだろ~ってかなり不満に思っています。

でも、ドラマでは描かれなかった部分をしっかり書いてくれるならいいかなーなんて思ったりも、、、。

日本編の時は、ドラマよりもアニメのほうがセリフやらなんやら、原作に忠実だったので、アニメのほうが好きだったんですが、、、今回の編集の仕方はちょっとね、、。です。。

「出会ってからいいことずくし、かあ、、、」とかそういういいセリフまで消してしまうのもどうかと、、、。(笑)
次回以降に期待したいですね。
2008/10/17(金) 13:11 | URL | なつ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/222-4b3807ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。