のだめカンタービレアニメ:Lesson8 黒い黒木も乙なもの

ここでは、「のだめカンタービレアニメ:Lesson8 黒い黒木も乙なもの」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京もすっかりクリスマス色に染まってますね。
成田のクリスマスツリーが百貨店のツリーみたい!と思ったら、当の百貨店はものすごいツリーを飾っていたのでアオリで撮ってみました。もう一つのツリーは銀座ミキモト。通行人が皆激写中だったので、真似してみました。^^プレゼントはもらえなくても、クリスマスシーズンは楽しいものです。

ところで、のだめアニメLesson8、ようやく見れました。
今更かなと思い、Lesson8と9の感想は一緒にアップすることも考えていたのですが、明日はアップできそうにないので、取り急ぎLesson8だけ見てみると。今回、黒木てんこもりじゃないですか!(*^^*)千秋とのツーショット(!)多数だし、むっはー、すっかり満足でした☆

・・・ということで、今回の感想は冷静ではなく、王道から逸脱すること必至ですが、それでも読んでやるよ!という懐の深い方のみ続きからどうぞ。

xtre08.jpg

Xtre08b.jpg



今回は音楽も結構流れて、特にピアノを弾くのだめのシーンが多かったですね。小さなエピソードはスルーしつつも、本流のストーリーを支えるエピはきちんと入れるあたり、編集もメリハリがついていましたね。今回は伏線もどんでん返しも無茶な端折りもなく、いろいろ小さくまとまって、次のブノア城につながる回なので、安心して見られました。

マルレオケの魔法使いの弟子は期待を裏切らず(笑)下手でしたね。特にヴァイオリンの動きは恐ろしくバラバラでしたが、音もね。ところでバケツとほうきのダンスはあまりにディズニーなんで、著作権で叱られないか心配してしまいます。千秋はまだ魔法が使えなくて、それでもマルレで自分の音楽を奏でられるように頑張るという意思が伝わって、千秋サイドのストーリーはしっかり基本線が描かれました。

Ruiの本質もそろそろ明らかになってきましたね。コンサートのあと千秋を慰めるというより、自分に言い聞かせるように「うまくいかないこともある」という横顔が寂しそうでした。その後ママに引き摺られるように退場させられ、Ruiが抱えている問題がのだめにも伝わります。その後KYだった自分を反省して、謝りに行ったアパルトマンでのだめのピアノを聴いて自分の欠けているものを感じたRui 。ここでのだめをピアノを強烈に意識する訳ですが、のんきに「清掃」を弾いているのだめは全然分かっていません。パリに戻ってくる時のRuiががらっと変わる(というか、本来にもどる)のはのだめと出会ったせいですよね。

一方のだめもRuiが受けた酷評を聞き、天才少女の大変さを思い知ったようです。Ruiの苦労を聞いたのだめの涙目が可愛かったですね。その後のだめのピアノは好調のようで、ヤキトリオではうまくテンポを取り、室内楽もピアノも(オクレール先生の後押しがありつつも)なんとか試験もクリア。試験で音の多彩さや個性を認められ、初リサイタルも予定され、順調なスタートを切った感じ。とはいえ、まだちゃんと曲の構造を考えて弾いてなかったり、演奏にムラがあったり、奇をてらっている印象を与えたり、演奏家としての課題も明らかになりました。

黒木くんは白い灰になった千秋の陣中見舞い(笑)をはじめ大活躍。ヤキトリオではポールとのだめのタッグに負け、いつもマイノリティーで可哀そうだけど、そんな立場が良く似合います。千秋向けの出前演奏でも、一人まじめでクールだったりしてポールと空気感が違うのがツボです。そんな雰囲気を感じ取って、黒木くんの味方宣言をする千秋がまたイイですね♪千秋を思いやって引こうとする黒木と、その様子に大げさに息をのむ千秋。二人の世界だぁ~!と、ここのとこ何度もリピしてしまいました。(笑)

でもって、無自覚にポールに応戦する様子や、あの二人はヤバいと千秋に告ったり、ポールにバッソンの募集がなくて残念だったねとあっさり言う黒いところも好きなんですよ~。良いヒトだけでない黒木が好みなんで、マツーダからうまく逃亡するエピが削られたのは残念ですが、今回満喫できて大満足です。^^

プーランクの3重奏は最初とっても遅くて吹きにくそうでしたが、テンポアップしたら確かに激早。あのスピードで吹いていてポールファミリーを見つけたら、そりゃピンチでしょうね。(そこかい)バッソンの温かい音色が利いて、音楽的にも頑張ってました。きっとここの音源はオリジナルだと思うんですが、それとももぎぎさんのCDをテンポ調整で済ませたのかなぁ?

のだめの試験でのトルコ行進曲はマングースが勢ぞろいで調子に乗ってましたね。試験だというのに大丈夫かのだめ?コンヴァトの先生も唸るなにかがありそうですが、オクレール先生も考え中な位、まだ育成には難しいところがありそう。なんとなく感じたのは、のだめの演奏は魅力と欠点が隣り合わせにあるので、型にはめると彼女の魅力がなくなり、そのままにしておくと気分でムラがありすぎて演奏家にはなりえないのではとおもいます。オクレール先生って大変ですよね。。いつか彼の演奏も聴いてみたいですね。^^

今回の小ネタ

「今日は千秋先輩と寝てください」、で焦る千秋。そりゃ、そうだ。(笑)

「付き合いはじめで・・(以下略)byターニャ」図星で焦る千秋。それで車も買ったのね、とにやにや。

次回はクイニーアマンとブノア城!どこまでやるのかモーツアルトコスプレの巻です!(爆)
青緑な黒木をリアルタイムで見られないのが残念ですが、感想は遅れてアップしますね。








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/234-5f7ccf25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。