プチゴージャスなお正月ステイ1:ヒルトン東京@エグゼクティブフロア

ここでは、「プチゴージャスなお正月ステイ1:ヒルトン東京@エグゼクティブフロア」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の年末年始は久々に東京で過ごす事になったのですが、家にいるとお正月気分にならないのが問題。ちゃんと大掃除できなかったことが気になったり、下手すると片付け始めてしまったりは避けたいところです。やっぱり近場に旅行しようかなと、12月に入ってから予約サイトを巡ると、近場の旅館よりも都心のホテルの方がリーズナブルなことを発見。交通費が要らない分ゴージャスな気分を味わおう、というコンセプトで都心のプランを調べ始めました。

円高と経済危機で海外の観光客が激減しているせいか、31日と1日を外せばリーズナブルなプランが結構ありました。気を良くして、仕事などや買い物であまり行かない場所、とはいえ周りにぶらつくお店も欲しい、という観点でチェック。良く眠れそうなベッド、ホテル内のお正月企画、スパやフィットネス、眺望、広さ、朝食ビュッフェの豪華さなど、各プランそれぞれに特色があり大いに迷いました。今回のポイントは、ちょっとしたゴージャス気分が味わえる事と、日常を忘れる事だったので、それを念頭に西新宿のヒルトン東京とグランドプリンス赤坂を選びました。

まずは、すっかり日常から切り離されてリラックスした、ヒルトン東京のエグゼクティブ・ステイについては続きからどうぞ。

09shj1.jpg
プチ・ゴージャスな旅のスタートは庶民的に地下鉄から(笑)。新宿からは距離があるので、西新宿か都庁前で下車するのが便利です。地上は寒いのと、ビルの見分けがつかずに迷いそうなので地下通路を通りましたが、こんなに人気のない都庁前は初めてで、新宿を独り占めした気分になります。ロビーに到着すると、チェックインタイムで大変混雑しており、広いマーブルラウンジも一杯でした。でも私たちはエグゼクティブフロアなので、直接37Fのエグゼクティブラウンジでチェックイン。その場でエクスプレスチェックアウトの手配もしたので、帰りにはカードキーを渡すだけでOKです。

エグゼクティブフロアは32Fから38Fの上層階ですが、私たちの部屋はラウンジのある37F。トップに飾った写真の通り、窓からの眺望も良く、ラウンジに行きやすいのは便利です。ただし、人の出入りが多くやや騒がしいので、部屋でゆっくりしたい方はラウンジのあるフロアは避けた方が無難かもしれません。

このラウンジは朝6:30から夜9:00までオープンしていて、朝食、ティー、カクテルなどが頂けます。ティータイムはクッキーやプチケーキが次々と出てくるのでつい食べ過ぎてしまいます。お茶とハーブティー、ソフトドリンクのチョイスが多くて嬉しいですが、外国人客が多いからでしょうか。朝のブッフェは小さめではありますが、和食と洋食が両方あり、パンのセレクションも多いので、及第点といったところ。オートミールはあっても、ヨーグルトがなかったのが謎です。夜のカクテルタイムには持ちこみや、ラウンジでレンタルできるノートブックでメールをチェックしているお客さんも数人いました。部屋もラウンジも高速接続可能でしたが、管理人は日常からの解放をテーマにしていたので、PCは持ち込みませんでした。持って来ていたらうっかり仕事をしてしまいそうでした。(^^;危ない、危ない。

ところで、ラウンジのドレスコードはスマートカジュアルですが、お正月のせいか皆様きちんとされていました。また、外国人観光客は意外に少なく、家族連れの日本人が多い印象です。特に子供やお年寄りを連れた家族が目立ちました。

ところで、エグゼクティブツインの部屋は30㎡程度なので、大した広さではありませんが、大きな窓と眺望が補ってくれ、気分が良いです。アミニティはCrabtree&Evelyn、厚みのあるガウンと上下タイプのパジャマが便利でした。ベッドの横には枕のメニューがあり、蕎麦殻、パイプ枕、羽根枕、低反発枕、パイプ+羽根などが選べます。ハウスキーピングに電話してお願いすると、すぐに好みの枕を届けてくれました。私は低い低反発枕も、硬めで弾力のあるベッドのマットレスも気に入りました。

各部屋に雑誌のGQとVOGUEが置いてあるのもオシャレでした。デザインポイントらしい赤い皮張りのチェアとオットマンに座ってDVDつきの32インチの薄型テレビを見ていると、気分はどこかのヤンエグ(死語?)ですね。インテリアやパークハイヤットのようなデザイナー風の趣はありませんが、機能的で快適な部屋だったので、大満足です。

私は利用しませんでしたが、このプランではフィットネスセンターの利用が無料(ジム、サウナ、プール)で、ジムのマシンも最新らしいので、フィットネスオタクな方も満足できるでしょう。もちろん箱根駅伝を見て奮起された向きなら新宿公園などのジョギングも気軽にできますね。プールは12mと短く、浅いらしいので、本格的に泳ぐというほどではないようです。

ところで、ホテルのHPではべストレート保証なので、比較には便利です。私は質問があって電話したのですが、親切な受け答えにその場で予約してしまいました。早めの予約割引や、3連泊だと30%オフだとか、同室の子供の宿泊費無料など、いろんな特典があるので、チェックすると良いと思います。エグゼクティブのジュニアスイートでもリーズナブルな時期があるので、いつか連泊してみたいです。

清潔感のあるバスルームでは横に寝そべる形の湯船で半身浴をしていたら、あまりにリラックスしてしまい、さっさと寝てしまいました。お部屋でアロママッサージを受けるか、「セント・ジョージ バー」のカバーチャージが無料なので飲みに行くはずだったのですが、良く眠れるのが一番です。^^こちらのプランでは12時チェックアウトだったので、朝もすっかりリラックスできました。

レストランの方はヒルトン東京も、京王プラザも非常に混んでいました。思いついて住友ビルの寿司屋に電話したのですが、7:30ラストオーダーと正月営業だったので、別の所を予約しました。お正月期間は食事の場所だけは早めに確保した方がよさそうです。

大体満足のヒルトン東京ですが、お正月の雰囲気だけがやや不足していたので、京王プラザにお散歩してきました。これも地下通路を駆使して歩いたので、大きなコートを持たずに気軽に行けました。こちらは1日、2日はイベントがあり、飾りつけも正月らしく、宿泊客だけでなく、大変な集客をしていました。写真は上がヒルトン、下が京王です。比較する以前にその差は歴然ですね。(^^;正月気分では京王が勝ちですが、通過するだけで気分は十分味わえましたよ。

09shj2.jpg


09shj3.jpg

管理人は前日たっぷり睡眠を取ったおかげで気力・体力とも充実。ヒルトンを出た後は伊勢丹のセールに1時間だけ立ち寄り、戦利品を持って次の目的地グランドプリンス赤坂へと向かいました。^^
コメント
この記事へのコメント
アイスエアさんも泊られたことがあるんですね。^^

西新宿はホテルがたくさんあるので迷いましたが、ヒルトン東京にして良かったです。エグぜクティブは大正解でした。

安い日もあるので、また行きたいなと思ってます。
2009/01/06(火) 22:19 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
私も以前泊まりましたよ。エグゼクティブに泊まった初めてのホテルですよ。ラウンジのオレンジジュースがとても美味しかったです。

ホテルだとお正月気分になれていいですね。

ホテルのページ見るとかなり安くなってる日もあるんですね。
私も泊まれば良かったと思いました。

2009/01/06(火) 02:06 | URL | アイスエア #mdgUF9TI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/245-11780fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。