ガラスの仮面43巻ゲットしました!

ここでは、「ガラスの仮面43巻ゲットしました!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長く放置しており、すみません。m(__)m
会社でも家でも周りがことごとく風邪で倒れてますが、管理人はなんとかやっております。でも、職場のミーティングルームに集まった時に、私以外皆マスクしていた時は、さすがに勘弁してほしいと思いました。(^^;インフルだったら一発でうつってますよね。(苦笑)

そんなこんなでバタバタしており、記事が書けなかったのですが、今日は仕事がひと山終わり、やっとガラカメ最新刊のゲットに成功して、浮上しつつあります。ふと思いついてM善書店をのぞいて見たら、3か所に平積みでした。さすが古典の域に達しているマンガですよね。

これから読まれる方も多いと思いますので、ネタばれは避けようと思っています。
読みたてフレッシュなよもやま話的感想ですが、お付き合い頂ける方のみ、続きからどうぞ。
時々話題に出しているとおり、ガラスの仮面とはながーい、お付き合いです。というか、連載開始が33年前(!!)なら、親子二代で読んでますって人も多いでしょうね。

これだけ長く書いていて、登場人物の顔やファッションが変わらない現代モノってないですよね。大いなるマンネリではありながら、久しぶりの新刊に、やっぱり凄いマンガだなと思いました。美内先生は意外(!?)にもお若くてまだ50代らしいので、ぜひ頑張って続きを書いて頂きたいものです。。

今回もマヤのファッションセンスは相変わらずでTシャツも“CROWN”、”TOWN”、“NATURE”、“CLOVER”などロゴというより簡単な単語入り。麗様まで”Summer Vacation”ロゴとヤシの木イラスト入りTシャツだったりして、80年代なのか?と思ったり。でも携帯電話は最近のキーアイテムとして良く出てくるあたりは今風。

物語のタテ糸は、相も変わらず紅天女の試演に向かって稽古に励むマヤと亜弓。そこに桜小路くんとマヤの淡い恋@イルカのペンダントと速水さん@婚約中が絡み、永遠の謎である、紫のバラの人は?というのがチラつき、やはりガラカメだぁ!と思いました。

速水さんが苦悩している所を見るのが好きなので、(ドS疑惑あり)今回も青筋立てて悩んで頂き、大変おいしゅうございました。(笑)

あまりに紅天女の筋ばかりを追っていて、飽きてしまった巻や、桜小路くんとのラブラブっぷりや速水さんの焼きもちっぷりに引き気味になった巻もありますが、やっぱりやめられない、止まらないんですよね~。(古っ)

今回はラストに紫のバラの人の正体がそろそろ明らかに?!という期待感と、久しぶりの月影先生の登場があり、やはり続きが気になってしまいました。

店頭でみかけた、別冊「花とゆめ」3月号では43巻の続きが読めるとか。。煽られるの不本意ですが、続きが気になり買っちゃいそうです、どうしよう。(^^;

白泉社のガラスの仮面43巻公式サイト
http://www.hakusensha.co.jp/glass/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/250-2ab765ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。