お気に入りのウェブコミック:堀宮

ここでは、「お気に入りのウェブコミック:堀宮」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安定な天気だと、身体の調子もすっきりしませんね。
寒かったり、暖かかったり、花粉が舞ったり、黄砂が降ったり。(笑)

特にこの一週間は、身近な人間が、精密検査を受けることになったり、転んで派手な青あざを作ったり、健康の大事さを感じる機会が多かったです。
偉そうなことを言っても、まずは健康第一ですよね。

前置きとは全く関係ないのですが、今日はウェブで楽しみにしているコミックを紹介します。
かなりメジャーなので、ご存じの方も多いと思いますが、HEROさんのウェブサイト「読解アヘン」で連載中の「堀さんと宮村くん」、通称「堀宮」です。

ウェブベースの作品ですが、単行本にもなり、先週2巻目も発行されたというので、お祝いを兼ねてご紹介してみようと思いました。

管理人がへたな言葉で説明するより、読んで頂くのが一番なんですが、(^^;よろしければ続きからどうぞ。
こちらのサイトとの出会いは、覚えていません。
今思えば、二次創作系を探しにウェブコミサーチに遊びに行った際に、オリジナルランキングの1位を見に行ったような気がします。

絵の感じがさらっとしていて、キャラが立っており、余白がある独特の世界観に惹かれました。
つぎに、ブログやサイトの注意書きを読んで、HEROさんの、己に誠実でありたいと願うスタンスに共感し、たぶんセンスが合うだろうと判断。すぐに、高校生の友情や恋愛が描かれているとは言え、爽やかな学園ものではなさそうと判明しました。それなら、(笑)という訳で、本腰を入れたら50話ほど一気読みですよ。(笑)

結局2,3日かけて、読み返しながらすべて読み切り、本編連載が終わりそうなことに愕然としたりしましたが、結局本編は140話でいったん終わり、おまけ連載継続で、現在267話まであります。1話に短編が2,3入っていることもあるので、とにかく凄い数です。オタク体質の管理人は、新作チェックに行くたびに、何度も読み返してしまいます。

キャラクターはそれぞれにいろんなものを抱えていて、学生時代ってそうだったなと懐かしく思い出します。自分が嫌いだったり、相手によって見せる顔が全然ちがったり、いじめやコンプレックスが当たり前のように描かれたり。。いろんな意味で試行錯誤しながら、自分を築き上げている、あまじょっぱい年ごろですよね。

メインの高校生に、弟世代の小学生や親世代が絡むだけでなく、親の高校時代や、弟くんの高校時代の話も順不同で混ざってるのも面白い。同じ地域で2世代で付き合うのって、なんか羨ましかったりします。

管理人は全キャラとも好き、敢えて言うと初期の宮村、堀父、仙石母、進藤を苛める宮村、井浦妹、猫の時の仙石などが特に好きです。宮村と堀の関係も、一筋縄ではいかない感じがいいです。リアルというより、象徴的というか、割り切れない宙ぶらりんなのがいつしか快感になるというか。。

初期の絵はあまり手慣れていない感じだし、キャラも収まってませんが(笑)、ぜひ最初から読んでみてください。2,30話読まないと魅力が分からないかもしれませんが、そこまで読み進めたアナタには、きっと堀宮の魅力が分かると思いますよ。^^


作者:HEROさん
作品名:「堀さんと宮村くん」
ウェブサイト:「読解アヘン」
http://opiumhero.web.fc2.com/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/253-fa3bc789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。