生存確認およびウイルス対策について

ここでは、「生存確認およびウイルス対策について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく放置しておりすみません。(^^;
以前からグチっていたPCの具合がまた悪くなったようで、再起動がやっと止まったと思ったら、この所ブルースクリーンばかり出ます。気分もどよーんとブルーです。BSOD(blue screen of death)と呼ばれている意味が良く分かる今日この頃。

そんな時に強力なPCウイルスGENO(gumblar、JSRedir-R)が発生しており、感染したサイトを閲覧するだけでパスワード情報などが盗まれるとの、最近通っているジャンルで知りました。症状にメモリを食うとかBSODがでるとあり、ひょっとして最近のPC不具合の理由は感染??と急いで、まとめwikiなどで確認し、弱っているPCをだましだまし対応策も取りました。

現在の所、PCは感染しておらず対応策も取ったので、今のところは大丈夫だと思われます。
リンク先様も大丈夫なようでしたが、騒ぎが収まるまでリンクを切って置きますのでご了承願います。

殆どの方が既にご存じの情報しかありませんが、念のため折りたたみます

ここ2,3日はIT関係のニュース記事でも見かけますが、5月のウイルスとしては世界的に被害が多く、埋め込み式のマルウェアとしては他の6倍も発生しているらしく、PC界の新型インフルと言われています。呼び名は統一されていないようですが、感染したサイトや以前使われていたダミーのアドレスを模してGENOウイルス、gumblar、JSRedir-R等と呼ばれています。

このウイルスには、Adobe ReaderやFlash Playerの脆弱性を悪用する仕掛けが施されていので、被害に遭わないためには、Adobe ReaderやFlash Playerを最新版にすることが不可欠で、アップデートしていないパソコンでは、感染しているサイトにアクセスするだけでウイルスに感染する恐れがあるとのこと。ウイルスに感染すると、ユーザーが入力したパスワードを盗まれるなどの被害に遭うというので、大変怖いものです。セキュリティソフトを導入していても検出されないことがあり、大手の企業を含む多数のサイトや、一般の方のサイト、特に同人サイトなどの間で感染が広まりました。

GENOウィルスは4月から広まり、5月には猛威を振るってあり、ちょうど先週末、新型インフルの国内発生時期と同人界での感染が重なった為、心配したサイト管理人が一部パニックしてしまったようです。慌てて情報収集にいろんなサイトを回って感染してしまった例もあるようなので、冷静に対応することが大事だと思いました。ここを見ている方で、まだ対策を取られていない場合は、落ち着いてまとめwikiのサイトをご覧になることをお勧めします。

サイト管理者は自分が管理するWebサイトが感染源にならないように十分注意する必要があり、こちらはブログサービスを利用しているので大丈夫だとは思いながら、念のため対応は取りました。まとめサイトに従い、検出作業で感染のないことを確認し、acrobatreaderのjavasciptoffにして、念のためクリーンアップも行いました。良く通っているサイトさんのアドレスを感染チェッカーで確認もしています。もちろんこれで絶対に大丈夫とは言えませんが。

新型インフルと同様に、対応策をしっかりして、感染しない事が大事ですね。
感染しないための対応策を取りつつ、しばらくはブラウジングする際には気をつけて、ネットライフを楽しみたいと思います。ネサフが大好きな管理人は、早く収まることを切に祈っています。

まずはPCを買い換えなくっちゃです。。ウイルスは大丈夫でしたが、メモリが壊れているらしいので。。(^^;;;

尚、こちらがまとめサイトです。こちらは安全な筈ですが(管理人は毎日見てます)以前書き換えられたこともあるとのことなので、閲覧は自己責任でお願いします。

GENOウイルスまとめサイト
http://www29.atwiki.jp/geno/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/270-a70d909a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。